メールマガジン

2010年1月28日 SDI 中国進出企業速報

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SDI 中国進出企業速報 
2010/01/28発行
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.sdigrp.com

■■■[SDI からのお知らせ]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


習うより慣れろ!最短10日間で日常中国語をマスター「超速中国語」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国にいてもなかなか中国語が上達しない・・・
中国出張が増えたが、全く中国語が分からなくて不便、覚えたい!


そう感じているあなたは、WEICの「超速中国語」を試してみませんか。
インターネットさえあれば、自宅でも、カフェでも、オフィスの隙間時間でも
PCが先生に早変わりします!思い立ったら中国語のエクササイズ、
「看」「听」「打」頭と体を使って中国語をマスターしましょう。


「超速中国語」は早稲田大学の研究所で研究開発され、現在文学部の授業や
大手電機機器メーカー研修などで大いに活用されています。


「ホントにいいの?」と思ったら、まずは以下のサイトでお試しを!
▼無料体験版「超速中国語」へGO!
http://www.weic.jp/chousoku-chn/


株式会社WEIC  お問い合わせは、chousoku-info@weic.jpまで!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

====================================================================
【中国進出速報 2010年11月分】

--------------------------------------------------------------------
[生産拠点]
--------------------------------------------------------------------


■コマツ 部品交換事業で工場新設
コマツは、鉱山現場で稼働する大型油圧ショベルなどの交換用の部品供給事
業を始め、来年10月までに中国に部品専用工場を新設する。アジアの鉱山会
社に鉱物の砕石や採掘に使う消耗部品を供給する。コマツが生産を始めるの
は超大型油圧ショベルの先端に装着するバケットや、ツースなどの鋳造品。
金や銅など鉱山現場で鉱物を掘削したり砕いたりするのに使うが、摩耗や劣
化で数カ月ごとに交換が必要になる。


■OKI 中国拠点のライン配置を再設計
OKIは、沖電気通信科技常州(江蘇省常州市)のライン設計を見直し、生
産性を10%引き上げた。基板実装ラインで作業員の多能工化を進め、ハンダ
実装と点検作業の2工程を1人で担当する体制を構築。また欧州特定有害物質
規制(RoHS)に対応していない製品の生産ライン縮小に伴い、ライン配
置を再設計した。


■ホンダ 中国での「アコード」生産・販売台数 100万台突破
ホンダは、広州汽車との合弁会社「広汽本田汽車有限公司」(広州ホンダ)
で1999年から生産している主力四輪モデル「アコード」の累計生産・販売台
数が今月で100万台を突破したと発表した。10月の中国での販売台数は前年
同月比11.2%増の1万5265台で、ブランド別ランキングでは6位だった。
1-10月の累計販売台数も前年同期比3.9%増の14万962台と前年を超えた。


■仲代金属 上海工場のスリット加工設備を増強
仲代金属(東京都)は、帯状の金属を縦長に切り分けるスリット加工を展開
する上海工場の加工設備を3年以内に3倍に増強する。電子部品や自動車、医
療機器向けなどの需要に対応。今後は3年をめどに全売上高に占める中国事
業の比率を5割まで引き上げる予定。


■メイコー プリント基板で中国に新工場建設
プリント基板大手のメイコーは、100億円を投じて中国にプリント基板の新
工場を建設する。武漢工場(湖北省)の第3棟目として2011年に建設を開始
、2012年稼働予定。省エネ家電製品などに使うプリント基板を生産する。


■協和合金 中国でMTシンクロナイザーリングを設計・開発
協和合金(横浜市)は、主力である手動変速機(MT)用シンクロナイザー
リングの新製品提案を円滑に進めるため、2010年春に中国の生産拠点に設計
・開発機能を設置する。これまで日本から人員を出して対応していた技術交
渉を現地でも随時可能にする。


