中国・海外競合調査

中国・海外競合調査 / ベンチマーク調査

海外企業実態把握調査/海外企業ベンチマーク

生産、開発、販売、物流、プロモーションなど企業の実態を把握し、そのケーススタディや実態から、成功のエッセンス、事業戦略のパターンを導き出す調査。

業務機能の切り分け、意思決定プロセス、ガバナンス、アウトソーシング実態などの業務プロセス、コスト構造やデリバリーなど、経営から現場の具体的な手法まで、フォーカスポイントに迫る調査を意識しています。

未成熟市場では当事者でなければわからない

有識者、既存データなどに頼ることが難しいのは、よく考えれば当たり前。なぜならば市場が出来上がってないから、当然やっている人間もトライアンドエラーの途中。結果を語り合えるほど成熟していない市場では、その市場に身をおいている人間以外には語れない。
だからこそ、当事者から得られる情報を最大限に活かす調査に非常に価値があります。
また、そのための調査設計にもまた、通常の調査とは異なった観点が必要です。先進国での当たり前の発想ですと「意図的に」戦略や方向性を決めて進めていきます。そのため、ヒアリングにユニークな情報が含まれることを当たり前と思っています。しかし、成長過程の未成熟市場では、企業が個別にユニークな戦略の上で、ユニークな成長を遂げるようなパターンは非常に稀有です。市場全体が未成熟であり、その成長の上に企業が乗っているために、日本のような成熟した中にニッチな強みを求めるような戦略をとるようなケースはあまり見られません。しかしこれら事実を知らない場合、マッチしない調査設計から付加価値の低い調査が行われるケースも少なくありません。

SDIでは上記のようなケースもよく理解しているために、たとえ同じ調査だとしても、最も付加価値の高い調査プロジェクトを可能にしていきます。

利用用途

どんな時に競合調査 / ベンチマーク調査を活用すべきか?

  •  競合企業の実績推移、売上構造、商品構成を把握したい。
  • 競合企業の営業体制、販売体制、プロモーション体制を把握したい。
  • 競合企業の組織構成、人員構成、人材に関して把握したい。
  • 競合企業の取引先に関する情報を把握したい。
  • 競合企業の販売戦略、グローバル戦略、経営戦略等を把握したい。

その他、競合の実態を様々な観点から丸裸にすることが可能です。

調査項目

海外競合調査 / 海外ベンチマーク調査

調査項目はお客様のご要望に応じて様々なご提案をさせて頂きます。
下記以外の項目での調査も勿論可能です。お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ

(項目例)
基本調査項目
企業概況
登録情報
沿革概況
対外投資状況
子会社・支店一覧


人員及び組織構成
組織体制(組織図)
株主情報
株主背景
従業員給与状況


財務情報
貸借対照表
損益計算表
財務分析
投資分析


最新動向
生産調査項目
生産状況
工場一覧および基本情報
生産品目
生産量推移(近2年)
年間生産能力(製品別)
生産人員状況(組織図)
OEM生産状況
品質管理体制


生産設備
保有設備
設備投資状況


仕入状況
原材料仕入
部品仕入
サプライヤー情報


製品コスト構造
販売調査項目
販売構成
販売部門組織体制
販売総額(製品別)
海外・国内販売比率
直販・代理店販売比率


主要顧客


主要販売製品


販売チャネル
主要販売区域
主要代理店の販売状況
代理店契約内容、取引条件
販売店戦略、選定基準


アフターサービス


主要製品の価格

調査実績

大手企業、シンクタンク、コンサルティング支援・ファーム、官公庁を中心に多くの実績が御座います。
詳しくはお問い合わせください。
お問い合わせ

価格・納期

■海外競合調査 / 海外ベンチマーク調査 価格
お客様のご要望に応じて別途お見積りさせて頂きます。 企業の所在国やお客様の目的、条件や予算、納期等をヒアリングさせて頂いた上で、最適なご提案を差し上げます。 詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ

【お電話でのお問い合わせ】
下記電話番号より、お気軽にご相談ください。
TEL:03-5577-3280
【WEBでのお問い合わせ】
下お問い合わせフォームにて、ご質問やお問い合わせなどを承ります。