メールマガジン

2012年2月9日 SDI 中国ビジネス事情

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          SDI 中国ビジネス事情

2012/2/9発行

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.sdigrp.com



■■■[SDI からのお知らせ]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



SSK主催ブロードバンド&グローバル戦略セミナー

『アジア市場(ASEAN・中国)で売る為の戦略

         「作れる」会社から「売れる」会社へ』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アジア・新興国の急速な経済発展を背景に2008年以降日欧米の3極化時代から

多極化時代に、世界市場が大きく変革し続けている。本講義では、アクセンチ

ュア戦略コンサルタント清水氏と、新興国調査会社SDI森辺氏がアジア市場を

中心に分かりやすく解説する。両氏が、現地調査を通じて見える市場の本当の

姿と、グローバルで成功している欧米韓国企業をベンチマークしながら、日本

企業の戦い方を論ずる。

○日時:2012年2月27日(月)14:00-17:00

○場所:クラブハウス会議室赤坂

    東京都港区赤坂2-5-1 東邦ビルディング6F(TEL: 03-3560-9355)

○主催:株式会社新社会システム総合研究所

○料金:31,500円 同一団体複数参加の場合2人目以降21,000円(共に税込)

     ※懇親会参加自由 別途5,000円程度

○お申込方法およびプログラム詳細はこちら:

http://www.sdigrp.com/china_news/?p=392



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【広州ビジネスインタビュー】





■水墨画には中国の芸術の粋が凝縮されています

画家 蔡文さん



名古屋でいくつもの教室を持ち、人気の水墨画講師だった蔡文さん。

ご主人の転勤に伴い来た広州でも「友達を増やしたい」と始めた水

墨画教室では4年間で100名を超える生徒が学び、これまで帰任

や異動以外の理由で途中退会した人がいないほどの人気だ。蔡文さ

んに日中の芸術の違いを伺った。



―日本と中国の絵画の違いは?



蔡 中国、日本を含めた東洋美術のルーツは中国の壁画です。中国

の水墨画の特徴は影がないこと。縁起が悪い「影」の代わりに、線

のニュアンスで伝える陰陽で表現します。陰は太い線を使い、陽は

細い線を使い、筆一本で物の本質を表す水墨画は書道と通じるもの

です。



唐の時代には日本からも遣唐使が訪れたように、日本の美術は中国

から学び発展したものでした。



しかし、明治時代以降の日本は西洋美術の影響を受け、「光」の作

用を取り入れ始めます。光を取り入れるということは影を描くとい

うこと。ここから日本画の西洋化が始まり、日本画も線でなく、色

で表現するようになっていくのです。



中国と西洋の絵画では、視点でも違いがあります。西洋は遠近法が

ある一点透視ですが、中国は遠景、中景、近景がある散点透視で、

大きい山が手前に来るなど、作者の心のなかの風景を描きます。西

洋化した今の日本の絵画は遠近法がある一点透視が主流です。



私は日本画の西洋化に自由な表現の魅力を感じ、日本に留学しまし

た。現在も水墨画の道具で、水墨画の画法を使いながらも、日本の

岩絵の具を用いるなどいろいろな表現方法を追求しています。



―日中で芸術に対する感覚の違いはありますか?



