メールマガジン

2009年11月26日 SDI 中国進出企業速報

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SDI 中国進出企業速報 
2009/11/26発行
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.sdigrp.com

■■■[SDI からのお知らせ]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   都内・横浜 サービスアパートメント・・・by Space Design
  中国語WEBサイト 9月1日オープン>>>>
http://www.space-d.co.jp/cn/

■海外赴任からの日本への短期出張・現地エグゼクティブの日本短期滞在等、
外国籍歓迎
 ■1ヶ月程度の滞在に便利なサービスアパートメント 月額15万円より
(家具・家電・サービス込み)
 ■キッチン・家具・家電付で「住む」感覚で滞在できる。
■24時間の英語・日本語電話サポートサービスで不慣れな土地での煩わし
さからも開放かれ仕事に集中できて効率アップ!
 ■中国語、ハングル、スペイン語、ロシア語など対応化。迅速で柔軟な対応
をご期待ください。
  
【お問合せ】
株式会社スペースデザイン コールセンター
フリーダイヤル:0120-710-677
(overseas)+81-3-3502-7777
E-Mail: bureau_sd@space-d.co.jp
www.space-d.co.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
======================================================================
【中国進出速報 2009年9月分】
----------------------------------------------------------------------
[生産拠点]
----------------------------------------------------------------------
■丸紅 食肉小売りで合弁設立
丸紅は、中国の飼料・畜産大手の新希望集団(四川省)などと合弁会社「時和
商業貿易」を設立、現地の食肉小売事業に参入する。資本金は200万ドルで上
海市に設立する。2010年末までに上海中心に10店開設を計画。

■トヨタ自動車 中国でミニバンを生産
トヨタ自動車は、2010年夏から広州工場(広東省)でミニバン「カローラ
ヴァーソ」(7人乗り)を年間8万台規模で生産する。生産は広州工場の第2
ラインで行う。広州工場の年産能力は計36万台。中型車「カムリ」と小型車
「ヤリス(日本名ヴィッツ)」、スポーツ多目的車(SUV)
「ハイランダー」を生産しており、カローラヴァーソは4車種目となる。

■日野自動車 大型トラック生産を開始
日野自動車は、広州市にある合弁貸家・広汽日野自動車」で大型トラック
「HINO700シリーズ」の生産を開始した。2009年度は600台販売を予定、
将来は年間2万台の販売を計画。中国には日本から輸出していたが、建設需要
の成長が続くと見て現地生産に切り替える。

■日本スペリア社 中国工場の能力5倍に 
はんだ製造大手・日本スペリア社(大阪府)は、中国で家電向けのはんだの生
産を拡大する。江蘇省の現工場を移転増強し、生産能力を5倍に引き上げる。
 投資額は約8000万円、延べ床面積は約2000平方メートル。月産50トンの能力
を備え、上海などに工場をもつ日系大手電機メーカーにはんだを供給する。

■荏原 原発部品の給水ポンプ生産
荏原は、2011年度に山東省の子会社で原子力発電設備の基幹部品である給水ポ
ンプの生産を始める。専用の試験設備などを導入し、供給体制を整える。荏原
が生産するのは原子炉に蒸気用の水を送り込むポンプ。世界の主流となってい
る沸騰水型、加圧水型のどちらにも必要となる基幹部品。

■オータックス スイッチ・コネクター生産を中国工場に全面移管
オータックス(横浜市)は、主力のスイッチやコネクターの生産を深センの中
国工場に移管する。10月から段階的に実施し、年内をめどに完了する予定。中
国工場では2008年12月から試験的に端子台の生産を移管済み。従業員の技術レ
ベルや生産設備が一定の水準に達したことから、汎用品の全面移管を決めた。

■三菱ガス化学 製紙向け漂白剤新工場を建設
三菱ガス化学は、江蘇省に紙の漂白や半導体の洗浄に使う過酸化水素の新工場
を建設した。約40億円を投資、年産能力は3万トン。これにより同社の過酸化
水素の生産能力は約15%引き上げられた。

■三菱重工業 タイヤ製造装置の組立工場を建設
三菱重工業は、江蘇省常熟経済開発区にタイヤ製造装置の組立工場を新設す
る。建物はリースとし、一部設備の導入にとどめる、2010年春稼働予定。
主要部品は広島製作所から中国に送る。フレーム部分は中国国内で調達し、
新工場で組み立てる。

