メールマガジン

2010年10月21日 SDI アジアビジネス速報

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          SDI アジアビジネス速報
2010/10/21発行
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.sdigrp.com


■■■[SDI からのお知らせ]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


◎ Fuji Sankei Bussines i に、SDI代表森辺によるコラム掲載中!!◎
新興国市場の様々な話題を取り上げております。是非、ご覧ください。
毎週(火)朝刊 シリーズ「新興国に翔ける」


▼Webサイト【SankeiBiz】からもご覧になれます。
【新興国に翔ける】『インドネシア 現地企業台頭で製薬激変』
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/101019/mcb1010190502004-n1.htm
(第34回・2010年10月19日フジサンケイビジネスアイ 朝刊より)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


◆────────────────────────────────◆
【 アジアビジネス速報 】
◆────────────────────────────────◆
アジアビジネスの先駆者に聞け!


エレクトリックダーツで 香港に新たなムーブメントを
人々の心と心をつなぐ 遊びのプロフェッショナル集団 (後編)


株式会社ダーツライブ 高谷慎太郎


―難航を極めた海外進出と1通の運命的なメール


こうしてエレクトリックダーツの国内トップシェアを占めるまでに成長した
ダーツライブは、次のステップとして海外市場への展開を開始する。しかし
、ここで難航したのが現地のビジネスパートナー探しだ。高谷氏自身がダー
ツ発祥の地であるイギリスをはじめフランスやスペイン、アメリカといった
欧米諸国を何度訪問しても、なかなか信頼できるパートナーが見つからなか
ったという。
高谷氏が海外進出に大きな壁を感じていた2009年2月、ダーツライブのも
とに香港から1通の運命的なメールが送られてくる。ソウ氏と名乗るメール
の送り主によると、香港でダーツを通じて知り合ったスティーブ氏という人
物が、現地にダーツライブの名を冠したショップをオープンし、代理店契約
を結びたいというのだ。どうやらソウ氏は日本でビジネスをしていた時に
DARTSLIVEのプレイ経験があり、その楽しさを伝えたところ意気投合して問
い合わせに至ったらしい。
しかし、いくら海外展開が難航していたとはいえ、いきなり業界未経験の人
物と代理店契約を結ぶのはビジネスとして問題がある。そこで高谷氏は2人
と会い、まず最初にダーツマシンを設置する顧客としての契約を提案したの
である。


―驚異的なスピードで念願の海外進出が実現


最初のメールが届いてからわずか3 ヶ月後、高谷氏は驚くべき報告を耳にす
る。なんとこの短期間で、スティーブ氏が香港・九龍の一等地にダーツバー
「i DartsClub」をオープンしたというのだ。そして、今までにない斬新な
機能を搭載したダーツマシンに人気が殺到。しだいに他店舗からも「うちの
店にも置きたいのだがどうすれば良いのか」という問い合わせが増えていっ
たという。
「スティーブ氏のダーツにかける情熱と仕事の速さには正直驚かされました
ね。ここまでの実績を上げてもらえれば申し分ないので、今度は改めてこち
らからビジネスパートナーになってくれるようお願いしました」と語る高谷
氏。こうしてダーツライブは2009年11月、初の海外子会社となるダーツラ
イブ アジアを設立し、スティーブ氏がCEO、ソウ氏がエグゼクティブディレ
クターに就任した。その功績は目覚ましく、約半年で香港内の50店舗に約
100台のダーツマシンを導入するまでに至っている。
「香港はクラブやカラオケ以外の娯楽が少なかったのも、爆発的な人気を呼
んだひとつの要因だと思います。i DartsClubは現在、世界で最も活気のあ
るダーツバーといえるでしょう」と、満足そうな笑顔を浮かべる高谷氏。
2010年3月から香港限定で「飲飲(ヤムヤム)」という新ゲームの配信を
開始したほか、現在は日本語と英語のみとなっている言語表示についても
今夏からローカライズが随時行われていく予定だ。


―心と心をつなぐことで多くの人々に笑顔を


現在、ダーツライブが提供するDARTSLIVEおよびDARTSLIVE2は日本国内で
約2650店舗、約8000台が設置されている。専用ICカードの出荷総数は100
万枚を突破し、有料会員数については約25万人に達するという盛況ぶり
だ。また、ダーツのイベント開催をはじめ、DARTSLIVEと連携したタッチ
パネル式ゲーム機「TouchLive」の提供、フリーペーパー「GOOD DARTS」の
発行、ケータイからダーツのスキルアップに関わる情報や動画をチェック
できる「GOOD DARTSMOBILE」の運営など、ユーザーを楽しませる多方面か
らの展開を実施。さらに、心理的な駆け引きが楽しめるボードゲーム「天
空盤」やケータイで対戦できる「天空盤 モバイル」といった、ダーツ以
外の分野にも積極的に取り組んでいる。
「私たちの使命は“人と人”“場所と場所”そして最終的に“心と心”を
つなぐコミュニケーションの場を提供することです。これからもダーツに
限らず、多くの人が笑顔になる新しい“遊び”の世界を創造していきます
」と、自信に満ちた表情で語る高谷氏。今後も斬新なアイデアで人々の心
をつなぎ、新たな楽しみと感動を与え続けてくれるだろう。


--------------------------------------------------------------------
※記事提供:株式会社ブレインワークス:Sailing Master
      【 http://www.sailing-master.com/
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は株式会社ブレインワークスに帰属します。


▼バックナンバー▼
http://www.sdigrp.com/mailmag/backnumbers/2010/10/20101021_sdi.php
========[SDI 広告]==================================================


■SDI 海外債権回収サービス 『あきめらめないでください。その債権。』

海外ビジネスにおいて、多くの日系企業が抱えている、債権回収の問題。
商習慣や企業コンプライアンス等が異なるため、日本と同じ感覚で取引すると
債権を回収できないことが起こりえます。


【私たちが回収致します。完全成功報酬で、世界30カ国に対応。】


SDIは、現地での実働部隊として実際にビジネスを行ってきた経験と、
調査サービスで培った情報を持って、債権回収業務を代行いたします。
また、現地での第三者機関や弁護士等を含めたプロフェッショナルチームで
回収業務を行います。安心してご依頼ください。


▼詳細はこちら▼
http://www.sdigrp.com/debt_collection.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SDI アジアビジネス速報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株式会社
■ご意見・ご要望は http://www.sdigrp.com/contact/ までお願いします。
■メールマガジン配信解除はこちら▼
http://www.sdigrp.com/mailmag/dstop.php■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリス
ト、ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを
禁止します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C) Strategic Decision Initiative, Inc.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『アジアビジネス速報』の記事

2012年12月20日 SDI アジアビジネス速報 (2012/12/20)
2012年11月22日 SDI アジアビジネス速報 (2012/11/22)
2012年10月23日 SDI アジアビジネス速報 (2012/10/23)
2012年9月20日 SDI アジアビジネス速報 (2012/09/20)
2012年8月23日 SDI アジアビジネス速報 (2012/08/23)
2012年7月19日 SDI アジアビジネス速報 (2012/07/19)
2012年6月21日 SDI アジアビジネス速報 (2012/06/21)
2012年5月24日 SDI アジアビジネス速報 (2012/05/24)
2012年1月26日 SDI アジアビジネス速報 (2012/01/26)
2011年12月20日 SDI アジアビジネス速報 (2011/12/20)

次の記事: 2010年10月28日 SDI 中国進出企業速報
前の記事: 2010年10月19日 SDI 中国政経NEWS
バックナンバートップへ