■コベルコ建機 中国で油圧ショベルの品ぞろえを強化
コベルコ建機は、中国市場での油圧ショベルを、これまで販売していた
20-30トン級に加え、2010年までに8-13トン級の小型機種と40トン級の
大型機種の計5機種を投入する。小型機は沿岸部の生産子会社「杭州神鋼建
設機械」(浙江省杭州市)、大型機は内陸部の生産子会社「成都神鋼建設機
械」(四川省成都市)で現地生産する。


■OSG 上海に初の海外工具開発拠点開設
OSGは、上海市にある製造子会社・奥斯机上海精密工具に、同社初の海外
工具開発拠点を設ける。価格競争力が高い中国向け専用工具を短期間で開発
するのが狙い。人員は日本人4人と中国人2人、新製品の開発担当者と生産技
術担当者からなる。


■ノリタケカンパニーリミテド 研削砥石・ダイヤ工具の工場を建設
ノリタケカンパニーリミテドは、2012年度をめどに中国に研削砥石とダイヤ
モンド工具の工場を建設する。投資額は20億円前後の見通し。同社が中国で
砥石とダイヤ工具を生産するのは初めて。現地の日系自動車関連メーカーな
ど向けに、低価格の標準品を生産。建設地など詳細は検討中。


■フコク 合弁会社で鉄道向け部品の技術指導 
自動車用ゴム部品製造のフコクは、河北省に合弁会社・河北富躍鉄路装備公
司を設立した。鉄道部品などを製造する河北辛集騰躍実業公司(河北省辛集
市)と共同出資。資本金は4000万元で、出資比率は河北85%、フコク15%。
フコクから少なくとも2人の社員を派遣。合弁会社の売り上げのうち、数%
程度を技術指導料などとして受け取る。


■横浜ゴム タイヤ工場の生産能力を増強
横浜ゴムは、杭州にある中国現地法人・杭州横浜輪胎でタイヤの生産能力を
増強する。70億円を投資して年産能力を300万本から510万本に拡大する。
2011年1月から生産を開始する。


■特殊発條興業 中国2現法を統合へ
特殊発條興業(兵庫県)は、浙江省杭州市にあるバネ生産の現地法人2社
(浙江特発、杭州特発)の生産を、2010年12月に統合・集約する。生産した
製品は日本への輸出と、中国国内の日系自動車メーカーやボルトメーカーな
どへの販売に充てる。


■新神戸電機 中国で自動車用鉛電池の生産能力倍増
新神戸電機は、2010年初頭をめどに、中国で自動車用鉛電池の生産能力を現
行比約2倍の年20万台弱に引き上げる。投資額は5億?8億円の予定。主要取
引先の日産自動車など日系自動車メーカーの現地での増産に対応。


■堀尾製作所 中国で携帯・PC部品を量産 
ダイカスト部品の堀尾製作所(宮城県)は、本社工場の一部設備を中国工場
へ移し、中国での生産能力を約3割引き上げる。中国にはBDレコーダー部
品の深セン工場(深セン市)と車載部品の大連工場(大連市)があり、亜鉛
ダイカスト部品を生産。深センでは光ディスク情報を読み取るレーザー光源
と受光部を固定する部品を量産、全量を日系企業に納入している。


■ナナオ 中国向け医療液晶モニターを現地生産 
ナナオは、中国市場向けの医療用液晶モニターを同国で現地生産する。これ
までは石川県内の工場で生産して輸出していたが、中国市場で一定のシェア
を確保するには、現地に生産拠点を置く必要があると判断。


--------------------------------------------------------------------
▼バックナンバー▼
http://info.sdigrp.com/a/r.php?d=100128&p=e&t=shi1b


====================================================================
[中国国内市場 その他]
--------------------------------------------------------------------
■富士通 広東省にデータセンター 
富士通は、広東省仏山市南海区人民政府傘下の投資会社・広東デジタル証書
認証センターと合弁で、富士通華南データセンターを開設する。2950万ドル
を投じ、2011年初めに運用を始める計画。富士通は中国では上海と大連でセ
ンターを賃借しているが、自前で持つのは初めて。


