メールマガジン

2008年10月28日 SDI 中国政経NEWS

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           SDI 中国政経NEWS       
2008/10/28発行
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.sdigrp.com ┛

■■■[SDIからのお知らせ]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★★中国プレスリリース代行サービスのご案内★★

【中国全土の主要メディアへ貴社の情報を直接配信!】
中国国内の200以上の主要新聞・雑誌メディアに貴社のプレスリリースを掲
載いたします。

貴社事業の販路拡大、ブランド戦略、CSR活動の広報など中国での貴社のPR活
動をサポート致します。

また、新聞・雑誌に掲載された記事は各種Web媒体への波及効果の可能性があ
り、予想以上の効果が期待できます。

中国PR代行サービスの詳細内容はコチラ↓
http://info.sdigrp.com/a/r.php?d=081028&p=k&t=sei

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

-- ◇ 中国政経NEWS HEADLINE ◇ ---------------------------------------
# 中国、2万件超の薬品登録承認審査が年内完了 大量滞貨解消へ
# 中国政府、人権活動家のノーベル平和賞候補に強い懸念
# 中国無錫、「ゴム銀魚」が市場に出回る ホルムアルデヒド含有
# 中露国境東段補充協定が発効 大ウスリー島の半分が中国へ返還
# 第7回ASEM首脳会合が24日北京で開催 金融危機で協力強化を議論

▼バックナンバー▼
http://info.sdigrp.com/a/r.php?d=081028&p=e&t=sei
======================================================================

NewsChinaのニュース5件:

[ 1 ] 中国、2万件超の薬品登録承認審査が年内完了 大量滞貨解消へ

中国国家食品薬品監督管理局(SFDA)は8日、薬品登録承認審査に関する記者会
見を開き、「大量の滞貨(審査待ち案件)の解消に向けて、2万4447件の薬品
承認申請に対する審査・評価が年内に完了する予定」と明らかにした。

それによると、数年前から昨年10月1日の「薬品登録管理弁法(改正版)」の
実施までに、SFDAが受理した登録承認申請品目のうち、審査の未処理案件、い
わゆる審査滞貨が2万4447件あったという。

大量の滞貨存在の原因について、SFDAの傘下にある薬品審査評価センター
(CDE)の李国慶主任は、「申請数増加に対応できる審査体制整備のほか、こ
の数年中国の新薬研究開発領域において、先発薬と同じ有効成分で、効能効果、
用法、用量が同一である医薬品を新薬として重複申請したことによる大量の滞
貨が発生した」と指摘した。

「薬品登録管理弁法(改正版)」が実施されて以来、この1年間にSFDAが受理
した薬品登録承認申請はトータルで2260件に達した。そのうち、新薬は 553件、
輸入薬品は502件、生物製品は225件、剤型変更は155件、後発品は825件だった。
2005年1年間で後発品だけで8000件を超える申請があったことに対し、「申請
数は筋道が通るようになった」という。

中国では、SFDAには難病に対し、高い治療効果が期待できそうな新薬を優先的
に審査する制度があるが、承認までに1年から2年を要することが通常である。
また、承認された新薬の薬価は中国国家発展改革委員会によって設定され、公
表されることとなる。

北京=川島尚子

※記事提供:中国経済ヘッドライン「NewsChina」 http://www.newschina.jp/

----------------------------------------------------------------------

[ 2 ] 中国政府、人権活動家のノーベル平和賞候補に強い懸念

中国外務省の秦剛副報道局長は9日の定例会見で、ノルウェーの首都オスロで
10日に発表される2008年ノーベル平和賞の有力候補として、獄中の中国人権活
動家、胡佳氏の名前が挙げられていることについて「ノーベル平和賞にふさわ
しい人に贈与されるべきだ」とした上で、「胡氏は国家政権転覆扇動罪で実刑
判決を受けた犯罪者であり、このような人物が受賞すれば、荒々しく中国の内
政に干渉することになる」と強い懸念を示している。

1973年生まれの胡氏は、エイズ感染者の権利保護をはじめとする人権擁護や民
主化運動に取り組む活動家として広く知られている。2年前から拘留、自宅軟
禁を繰り返し、今年4月には国家政権転覆扇動罪で有罪となり、3年6月の実
刑判決を受けた。

中国チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世に1989年のノーベル平和賞
が授与された際、中国政府は「チベット独立を企てる祖国分裂主義者を公然と
支持する内政干渉だ」と猛反発、当時ノルウェーに駐在する中国大使を召還し
たことがある。
北京=川島尚子

