メールマガジン

2009年10月1日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SDI 中国ビジネス事情(上海篇)
2009/10/01発行
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.sdigrp.com

■■■[SDI からのお知らせ]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   都内・横浜 サービスアパートメント・・・by Space Design
  中国語WEBサイト 9月1日オープン>>>>
http://www.space-d.co.jp/cn/

■海外赴任からの日本への短期出張・現地エグゼクティブの日本短期滞在等、
外国籍歓迎
 ■1ヶ月程度の滞在に便利なサービスアパートメント 月額15万円より
(家具・家電・サービス込み)
 ■キッチン・家具・家電付で「住む」感覚で滞在できる。
■24時間の英語・日本語電話サポートサービスで不慣れな土地での煩わし
さからも開放かれ仕事に集中できて効率アップ!
 ■中国語、ハングル、スペイン語、ロシア語など対応化。迅速で柔軟な対応
をご期待ください。
  
【お問合せ】
株式会社スペースデザイン コールセンター
フリーダイヤル:0120-710-677
(overseas)+81-3-3502-7777
E-Mail: bureau_sd@space-d.co.jp
www.space-d.co.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【業界インタビュー】

■統一超商(上海)便利有限公司 営運長(COO)蘇 嘉麒 氏

――「質」重視で「7- イレブン」を展開台湾地区で運営ノウハウを培う

5千弱のコンビニが林立し、ほぼ市場は飽和状態に至ったと見られていた上海
に、今年4月、セブン―イレブンがオープンした。運営にあたっているのは、
上海地区でのFC権を得た統一超商(上海)便利有限公司だ。同社は台湾地区の
食品最大手「統一企業集団」傘下の企業で、同地区でもセブン―イレブンの
運営実績がある。大陸地区で手がける流通ブランドは、スターバックスやミ
スタードーナッツなど11に及ぶ。統一超商(上海)便利有限公司・営運長(COO)
の蘇嘉麒氏に運営情況と今後の展望について語っていただいた。

――上海はすでに多くのコンビニ・ブランドが白熱した市場競争を繰り広
げ、最大の激戦区だ。その中でセブン―イレブンは「最後発」での進出と
なった。

「セブン?イレブンが採用する店舗戦略は、ドミナント戦略と呼ばれるもの
で、「高密度・多店舗」の戦略、すなわち地域を特定した店舗展開を行うこ
とで経営効率を高め、その地域内でのシェア拡大を目指す手法だ。したがっ
て、日本でも関東圏を起点としながら、全国展開までには相当の時間をかけ
ている。たとえば、日本全国で1万2千店舗を展開するとはいえ、名古屋に進
出したのは世紀を隔てた2002年になってからである。

弊社(統一超商)は台湾地区でセブン?イレブン5000店舗を運営してきた経験
を持つ。セブン&アイ・ホールディングスの子会社であるセブン?イレブン中
国から、上海におけるセブン?イレブンのFCライセンスを付与されたのは昨
年のことだ。以来、綿密に出店計画を練ったうえで、今年4月、上海地区に4
店舗の同時オープンにこぎつけた。その後、新たに1店を加え、現在は5店舗
を運営している。今年末には15店舗まで拡大する予定だ。(※)

なお、上海での展開に先立って、セブン?イレブンは北京に現地企業との合
弁会社を設立し、04年以来、直営店による展開を進めている。すでに80余店
舗(うち1軒のみFC店)を運営し、大陸の消費者に受け入れられるノウハウはす
でに実証済みだ」

――ローカルブランドの戦略とは一線を引いた店舗運営が話題になってい
る。ズバリ、差別化のポイントは?

「上海では現在4800軒ものコンビニがしのぎを削る。それゆえ後発組である
セブン?イレブンは、商品・経営手法ともども、独自の手法で差別化に知恵
を絞っている。たとえば、店舗面積を広くとった。上海で見られる他ブラン
ドのコンビニは、通常、60平米程度の面積しかなく、日本と比べて狭い印象
を受ける。セブン?イレブンについては、日本の店舗には及ばないものの、
約120平米を確保し、他ローカルブランドの2倍近い面積を確保している。

もちろん、その分、家賃負担は大きくなる。しかし、1店舗1日あたりの売り
上げを示す指標(平均日販/PSD)は、(具体的な数値は明かせないが)他ブラン
ドより遥かに高い数値を示している。ローカルのニーズにカスタマイズした
展開としては、店内に厨房を設け、店内調理サービスを提供していることが
挙げられる。10種類ほどのできたて総菜を調理して、ごはんとスープのセッ
トで販売している。北京セブン?イレブンでの成功例を持ち込んだ。

そのほか、飲食品など回転率の高いものに自己ブランド(PB製品)を設けるな
ど、豊富な品揃えがセブン―イレブンの戦略上、大きな武器となっている。
挽き立てコーヒー(CityCafe)も人気だ。国際流通面での有利な立場も大いに
活かしている。台湾・北京両地区のセブン?イレブンとも提携し、商品の輸
入コストを抑えながら、より良い商品を多く取り揃えていきたい」

――「物流」や「人材」面など課題はないか?