■東洋ゴム工業 単独出資のタイヤ工場建設
東洋ゴム工業は、中国に乗用車向けとピックアップトラック向けの交換タイヤ
工場を建設、2011年末に生産開始する。投資額は約100億円。年200万本を生産
し、中国国内で販売する。これまで中国では台湾のゴム会社との合弁会社2社
で現地生産し、年100万本弱を販売していた。単独出資の新工場建設に伴い、
合弁契約は解消する。

■積水化成品工業 中国で高機能樹脂の生産本格化
積水化成品工業は、蘇州の生産拠点・積水化成品(蘇州)科技で高機能樹脂
「ピオセラン」の生産を本格化した。日本、台湾、米国での生産と合わせて
供給能力は1万トンになる。

■天野エンザイム 食品用酵素工場を稼働
天野エンザイム(名古屋市)は、10月に江蘇省で食品用酵素の工場を稼働す
る。すでに現地の酵素専業メーカーと合弁会社を設立、合弁相手の泗陽協達
から工場と営業担当を含む従業員約100人を引き継ぐ。チーズやビールなどの
発酵を促進する食品用酵素を製造する。また、天野エンザイムの製造手法や
品質管理ノウハウも導入する。

■池上金型工業 中国に一貫生産工場設立 
樹脂部品の成型用金型メーカー・池上金型工業(埼玉県大利根町)は、江蘇省
昆山市に全額出資の製造子会社「昆山池上金型(仮)中国」を設立、金型の一
貫生産工場を新設する。2010年1月稼働の予定。素材の調達から部品の製造、
金型の組み立てまでをすべて現地で手掛ける。

■サラヤ 手洗い用消毒器を増産 
手洗い消毒剤などを製造するサラヤ(大阪市)は、液体せっけんや消毒剤全量
を生産する広東省の工場を2010年5月予定で東莞市内に移転し、生産能力を3倍
に増やす。投資額は約10億円。建物の延べ床面積は現工場の約2.6倍にあたる
約40万平方メートル、現在5万台の月産能力を15万台規模に引き上げる計画。

■ユニプレス 広州市に新工場建設
ユニプレスは、広州市にトランスミッション部品の新工場を建設する。投資額
は約34億円、2011年に稼働予定。トランスミッション部品生産での中国進出は
初めて。現地で変速機メーカーのジヤトコなどに供給する。新工場は既存のプ
レス部品工場の隣接地に設置する。敷地面積は7万平方メートル。

----------------------------------------------------------------------
▼バックナンバー▼
http://info.sdigrp.com/a/r.php?d=091126&p=e&t=shi1b

======================================================================
[中国国内市場 その他]
----------------------------------------------------------------------
■コンテンツバンク 著作権事業で合弁設立
著作権管理のコンテンツバンク(東京・新宿区)は、中国企業・真妙科技有限
公司(杭州市)と合弁会社・版銀科技有限公司(杭州市)を設立、中国で日本
のアニメやドラマを使った著作権ビジネスを開始する。資本金は1000万円で、
出資比率は真妙科技60%、コンテンツバンク30%。10月から現地のゲームや雑
貨メーカーに契約を働きかける。2013年までに著作権利用に伴う収入を年5億
円に増やす計画。

■NTTデータ ソフト開発で合弁
NTTデータは、生命保険会社の基幹業務システム用ソフトを開発する中国企
業・易保網絡技術公司(イーバオ)、中国のシステム会社・東忠軟件公司と合
弁会社「NTTデータ杭州」を設立した。新会社はイーバオが開発したソフト
に顧客の利用形態に合わせた機能を追加する。資本金は1億円、NTTデータ
70%、イーバオと東忠がそれぞれ15%ずつ出資。

■日本生命保険 北京の金融大手と提携 上海の企業と合弁解消
日本生命保険は、中国での生保事業で、電機メーカー大手・上海広電集団
(上海市)と合弁関係を解消し、金融サービス大手・長城資産管理(北京市)
を新しい提携相手にした。 日生と長城は約70億円ずつ追加出資し、合弁会社
名を「長生人寿保険」とする。長城のネットワークを通じ、これまで上海周
辺だった事業を中国全域に広げること。

■日立建機 中国で販売強化
日立建機は、中国内陸部を中心とする5省(遼寧省、内モンゴル自治区、河北
省、四川省、河南省)を販売強化重点地区に指定し、同社が日本で培った手
法を重点地区の代理店に伝授し販売をテコ入れする。