※記事提供:中国経済ヘッドライン「NewsChina」 http://www.newschina.jp/

----------------------------------------------------------------------

[ 3 ] 中国無錫、「ゴム銀魚」が市場に出回る ホルムアルデヒド含有

14日付け中国ネット新聞によると、中国江蘇省無錫市の農林局は13日、同市の
新区長江緑島自由市場で売り出されている太湖銀魚(シラウオ)に対する抜き
取り検査の結果、検体から大量ホルムアルデヒドを検出したことを明らかにし
た。

同市場で購入した銀魚について、無錫市民は「相当強靭なもので、ゴムを噛む
ような味をして、体表から皮状なものをはっきりと剥離できた」と訴えた。

無錫市の農林局によると、この「ゴム銀魚」が近くの蘇州市場にも出回ってい
る。魚販売者は銀魚の鮮度劣化および腐敗を防止するため、高濃度のフォルマ
リンに長時間浸したことが原因だという。

太湖銀魚は太湖に生きる淡水魚で、長さは5から10センチぐらいで色は真っ白。
料理としては卵炒めか天ぷらなどが有名で、あっさりした味わいが特徴。明朝
以来の長年にわたる銀魚が白魚、白エビと並ぶ「太湖三宝」と呼ばれてきて、
無錫の代表的な味覚となっている。
北京=川島尚子

※記事提供:中国経済ヘッドライン「NewsChina」 http://www.newschina.jp/

----------------------------------------------------------------------

[ 4 ] 中露国境東段補充協定が発効 大ウスリー島の半分が中国へ返還

中露両国政府は14日、「中露国境東段補充協定」が同日から正式に発効したこ
とに伴う両国の最後の紛争地・大ウスリーの島(中国名・黒瞎子島)の西半分
が中国に返還されることとなったため、大ウスリー島で中露境界碑の除幕式が
行われた。これにより、4300キロメートルにわたる中露間の境界線がすべて画
定されたことになる。

大ウスリーの島は、中露国境を流れるアムール川(中国名・黒竜江)、ウスリ
ー川(中国名・松花江)が合流する中州に位置し、大ウスリー島、タラバーロ
フ島(中国語名・銀龍島)、ボリショイ島(中国語名・阿巴該図島)の3島か
ら成っており、撫遠デルタとも呼ばれる巨大な砂洲地帯だ。総面積は約350平
方キロメートル。もともと中国領土だったが、1929年9月に旧ソ連軍が武力で
占拠してから79年間でロシア(旧ソ連)の実効支配に置かれている。

1964年の第1回中ソ領土交渉が始まって以来の懸案だった大ウスリー島の帰属
問題について、2004年10月にプーチン前大統領が訪中した際、中露間で「中露
国境東段補充協定」が調印され、大ウスリー島をほぼ東西に分割することで基
本的に合意が出来た。

補充協定によると、タラバーロフ島の全部、大ウスリー島の西半分は中国に返
還。その代価として中国政府はハバロフスク近くの東半分をロシアの領土にと
どめることを認めることにした。

中国外務省の秦剛副報道局長は同日の定例会見で、中露境界線画定について、
「大ウスリー島の返還は、1997年の香港、99年のマカオの返還とは違ったこと
で、(祖国)回帰という定説に当てはまらない」と述べて、中国国内で極端な
民族主義の台頭を防ごうという意識を示した。
北京=川島尚子

※記事提供:中国経済ヘッドライン「NewsChina」 http://www.newschina.jp/

----------------------------------------------------------------------

[ 5 ] 第7回ASEM首脳会合が24日北京で開催 金融危機で協力強化を議論

中国外務省の劉結一外務次官補は14日、記者会見を開き、24日から25日にかけ
て北京で開催される第7回アジア欧州会議(ASEM)首脳会合で、「アジアと欧
州諸国はどのように協力を強化し、危機を乗り切るかについて議論する」と述
べて、金融危機の克服に向けた協力強化の具体策を検討する見通しを示した。

会合には38カ国の元首・政府首脳、6カ国の外相らが出席する。中国が議長国
を務める。会合では、金融危機、温暖化対策、エネルギー安全保障・食料安全
保障という現在の国際社会が直面している主要問題が重要な議題となり、25日
に議長声明を採択する。