■上海広電NEC、液晶パネル生産ライン売却
NECと上海広電集団(上海市)の合弁会社・上海広電NEC液晶顕示器は
、第5世代の液晶パネル生産ラインを深セン証券取引所上場の天馬微電子の
親会社に売却した。公告などによると売却額は約25億元とみられる。天馬微
電子は従業員も上海広電NEC液晶顕示器から引き継ぐ方針。
上海広電NECは業績不振から操業停止に追い込まれていた。


■東芝 中国の半導体会社を合弁化 
東芝は、中国にある半導体組み立て工程のための100%子会社を、富士通の
中国法人が2位の株主となっている現地企業との合弁に切り替える。東芝の
出資比率は当初の80%から数年内に50%未満にし、相手側の子会社にする方
針。 対象企業はシステムLSI組み立ての東芝半導体無錫(無錫市)。
半導体組み立て工程大手・南通富士通(南通市)と来年1月に正式契約し、
合弁に移行する。


■アルプス電気 一部分の生産拠点を閉鎖 
アルプス電気は、12月末にデジタルテレビ向けの電子部品などを生産する
中国の拠点を閉鎖する。対象となるのは、上海の電子部品会社と1993年に
設立した合弁会社。デジタルテレビやラジオのチューナーなどに使う電子
部品を約850人の従業員で生産していたが、今年12月の契約満了にあわせて
合弁を解消する。同社は中国に6カ所の自社生産拠点があり、上海の機能は
遼寧省の工場に移管する。


■京セラ 中国の携帯電話工場を閉鎖
京セラは、天津市にある携帯電話工場を閉鎖する。北米市場向けの携帯電話
を生産していたが、生産数量が落ち込んでいた。北米向け機種の自社生産は
マレーシアにある工場1カ所に集約する。 


■ヨシムラ 中国で北陸の地場産品をネット通販 
雑貨企画・販売のヨシムラ(福井県)は、中国の電子商取引最大手・アリバ
バグループ(阿里巴巴集団)が運営する通販サイト「タオバオ」内に、
「北陸逸品モール」と呼ぶ北陸の地場産品を専門に扱う共同出展サイトを設
けた。出展者はまず商品情報をヨシムラに提供し、ヨシムラが翻訳・決済な
ど実務を代行する。購入者からのクレーム処理や商品の売れ筋分析も行う。
決済面では提携する現地銀行を通じて購入者から受け取った中国元を日本円
に換算して日本の指定口座に振り込む。


■日産自動車 中国で小型トラックの戦略車投入 
日産自動車は、東風汽車集団(湖北省)と共同出資する小型商用車メーカー
鄭州日産汽車(河南省)から、小型トラック「NT400キャブスター」を発
売した。日産ブランドを前面に打ち出し、小型商用車の戦略車として拡販す
る。新型トラックの価格は約180万?200万円。現地ブランドより割高だが、
高品質と低燃費で維持コストを抑制できる部分をアピールする。


■三城ホールディングス 中国で出店強化 
眼鏡専門店チェーンの三城ホールディングス(HD)は、中国で家族向けや
若者向けの新型店を本格展開し、2014年までに店舗数を現在の約3倍の400店
に拡大する。三城HDは従来の画一的な店作りを改め、家族向けや若者向け
など顧客層に応じた店舗開発を進める。家族向けの新型店「プラザ店」の
1号店を上海市内に開業。売り場面積は通常店の10倍の700平方メートルで、
取扱商品数は3倍強の5000個をそろえた。


■トヨタ自動車 中国販売を2012年までに100万台に
トヨタ自動車は、中国での販売目標台数を2012年までに2009年見通しと比べ
て4割以上増加の年100万台に引き上げる。現地ニーズに合わせた低価格の小
型車拡充や手薄な内陸部での販売網構築を急ぐ。当初は2010年に100万台達
成を目指していたが、2008年秋の金融危機で見直した。しかし中国市場の立
ち直りは想定以上に早く、経営の軸足を中国など成長市場に移す。


