海外市場調査 / 東南アジア ミャンマーエリア

政治体制の不安定さや民族間紛争など、いまだリスクが残るものの、民主化への評価や経済制裁が解除されつつあり、東南アジアの最後の市場として注目されている。そのためここ最近急激に調査依頼が増えて来ている国の一つである。
産業では特にアパレル縫製業などは注目されており、中国からの生産移管のケースも見られてきている。インフラもまだまだ未整備な状態なだけに市場として即効性のある市場ということではないが、生産拠点としても観点と中長期的な市場という観点を含めて、今から調査や情報収集に動いている企業も増えている。

東南アジア ミャンマー / エリア概況

国・地域名 ミャンマー連邦 Union of Myanmar
面積 67万6,578平方キロメートル(日本の1.8倍)
人口 6,062万人(2011年、出所:アジア開発銀行(ADB))
主要都市 ネーピードー

東南アジアの調査対応エリア

東南アジアの調査実績

調査テーマ 業種 対象国 調査内容
ASEAN飲料市場調査 食品 ミャンマー,フィリピン,マレーシア,ベトナム,タイ,インドネシア,シンガポール ASEAN6カ国における飲料の流通量を把握する調査。統計データを活用し地域別、ブランド別に流通量を把握し現地戦略の基礎資料とした。
メコン川流域3ヵ国市場調査 食品 ラオス,カンボジア,ミャンマー メコン川流域の3か国(ミャンマー、ラオス、カンボジア)における食品や菓子市場に関しての調査。市場規模、流通構造の理解、ディストリビューター、小売企業のリストアップを実施。

調査実績紹介ページへ

東南アジア ミャンマーエリアの調査に関するご相談

【お電話でのお問い合わせ】
下記電話番号より、お気軽にご相談ください。
TEL
【WEBでのお問い合わせ】
下お問い合わせフォームにて、ご質問やお問い合わせなどを承ります。

海外

調査で可視化した成長著しい海外市場におけるシェア獲得のための各種プロモーション、マーケティング支援サービス。

海外コンサルティング支援

海外市場における法人設立やM&A、ライセンス取得等。また、それに付随する労務、財務、人事等の各種コンサルティング支援サービス。