■ユニー PB衣料品製造を中国から東南アジアへ移管 
ユニーは、中国が大半を占めているプライベートブランド(PB=自主企画)
衣料品の生産を3年内に東南アジアと中国の割合を半々程度にする。中国では
経済成長に伴って人件費などが上昇しているため、東南アジアへのシフトに
より生産コストを引き下げ、競争力を高める。

■日本航空 関空?大連線を廃止
日本航空は、10月25日から関西国際空港―大連を結ぶ路線を廃止する。同路線
を週7便往復していたが、需要が低迷し採算ラインを大きく下回っているため
路線運航の見直しを検討していた。

■帝人 スポーツ用品中国最大手と提携
帝人は、中国のスポーツ用品最大手・李寧(リ・ニン)とスポーツ向け衣料の
リサイクルで提携する。李寧に再生ポリエステル繊維の生地を販売。使用済み
製品を回収して原料に戻す循環型の仕組みも提供する。帝人が中国で同様のリ
サイクルを展開するのは初めて。

■カワサキプレシジョンマシナリ 舶用油圧ユニットを中国で拡販
カワサキプレシジョンマシナリ(KPM、神戸市)は、中国で舵取り器やウイ
ンチに取り付ける舶用油圧ユニットを拡販する。このほど川崎精密機械
(蘇州)で現地生産を開始した。

■イオン 中国でプライベートブランド品を販売
イオンは、中国の店舗でプライベートブランド(PB=自主企画)品を販売す
る。現地向けに独自開発した商品で、メーカー品に比べ1?4割程度安くする。
まず食品中心に広東省の15店で扱う予定。

■富士通マイクロエレクトロニクス 中国での半導体設計を拡大
半導体大手の富士通マイクロエレクトロニクスは、中国でLSI(大規模集積
回路)の設計業務を強化する。四川省成都市や上海市の拠点で技術者を積極採
用し、現在約3割の現地設計比率を2年後をメドに7割まで引き上げる計画。

■日立製作所 武漢に事務所設置
日立製作所は、10月に武漢市(湖北省)に事務所を新設する。政府の公共投資
で年率10%以上の成長が続く内陸部の販売を強化するのが狙い。環境関連製品
や自動車部品などを売り込む。日立の中国内陸部の営業連絡拠点は4カ所目。

■ホソカワミクロン 中国での粉体機器販売戦略見直し
ホソカワミクロンは、10月から現地販売子会社で複数のブランドごとに専任者
を置き、営業を強化する。ホソカワは買収した複数メーカーのブランドがある
が、中国では独「アルピネ」ブランドの販売を主力としていた。ブランド単位
で専任者を配備することで中国市場の需要を開拓する。

■セブン―イレブン・シャパン 天津に200店出店 
セブン―イレブン・ジャパンは、北京と上海に続き、天津に出店、3?5年で同
市内だけで200店舗体制にし、北京では年内にもフランチャイズチェーン
(FC)展開を始める計画。天津市での出店はセブン―イレブン・ジャパンの
子会社セブン―イレブン北京(北京市)が担当する。

■日本航空・全日本空輸 羽田?北京線を新設 
日本航空と全日本空輸は、10月25日から羽田空港?北京空港の間の路線を新規
開設する。日航が毎日1往復、全日空が中国国際航空との共同運航(コードシ
ェア)も含めて同3往復する。

■クラレ 中国で衣料繊維事業を強化
クラレは、海外での繊維販売を担当する子会社・クラレトレーディングに中国
市場攻略の専門部署を設立する。現在素材別に分散する中国市場向けの営業窓
口、戦略を一本化し、新部署が中国向けの営業活動を横断的に統括する。まず
中国に生産拠点をもつ日系アパレルメーカーなどをターゲットに高付加価値繊
維を拡販する。

■アローズコーポレーション 中国語対応スタッフを店舗等に派遣
企業向けセールスプロモーションやイベント企画・運営のアローズコーポレー
ション(大阪市北区)は、中国語対応スタッフの派遣・中国語翻訳代行サービ
スを始めた。1日単位でも依頼することができ、サービスを利用する店舗や企
業にとっては雇用リスクを軽減できるメリットがある。