■日産自動車 中国販売店を500店体制に
日産自動車は、2012年までに中国合弁の乗用車販売店を現行の約360店から
500店超にする。発展が遅れている3級都市と呼ばれる地域に集中的に出店す
る計画。現在、3級都市の販売店は約200店、早期に約300店にする。


■新日本製鉄 中国で鋼矢板を拡販
新日本製鉄は、中国で鋼矢板販売を強化する。上海市の事務所を中心に現地
の鋼材販売会社やリース業者、建設会社などを対象に営業活動を進める。
中国では鋼矢板を生産できるメーカーがなくほぼ全量を輸入で賄っており、
新日鉄では十分な商機があると期待している。


■アサヒビール 農村向け格安ビール販売
アサヒビールは、同社が19.74%を出資し、グループ会社化した青島ビール
と中国市場で新たな需要開拓を進めることで合意した。第一弾として農村部
向けの格安ビールを共同開発する。麦芽やホップの共同調達や商品の相互受
託製造などでコストを圧縮、中国市場での競争力を高める。


■イトーヨーカ堂 成都で初の北海道物産展  
成都のイトーヨーカ堂は、24日から成都市内の全4店舗で成都では初めての
北海道物産展を開く。道と伊藤忠商事が高品質の道産品をイトーヨーカ堂に
紹介、伊藤忠が中国国内の物流を担う。同日に成都イトーヨーカ堂の4号店
が成都市内でオープンするのに合わせ、「北海道フェア」を全店で29日まで
開く。道内の水産加工メーカーなど約20社が、開きホッケや道産牛乳を使っ
た菓子類、海鮮入りシューマイなど計65品を試食付きで販売する予定。道内
の四季の風景を写したポスターを会場で掲示、観光地や文化などを紹介する
パンフレットも配る予定。


■ラオックス 「蘇寧電器」店内で雑貨・楽器店展開 
家電量販店のラオックスは、2010年春から、筆頭株主で中国の家電量販最大
手蘇寧電器集団(南京市)の店内に生活雑貨店や楽器店を出す。3年間で北
京など主要都市に100店を開設する。生活雑貨店は蘇寧の大型店に、「ラオ
ックス」の名称で入居、店舗面積は約330平方メートル。楽器店は秋葉原と
同じ「ミュージックボックス」の名称を使う。1号店は楽器店で、来年3月に
も北京に出店する。


■丸紅 中国で下水事業に参入
丸紅は、大手下水処理会社・安徽国禎環保節能科技(安徽省合肥市)の株式
30%を取得し、日本の水処理技術を導入する。取得額は20億円程度とみら
れ、丸紅から副総経理(副社長に相当)を派遣する。日本企業が中国で下水
処理ビジネスに取り組むのは初めて。丸紅は1999年に四川省成都市で浄水事
業に参画しており、中国での水ビジネスは2件目となる。


■橋本工業 中国の金型メーカーに技術指導
橋本工業(大阪市)は、中国の金型メーカー向けに鏡面研磨の技術指導事業
を始めた。国内大手金属メーカーの中国法人と提携。同法人の敷地内(広東
省東莞市)に駐在員事務所を設置した。中国企業への指導はこれまで出張で
対応しており、駐在員を出すのは初めて。


■ミツバ 中国子会社を清算
自動車部品大手のミツバは、自動車用のファンモーターなどを製造する子会
社「三葉電機(青島)公司」を来年5月までに清算する。昨年9月のリーマン
・ショック以降、大幅な減産が続き、需要回復が見込めないと判断。


■桃太郎源 イーピーエスに中国での権利供与 
医療ベンチャーの桃太郎源(岡山市)は、医薬品の臨床試験支援大手のイー
ピーエスに、がんの遺伝子治療製剤の中国での独占的な開発・販売権を供与
する契約を結んだ。桃太郎源は岡山大学での研究成果を事業化するために設
立された大学発ベンチャー。イーピーエスは中国で、今後、増加が見込まれ
る悪性中皮腫を治療対象として想定。2010年に毒性の有無を動物実験で調べ
る前臨床試験を始め、2011年に国家食品医薬品監督管理局に治験を申請する
計画。


