TOPレポート・コラム> レポート・コラム詳細

セミナー・講演会詳細

2011年2月8日

【新興国に翔ける】有名人ランキングに見る中国市場

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110208/mcb1102080500000-n1.htm

 日本と中国では「好きな有名人ランキング」にいくつかの大きな違いがある。弊社が北京、上海、広州で約1万人を対象にした調査では、次のような結果となった。

【中国 好きな有名人ランキング】

1位 ジャッキー・チェン(俳優)

2位 アンディ・ラウ(俳優)

3位 周恩来(政治家)

4位 毛沢東(中国初代国家主席)

5位 李白(中国盛唐の詩人)

6位 ジェイ・チョウ(歌手)

7位 魯訊(文学家・思想家)

8位 ジェット・リー(俳優)

9位 ベートーベン(作曲家)

10位 フェイ・ウォン(歌手)

 日本で同じランキング調査を行うと、1?10位までは必ずアイドルやお笑い芸人といった、その時点ではやっている芸能人が中心となる。話題のスポーツ選手が1?2割の割合でランクインすることもある。しかし、政治家が入ることはまずない。

 今でこそ少なくなったが、中国は北京オリンピックの前までは、車のバックミラーに毛沢東や周恩来の写真の付いた飾りをぶら下げていたドライバーが多くいた。

 また、詩人や思想家、作曲家といった芸能人以外の有名人が入っているのも日本とは大きく異なる。

 そして俳優や歌手は大御所が多い。ジャッキー・チェンにしろ、アンディ・ラウにしろ、はやり廃(すた)りに影響を受けない業界の重鎮ばかりだ。いま流行しているアイドルよりも、不動の大御所に人気が集まる。

 ランキングをさらに掘り下げるとアリババのジャック・マー最高経営責任者(CEO)や、バイドゥーのロビン・リーCEOといった企業家も多く見られる。

 昨今、中国ではIT企業を中心に米国ナスダックや香港市場へ上場し、巨万の富を得る大富豪が目立つ。

 日本は、資本主義でありながら、お金をもうけることに曲がった見方をする人が少なくない。ビジネスにおける成功は称賛されても、それを金銭価値や個人資産といった計りにかけたとたん、マイナスなイメージが充満する。しかし、中国においては“好きな有名人”へと変わる。

 これら中国でランクインした全ての有名人には共通点が見られる。彼らは各業界で一過性ではない絶対なる「成功者」だということだ。中国は、成功者への称賛やあこがれが非常に強いのが特徴だ。

 好きな有名人ランキングでも、これだけ日本とは大きく異なる。中国市場を獲得するうえで、日本の消費者の常識を持ち込めないのは言うまでもない。

                   ◇

【会社概要】ストラテジテック・デシジョン・イニシアティブ(SDI)

中国インド東南アジアを中心とした新興国市場のリサーチとマーケティングに特化している。

ホームページはhttp://www.sdigrp.com/