蔡 近年の中国は、文化大革命の影響もあり、伝統的なものを放棄

してしまっている傾向にありました。しかし、日本には中国の古い

ものがたくさん残されています。



例えば漢詩の文化は中国では文革時代に途切れてしまいましたが、

日本では学校で教えられたりするほど大切にされています。



絵画の絵の具でもそのことがわかります。日本画で使われる岩絵の

具は元々敦煌の壁画で使われているものです。中国はその後、文人

化が進み書道が重視されたため、岩絵の具は使われなくなってしま

いましたが、日本には今でも残っているんですね。また、日本画で

は白を表現するのに貝殻を何年も置いて粉にした胡粉という天然の

ものを使いますが、中国の水墨画はタイ(金偏に太)白やシン(金

偏に辛)白など天然ではないものを使っています。天然の絵の具は

変色しないですがタイ(金偏に太)白やシン(金偏に辛)白は時が

経つと黒っぽくなったり、青くなったりしてしまいます。



こうした面からみても、日本にはたくさん昔の中国の優れたものが

残されているのです。



今の中国は急速に芸術熱が復活しています。教育熱心な父母による

子供への芸術教育も盛んですが、私が懸念しているのは子供が「や

らされている」ようになってしまっているのではないか、というこ

と。私は子供の芸術教育は技術的なものを身につけるのではなく、

芸術の心を育てることが大切だと思っています。



―水墨画の魅力は?



蔡 水墨画には中国のすべての芸術が凝縮されています。



絵はもちろんですが、絵に添える漢詩が出来ることも必要です。さ

らに、それを書くには書道が出来ることも欠かせません。



そして、中国の水墨画では印も重要な要素の一つです。自分で篆刻

する際には篆刻用の字体を理解することが必要です。名前の下には

名前の印を押しますが、それ以外に「遊印」も押します。この2つ

の印のバランスを考えることも大切なのです。



最低でも、画、書、印、詩という4つの芸術を理解して、初めて水

墨画の作品が成り立ちます。そういった意味では、水墨画を勉強す

れば、中国芸術の粋を学べることになるのです。







◎素顔は…



―上海人の蔡さんから見た広州はどうですか?



蔡 私は07年12月に広州に来たのですが、来たばかりの頃は戸惑う

ことばかりでした。でも、今はこじんまりしていていいところだな、

と思っています。上海は大都市で生活リズムがものすごく速いです

が、私が日本で住んでいた名古屋は比較的のんびりしていました。

広州も適度な規模でゆっくりできるのが魅力です。あと、広州に来

てうれしいのが、料理がおいしいこと。嫌なことがあっても、広東

料理レストランでおいしいもの食べれば、すぐに楽しくなれます。

(笑)



―趣味は?



蔡 いろいろあります!(笑)社交ダンスから手芸、パン作りも大

好きです。ただ、パン作りに関しては、中国人の友達から「あなた

は画家なんだから、パンのように安いものを作るのはもったいない」

と批判されました。(笑)





--------------------------------------------------------------------

※記事提供:上海漫歩創媒広告有限公司

      【 http://biz.shwalker.com/

     掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。

     著作権は上海漫歩創媒広告有限公司/WHENEVER CHINAに帰属します。



▼バックナンバー▼

http://www.sdigrp.com/mailmag/backnumbers/2012/02/201229_sdi.php



========[SDI 広告]==================================================



日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な

メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。

詳しくはお問い合わせください→ http://www.sdigrp.com/contact/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SDI 中国ビジネス事情

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株式会社

■ご意見・ご要望は http://www.sdigrp.com/contact/ までお願いします。

■メールマガジン配信解除はこちら▼

http://www.sdigrp.com/mailmag/dstop.php

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリス

ト、ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを

禁止します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  Copyright(C) Strategic Decision Initiative, Inc.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国ビジネス事情』の記事

2012年12月11日 SDI 中国ビジネス事情 (2012/12/11)
2012年11月13日 SDI 中国ビジネス事情 (2012/11/13)
2012年10月11日 SDI 中国ビジネス事情 (2012/10/11)
2012年9月11日 SDI 中国ビジネス事情 (2012/09/11)
2012年8月9日 SDI 中国ビジネス事情 (2012/08/09)
2012年7月10日 SDI 中国ビジネス事情 (2012/07/10)
2012年6月12日 SDI 中国ビジネス事情 (2012/06/12)
2012年2月9日 SDI 中国ビジネス事情 (2012/02/09)
2011年12月8日 SDI 中国ビジネス事情 (2011/12/08)
2011年11月10日 SDI 中国ビジネス事情 (2011/11/10)

次の記事: 2012年2月15日 SDI 中国情報メールマガジンPR号
前の記事: 2012年2月2日 SDI 中国政経NEWS
バックナンバートップへ