■近畿経済産業局 遼寧省と省エネ・環境ビジネスで連携
近畿経済産業局は、遼寧省の経済情報化委員会と、省エネルギー・環境分野
におけるビジネス連携促進で合意、協力文書に調印した。遼寧省側はゴミ発
電や汚水処理、鉄リサイクルなどの分野で連携に関心を示しており、2010年
2月には省の訪日団が関西地域を訪れる予定。


■ユニー 中国にプライベートブランドを投入
ユニーは、2011年に上海に出店予定の総合スーパー「アピタ」で、プライベ
ートブランド(PB)を重視する方針。日本と同じ製品を同じ価格帯で発売
し、売上高に占めるPBの割合も日本と同程度の10?15%を目指す。食品、
衣料品、生活雑貨などが対象。ナショナルブランド(NB)より低価格なが
ら、一定の品質を持っている日本のPBは、中国でもニーズが高いと判断。
日本の商品を多く取りそろえ、現地の富裕層向け店舗とする計画で進めてい
る。


■日立機材 中国企業とチェーン商品で販売契約
日立機材は、中国のヂュージーチェン(浙江省)とチェーン商品に関する相
互販売契約を結んだ。中国ではチェーンの長寿命化など品質に対する要求が
高まりつつあり、日立機材製品への需要が高まると判断。中国で鉄鋼用コン
ベヤーチェーン大手のヂュージーの販売網を生かす。


■日本光電 医療機器販売を中国で強化
日本光電は、医療診断装置事業で中国市場を本格的に開拓する。
コストダウンを図るため順次、血球計数器や除細動器などの生産を日本から
現地に移管。地方の販売代理店網や都市富裕層への直販体制を強化する計画
。同社は2015年度までに中国での売上高を、2009年度見通しの3.7倍の100億
円に引き上げる。


■アイダエンジニアリング 中国工場を移転・拡張
アイダエンジニアリングは、2010年3月までに、米国とイタリアのプレス機
械工場を閉鎖、国内の津久井工場も規模を縮小する。
一方、中国工場は2011年度にも移転・拡張する計画。


■日産自動車 品質対応拠点を新設
日産自動車は、現地合弁東風日産乗用車の花都工場(広州市)隣接地に、不
具合問題対応拠点「フィールド・クオリティーセンター」を新設する。今年
12月に稼働予定。当初の専属人員は20人で、順次増やしていく。従来も中国
などに品質担当者を置いていたが、品質問題を素早く解決するため、部品メ
ーカーと連携して現地で解明する機能を設ける。


■ロート製薬、中国百貨店に高級化粧品 
ロート製薬は、高級化粧品ブランドを中国市場にし、来年1月から上海の日
系百貨店「伊勢丹上海」で販売を始め、3年後には30店舗まで拡大する計画
。中国ではドラッグストア中心の低価格ブランド「肌研(ハダラボ)」を昨
年から展開している。今回投入する高級基礎化粧品ブランド「エピステーム
」は価格8000?1万円の化粧水や、サプリメント、美容ドリンクなど18商品
。ロートの現地子会社が育成した美容部員が販売する。


■日産自動車 電気自動車普及で広東省と提携
日産自動車は、電気自動車(EV)普及に向け広東省と協力する。EV普及
に欠かせない充電設備の整備やEV購入に対する補助金の新設などを検討。
中国での提携は武漢市に続き2件目。


■ニトリ 道東舞台の中国恋愛映画を配給
大手家具チェーン・ニトリ子会社のニトリパブリック(札幌市)は、道東を
舞台にした中国の大ヒット映画「非誠勿擾(フェイチェンウーラオ)」(邦
題「狙った恋の落とし方」)の国内配給権を得た。来年2月に道内で公開。
全国公開も視野に入れる。同作は昨年末中国で公開され、史上最高の
3億5000万元の興行収入を記録した恋愛映画。DVDを含め1億人以上が観賞
したという。阿寒湖や知床などを旅する場面が美しく描かれ、道東などを訪
れる中国人観光客が増えるきっかけとなった。