北京=川島尚子

※記事提供:中国経済ヘッドライン「NewsChina」 http://www.newschina.jp/

----------------------------------------------------------------------

※記事提供:中国経済ヘッドライン「NewsChina」
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は中国経済ヘッドライン「NewsChina」に帰属します。
      http://www.newschina.jp/

▼バックナンバー▼
http://info.sdigrp.com/a/r.php?d=081028&p=e&t=sei

========[SDI 広告]====================================================

■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。
お問い合わせは、info@yamatohk.com.hk まで。
担当:小川、山本

----------------------------------------------------------------------
※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ http://www.sdigrp.com/contact/

========[SDIからのお知らせ]===========================================

★★「SDI インドビジネス速報」メールマガジン配信開始★★

【インドのビジネス情報を毎週お届け!】
◎BRICsの一国であるインドは、今後、世界第三位の経済大国になると予測さ
れ、その経済発展は著しく、拡大する購買力や市場を背景に、企業のインド進
出・市場展開は急速に進んでおります。そのインドの動きをいち早くお届けし
ます。

▼インドビジネス速報の登録はこちらから▼
http://info.sdigrp.com/a/r.php?d=081028&p=m&t=sei

----------------------------------------------------------------------

■「中国プレスリリース代行サービス」のご案内

SDI中国プレスリリース代行サービスは、中国メディアに特化した広報・PRサ
ービスです。独自のノウハウとネットワークより掲載保証でプレスリリース!
日本とはメディア事情の異なる中国でのパブリシティを可能にする革新的なサ
ービスです。

各メディアへのプレスリリース配信後、掲載される記事の内容を事前に御報告
いたします。掲載される記事の内容を事前に確認、微調整を行うことも可能で
す。

【特徴】

中国全土の主要メディア約250媒体へ直接貴社のプレスリリースを配信!

「プレスリリースを直接メディアに配信したいけど、どこにどうやって送れば
いいの?」「中国の地方にはどんなメディアがあるの?」「中国のメディアは
敷居が高く感じる」そんな中国広報担当者の悩みを一気に解消するのがSDI中
国プレスリリース代行サービスです。全国の膨大なメディアの中から選び出し
た、各地域・カテゴリーにおいて重要な約250媒体以上へ、貴社のプレスリリ
ースを直接届けます。
成功率90%以上!厳選した影響力トップレベルメディアへの掲載保証

「でもせっかくプレスリリースを配信しても記事になるかどうかわからない・・
・」このプレスリリース広報が持つ欠点を克服するため、約250媒体の中から
さらに厳選した影響力トップクラスの有力メディア65媒体へ貴社のリリースを
掲載保証にてご提供いたします。弊社独自のノウハウにより90%以上の高い掲
載率を実現できます!
なお、万が一掲載に至らなかった場合につきましては、掲載費用の全額を御返
金致します。
低価格で高水準なパブリシティを実現

SDI中国プレスリリース代行サービスは、広告掲載・プレスリリース・報道記
事掲載が持つ、高掲載率・低コスト・信頼と転載性の優位性を兼ね備えていま
す。これにより、これまでのプレスリリース配信サービスにはできない、充実
のパブリシティの獲得を可能にします!

▼価格等の詳細はこちら▼
http://info.sdigrp.com/a/r.php?d=081028&p=k&t=sei

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       SDI 中国政経NEWS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株式会社
■ご意見・ご要望は http://www.sdigrp.com/contact/ までお願いします。
■メールマガジン配信解除はこちら▼
http://info.sdigrp.com/a/r.php?d=081028&p=i&t=sei_del
■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリス
ト、ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを
禁止します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C) 2008 Strategic Decision Initiative, Inc.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国政経NEWS』の記事

2012年12月13日 SDI 中国政経NEWS (2012/12/13)
2012年12月4日 SDI 中国政経NEWS (2012/12/04)
2012年11月20日 SDI 中国政経NEWS (2012/11/20)
2012年11月6日 SDI 中国政経NEWS (2012/11/06)
2012年10月18日 SDI 中国政経NEWS (2012/10/18)
2012年10月4日 SDI 中国政経NEWS (2012/10/04)
2012年9月18日 SDI 中国政経NEWS (2012/09/18)
2012年9月4日 SDI 中国政経NEWS (2012/09/04)
2012年8月21日 SDI 中国政経NEWS (2012/08/21)
2012年8月2日 SDI 中国政経NEWS (2012/08/02)

次の記事: 2008年11月4日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇)
前の記事: 2008年10月23日 SDI 中国進出企業速報
バックナンバートップへ