「将来の幹部候補生として4年制大学卒業生を採用条件にしている。パートタ
イマーの募集についても、「大専」(3年制)卒業以上を採用条件にするなど、
他ローカルブランドとの違いは歴然だ。

また、配送センターについては現在、上海市の松江区に置く。品質の標準
化、管理のためのインフラ整備には妥協しない。QSCAの向上を伴わないま
ま店舗数の増加を求めても意味がないからだ」

――今後、多店舗戦略にどう取り組んでいくのか。今後の目標は?

「3年後に165店舗、5年後に300店舗というのが現在描いている青写真だ。

しかし、上海のコンビニ業界はすでに規模(数)の競争から、質への競争へと
転じ始めている。そのなかで弊社は、市場リーダーとして消費者を満足して
いただけるものを追求していく。他ブランドにノウハウを真似られることは
恐れていない。その分、常に一歩先んじることを重視している。

かつて急速な拡大路線がゆきづまり経営悪化をまねいたローカルコンビニが
あったように、今後も業界再編の波が訪れる可能性は否定できない。現在、
北京ではテストケースとしてFC店を1店舗設けている。法的な制約もあり、
上海でFC戦略を講じる段階にはまだないが、M&Aによる多店舗展開の可能性
についても排除していない。競争相手として意識するのはライバルチェーン
ではなく、不断に変化するお客様のニーズだ。これに対応し、快適・便利
に、安全で安価な商品、サービスを提供していきたい」

(※)深セン、広州での店舗運営は米セブン?イレブンSEI) によってサブライ
センスを付与されたフランチャイザーによるものであり、上海・北京両地区
での展開とは直接つながりを持たない。

情報提供: Whenever BizCHINA 09年9月号
----------------------------------------------------------------------
※記事提供:上海漫歩創媒広告有限公司
      【 http://biz.shwalker.com/
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は上海漫歩創媒広告有限公司/WHENEVER CHINAに帰属しま
す。

▼バックナンバー▼
http://info.sdigrp.com/a/r.php?d=091001&p=e&t=sha

========[SDIからのお知らせ]===========================================

■中国人向け日本情報ポータルサイト「Japan在線」

中国国内に住む中国人、そして在邦中国人に向けた、日本で“行きたい”“働
きたい”“学びたい”“買い物したい”“遊びたい”という情報が発見できる
情報ポータルサイトです。
中国人旅行者、日本在住中国人向けに効果的な広告出稿を募集しております。
広告の詳細につきましては、下記お問合わせページよりお問合わせ下さい。
http://www.sdigrp.com/contact/index.html

========[SDI 広告]====================================================

■ <<<オリックスが中国でのフィナンシャル戦略をバックアップ>>>

中国進出時には欠かせない設備投資等の資金調達。業暦34年超を有する現地法
人を始め、オリックスは、グループを挙げて日中両面から、お客様の金融戦略
を力強くサポートいたします。
詳しくは、こちら → http://www.orix.co.jp
お問合せは、こちら → http://www.sdigrp.com/contact/


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ http://www.sdigrp.com/contact/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     SDI 中国ビジネス事情(上海篇)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株式会社
■ご意見・ご要望は http://www.sdigrp.com/contact/ までお願いします。
■メールマガジン配信解除はこちら▼
http://info.sdigrp.com/a/r.php?d=091001&p=i&t=sha_del
■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリス
ト、ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを
禁止します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C) Strategic Decision Initiative, Inc.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国ビジネス事情(上海篇)』の記事

2011年4月12日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/04/12)
2011年3月8日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/03/08)
2011年2月8日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/02/08)
2011年1月11日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/01/11)
2010年12月7日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/12/07)
2010年11月9日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/11/09)
2010年10月7日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/10/07)
2010年9月7日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/09/07)
2010年8月10日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/08/10)
2010年7月8日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/07/08)

次の記事: 2009年10月6日 SDI 中国政経NEWS
前の記事: 2009年9月29日 SDI 中国進出企業速報
バックナンバートップへ