■丸金商事 五泉ニットを中国で本格販売  
繊維卸の丸金商事(新潟県)は、五泉のニット商品を中国市場に本格的に売
り込む。中国人デザイナーの商品を来年初めに中国の展示会に出展、現地企
業と商談を始める。日本国内有数のニット産地で高い品質を誇る五泉ニット
を中国の富裕層に売り込む。


■大和ハウス工業 中国で戸建て事業に参入
大和ハウス工業は、2010年に中国で富裕層向け戸建て住宅事業に参入するた
め、単独出資の投資会社を設立。2年間で約300億円投資し、浙江省での高級
住宅地開発などを行う計画。大和ハウスは建設・不動産などを手掛ける宝業
集団(浙江省)と、富裕層向けに高級住宅街の共同開発を検討。浙江省紹興
市内の20万平方メートルの土地に延べ床面積250?300平方メートルの住宅を
数百戸建設する予定。分譲価格は1戸あたり1億?4億円となる見通し。


■カシオ計算機 中国語に対応したラベルライター発売 
カシオ計算機は、日本市場向けのラベルライターでは初めて中国語に対応し
た新機種「ネームランドビズ KL―T100」を12月に発売する。観光や飲
食、交通といった12の場面で案内などに必要な単語を検索して打ち出せる。
読み方の分からない中国語は、付属ペンを使い手書き入力で画面上に呼び出
せる。


■双日 唐山市と工業廃水再生で調印
双日は、唐山市と工業排水の共同リサイクル事業に調印した。同市内の曹妃
甸工業地帯の排水を処理し、再び工業用水として供給する事業を2010年中に
始める。双日は日東電工の逆浸透膜とナノ濾過膜、旭化成による膜分離活性
汚泥法を採用した排水処理プラントを建設。中国側と合弁による運営会社の
設立を検討している。


■日本M&Aセンター 企業のM&Aで支援業務
日本M&Aセンターは、日本・中国間の企業の合併・買収(M&A)に関す
る支援業務を行う。専門部署となる「中国室」を開設、中国企業による日本
企業の買収や日本企業による中国企業の買収を支援するサービスを立ち上げ
る。日本M&Aセンターは日系企業のアジア進出支援と現地での会計税務を
中心にした専門サービスやM&A、組織再編業務を手がけている。


■北九州市 大連市と環境で協力 
北九州市は、大連市と資源循環型都市の構築で協力する覚書を交わした。北
九州エコタウンにある自動車や家電に代表されるリサイクル技術やノウハウ
を生かし、大連でのリサイクル産業立ち上げを支援する。2009年度は大連市
で調査をし、10年度以降に具体的なプロジェクトを協議する予定。北九州市
は天津市とも同様の取り組みをしている。すでに自動車リサイクル分野で吉
川工業(北九州市、吉川卓志社長)が天津市の企業と連携し、現地での自動
車リサイクル工場立ち上げに動くなどの事例が出ている。


■九州電力 中国で省エネ支援 
九州電力は、約5000社が加盟する中国紡織工業協会(北京市)や杭州市と北
京市の2社と協定を結び、エネルギー消費が多い染色工場で省エネにつなが
る改修や操業の手法を提案する。国内で培った省エネのノウハウを生かし、
中国の環境改善も後押しする。


■トヨタ自動車 中国に研究開発拠点設立へ  
トヨタ自動車は、2010年にも大規模なテストコースを備え、車両開発を総合
的に手掛ける研究開発拠点を単独出資で設立する。日本の自動車メーカーが
中国に独自の研究開発拠点を設けるのは初めて。新拠点に300億?400億円を
投資し、価格や性能、デザインで高い競争力を持つ「中国専用車」の開発を
行う。