■ビリングシステム 中国向け通販の決済など代行 
インターネットを使った決済サービスを提供するビリングシステム(東京)
は、中国アリババグループのアリペイドットコム(浙江省)と提携し、
日本のメーカーやネット通販事業者などに、アリババの決済サービス
「Alipay(アリペイ国際決済)」を利用した中国向けメーカー直販や
通販の決済・収納代行サービスを今秋から提供する。

■清本鐵工 排水処理施設の運営・メンテ会社設立
清本鐵工(宮崎県延岡市)は、大連市金州区で処理能力1日当たり5000トンの
下水処理場を完成し、近く大連市と正式な契約を結びPFI(民間資金を活
用した社会資本整備)方式で同社が運営する。また現地に設備運営会社など
関連会社も設立した。

■三井物産 中国の畜産大手と業務提携
三井物産は、中国の畜産・飼料大手の新希望集団(四川省成都市)と業務提
携することで合意した。中国への飼料原料の輸入などを手掛ける合弁事業の
立ち上げを検討するほか、日本の飼料会社の技術を新希望集団に導入する。

■光岡自動車 自社ブランド車事業で中国に参入
光岡自動車(富山市)は、2010年4月に自社ブランド車事業で中国に参入す
る。北京市にショールームを設置する。上海市と広州市への出店も計画して
いる。直営店は設けず、販売代理店を募る。マツダのスポーツカー「ロード
スター」を改造した自社ブランド車「卑弥呼(ひみこ)」などを投入し、
中国では初年度35台販売を見込む。

■トヨタ自動車 自動車ローンを全土で展開
トヨタ自動車は、自動車ローンの提供が沿岸部中心に40都市で300店舗だった
のを、2010年度までに内陸部を加えた全国60都市で800店舗と2.7倍に増やす。
販売店総数は現状の550店から、2年で1000店前後に増やす計画。2010年度中に
重慶、昆明、武漢などの地域を重点的に加える。

■サンリオ 中国で幼児用雑誌刊行
サンリオは、2010年中に中国で幼児向けの知育雑誌を刊行する。日本で定期刊
行しているキャラクター付きの知育雑誌「わんぱくぶっく」と「なかよしぶっ
く」を凸版印刷が中国語に翻訳、現地大手出版社・青島出版社(青島市)が毎
月発行する。青島出版社に雑誌発行のライセンスを供与し、売上高の一部をサ
ンリオがライセンス料として受け取る。

■クレディセゾン 中国での日系小売業のハウスカード発行を検討
クレディセゾンは、中国に進出している日系小売業のハウスカードを早ければ
2010年に発行する方向で検討に入った。同社は過去にカード事業で中国に進出
したが撤退した経緯がある。今回新たに特定の店舗でのみ利用できるハウス
カードの形で進出することで、中国カード市場での足場を固めたい考え。中国
でカード事業を展開するため、現地銀行の提携行を模索している。

■神戸税関 1?6月期 中国製品輸入増加 
神戸税関によると、神戸港の2009年上半期の冷凍・加工食品を含む「肉類と
肉類加工品」の中国からの輸入額は前年同期比27%増の約54億円だった。日
本国内では2008年1月に中国製冷凍ギョーザから有機リン系殺虫剤「メタミ
ドホス」が検出されて以来、2008年度の「肉類と肉類加工品」の中国からの
輸入額は2007年度比37%減だった。

■日立製作所 重慶のモノレール向けシステムなど受注
日立製作所は、重慶市が計画するモノレール路線向けの車両用駆動システム
や軌道用機器を重慶市軌道交通総公司から受注した。受注額は約80億円。
モーターや補助電源装置などを2011年内の開業までに納入する。

■京二 中国製切削工具取引を拡大
京二(東京都千代田区)は、新たに大連経済技術開発区伊達工具(遼寧省大連
市)のホルダー、ドリルなどを扱う。すでに取引がある鄭洲市ダイヤモンド精
密製造の子会社・上海山田刀具(上海市)のリーマー、エンドミルなどの回転
工具も取り扱う予定。2009年度は中国工具全体で10億円の売上高を目指す。

■ファーストリテイリング 上海に出店
ファーストリテイリングは、ユニクロ店舗を上海に来春出店する。上海はアジ
アのグローバル旗艦店となる計画。

■N・S・マネージメント 日式アイスを中国で展開
飲食事業のベンチャー企業N・S・マネージメント(青森県弘前市)は、新感
覚の氷菓「北の綿雪(わたゆき)」の販売店舗を上海に出店する。上海に店舗
を運営する現地法人「北の綿雪上海」を設立。店舗は9月中に1号店を上海市内
にオープンする予定。現地には併せて製氷工場を設ける準備を進めている。
同商品製造に必要な原材料(牛乳、超純水、寒天など)は日本から輸入する。