■川崎重工業 環境性能高いごみ処理プラントを販売 
川崎重工業は、中国で排熱や廃棄物を回収して再利用する最新鋭のごみ処理
プラントの販売を始める。ごみの焼却から発生する熱をセメント生産過程に
活用して、工場の二酸化炭素(CO2)排出量削減につなげるほか、焼却後
の灰もセメント原料として再利用する。子会社のカワサキプラントシステム
ズ(神戸市)が装置を開発、カワサキプラントシステムズと現地セメント会
社との合弁会社が販売する。


■三井物産 中国の肥料大手と提携
三井物産は、アジア最大の肥料会社を傘下に持つ中国の雲天化集団(雲南省
昆明市)と提携した。肥料の原料となる硫黄の中東での調達、ベトナム、フ
ィリピン、日本といったアジア圏への化学肥料輸出を三井物産が行う。この
ほか大豆など食料原料や石炭の輸入、化学品・ガラス繊維の輸出、物流支援
なども行う計画。


■円谷プロ ウルトラマン著作権訴訟で勝訴 
円谷プロダクションは、ウルトラマンシリーズの海外での著作権を巡り、中
国の裁判所でタイ人経営者らと争っていた裁判で勝訴した。この問題では日
本の裁判所がタイ企業の、タイの裁判所では円谷プロの訴えを認めるという
「逆判決」で話題を呼んだが、中国ではひとまず円谷プロ側が勝訴した。

■SJI 中国の聯想控股との資本・業務提携
ジャスダック上場のシステム会社SJIは、聯想控股と資本・業務提携する
。聯想控股グループの神州数碼(デジタル・チャイナ)の子会社などが12月
末、SJIの第三者割当増資の引き受けや新株予約権の取得を実施し、最終
的に4割出資する筆頭株主となる。


--------------------------------------------------------------------
▼バックナンバー▼
http://info.sdigrp.com/a/r.php?d=100128&p=e&t=shi2b

========[SDI 広告]==================================================

■ <<<第5のコミュニケーションメディア専門誌 EVENT CHINA>>>


◆上海、華東進出の羅針盤!中国ビジネスの専門誌・EVENT CHINA!!◆
(http://www.event-china.net/)
・イベント、中国内販に関わるビジネスチャンスの情報を満載。
・現地主義の取材で、より正確で迅速な情報を提供。日本国内の読者には
 創刊号は無料でお届けします(PDF)。
・進出済みの企業だけでなく、進出を検討している企業様も要必見の雑誌です。
・体裁:68ページ(カラー)・A4
【問い合わせは koudoku@event-china.net 中村まで】


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ http://www.sdigrp.com/contact/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   SDI 中国進出企業速報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株式会社
■ご意見・ご要望は http://www.sdigrp.com/contact/ までお願いします。
■メールマガジン配信解除ははこちら▼
http://info.sdigrp.com/a/r.php?d=100128&p=i&t=shi_del
■当メールマガジンの全文または一部の文章を他のメディア等へSDIの許可な
く転載することを禁止します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C) Strategic Decision Initiative, Inc.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国進出企業速報』の記事

2012年12月27日 SDI 中国進出企業速報 (2012/12/27)
2012年11月29日 SDI 中国進出企業速報 (2012/11/29)
2012年10月30日 SDI 中国進出企業速報 (2012/10/30)
2012年9月27日 SDI 中国進出企業速報 (2012/09/27)
2012年8月28日 SDI 中国進出企業速報 (2012/08/28)
2012年7月26日 SDI 中国進出企業速報 (2012/07/26)
2012年6月28日 SDI 中国進出企業速報 (2012/06/28)
2012年5月29日 SDI 中国進出企業速報 (2012/05/29)
2012年4月26日 SDI 中国進出企業速報 (2012/04/26)
2012年3月29日 SDI 中国進出企業速報 (2012/03/29)

次の記事: 2010年2月2日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇)
前の記事: 2010年1月26日 SDI アジアビジネス速報
バックナンバートップへ