■シャープ 中国企業に液晶パネル生産設備を売却
シャープは、中堅電機メーカー・南京中電熊猫信息産業集団(CECパンダ)
の液晶パネル子会社に、亀山第1工場(三重県亀山市)の第6世代液晶パネル生
産設備を売却する。最先端の第8世代の液晶パネルについても今後、現地企業
と合弁生産の協議を進めることで合意した。

■伊藤忠商事 女性下着の現地製販大手に28%出資
伊藤忠商事は、中国の女性向け下着5位メーカー・大連雅文内衣(遼寧省大連
市)に出資する。株式28%を取得し、女性向け下着などの事業を始める。
投資額は10億円弱。雅文グループは「サンフラン」ブランドで中国に600店を
展開するほか、2008年末に立ち上げた新ブランドを2013年までに300店展開す
る計画。伊藤忠は素材を供給し、デザイン指導も行う予定。

■味の素 医薬事業で中国企業に販売権供与
味の素は、消化器系の難病であるクローン病の症状改善薬について、中国での
販売権を現地企業・万和製薬(深セン市)に供与した。味の素の症状改善薬は
アミノ酸が主成分で、患者が栄養を摂取し快復力を高めるのに使われる。

■ワタベウェディング 中国婚礼大手と提携
ワタベウェディングは、中国大手の婚礼企業・重慶金夫人実業(重慶市)と提
携、中国人向けリゾート挙式事業を行う。沖縄、北海道などのチャペルを舞台
に挙式サービスを提供。中国人の個人ビザが7月に解禁されたことに対応し、
提携先の中国企業を通じて富裕層に売り込む。

■東京電力 中国の送配電大手と協定
東京電力は、中国南方電網と交流協定を結んだ。送配電網の品質改善や
二酸化炭素(CO2)排出量削減など技術分野を中心に人事交流や情報交換を
行う計画。南方電網の2008年販売電力量は4826億キロワット時、電気料金収
入が2842億元だった。

----------------------------------------------------------------------
▼バックナンバー▼
http://info.sdigrp.com/a/r.php?d=091126&p=e&t=shi2b

========[SDI 広告]====================================================

■ <<<第5のコミュニケーションメディア専門誌 EVENT CHINA>>>

◆上海、華東進出の羅針盤!中国ビジネスの専門誌・EVENT CHINA!!◆
(http://www.event-china.net/)
・イベント、中国内販に関わるビジネスチャンスの情報を満載。
・現地主義の取材で、より正確で迅速な情報を提供。日本国内の読者には
 創刊号は無料でお届けします(PDF)。
・進出済みの企業だけでなく、進出を検討している企業様も要必見の雑誌です。
・体裁:68ページ(カラー)・A4
【問い合わせは koudoku@event-china.net 中村まで】

※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ http://www.sdigrp.com/contact/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   SDI 中国進出企業速報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株式会社
■ご意見・ご要望は http://www.sdigrp.com/contact/ までお願いします。
■メールマガジン配信解除ははこちら▼
http://info.sdigrp.com/a/r.php?d=091126&p=i&t=shi_del
■当メールマガジンの全文または一部の文章を他のメディア等へSDIの許可な
く転載することを禁止します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C) Strategic Decision Initiative, Inc.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国進出企業速報』の記事

2012年12月27日 SDI 中国進出企業速報 (2012/12/27)
2012年11月29日 SDI 中国進出企業速報 (2012/11/29)
2012年10月30日 SDI 中国進出企業速報 (2012/10/30)
2012年9月27日 SDI 中国進出企業速報 (2012/09/27)
2012年8月28日 SDI 中国進出企業速報 (2012/08/28)
2012年7月26日 SDI 中国進出企業速報 (2012/07/26)
2012年6月28日 SDI 中国進出企業速報 (2012/06/28)
2012年5月29日 SDI 中国進出企業速報 (2012/05/29)
2012年4月26日 SDI 中国進出企業速報 (2012/04/26)
2012年3月29日 SDI 中国進出企業速報 (2012/03/29)

次の記事: 2009年12月1日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇)
前の記事: 2009年11月25日 SDI 中国情報メールマガジンPR号
バックナンバートップへ