メールマガジン

2008年3月25日 SDI 中国IT・ネット事情

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 SDI 中国IT・ネット事情      
2008/03/25発行
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.sdigrp.com

■■■[SDIからのお知らせ]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★★中国情報メールマガジン「中国展示会情報」のご案内★★

【中国で開催される展示会情報を掲載】
◎中国ビジネスのチャンスが溢れ、世界的にも注目を集める中国展示会のスケ
ジュールを事前にお届けするメールマガジン。毎月展示会のスケジュールを更
新し、最新の展示会情報を皆様のお手元にお届けいたします。

※本メールマガジンは中国語表記でお送りいたします。そのためHTML形式での
配信になります。

▼中国展示会情報の購読はこちらから▼
http://info.sdigrp.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【 IT中国 】

アドウェイズ清水のわかりやすい中国ネット広告 第1回『広告の本質は効果』

はじめまして。アドウェイズの清水です。春節はいかが過ごされましたか。今
年は例年にないほど寒かったですね。今年からゴールデンウィークが無くなる
こともあって、春節中は中国を離れて旅行に行った人も多いのではないでしょ
うか。インターネット業界の春節はというと、1年で最もオンラインユーザー
が少なくなります。弊社調べでは通常時に比べて約30%ユーザーが減ります。
ユーザーが減れば、その分メディアの広告量も落ち込みます。1年で最も売り
上げが少なくなる、寒さともども厳しい時期です。
本題です。春節明けの今回から全12回にわたって、中国のインターネット広告
について書かせていただきます。企業様がインターネット上で会社や商品のPR
をしたり、会員を募集したり、物を販売する際に、少しでもお役に立てばうれ
しいです。

インターネット広告といっても切り口はさまざまです。第1回の今回は「イン
ターネット広告のメリット」についてです。
広告の本質は効果です。インターネット広告に限らずテレビ、新聞、雑誌、ラ
ジオ、屋外、チラシなどのSP広告を含めすべてそうです。効果がなければ広告
をする意味がありません。広告費は企業様にとって原価または販管費。つまり
広告は利益をあげるためのものです。利益につながらない広告は効果があると
はいえません。単純であたりまえの話ですが、“広告の本質は効果”という原
点が念頭にあります。ところでひと口に効果といっても、企業様が求める効果
やニーズは異なります。「会社名を広めたい」「ホームページに毎月1万人訪
問させたい」「新商品を宣伝したい」「問い合わせ件数を増やしたい」「会員
数を半年以内に30万人にしたい」「売り上げを1年で10倍にしたい」「上海人
を中心にサービスを告知したい」「不動産を持っている人にアンケートしたい」
などなど、千差万別です。

このように様々ある企業様のニーズは、大きく2つに分けられます。1つはブラ
ンディングです。会社や商品を知ってもらうのが目的です。もう1つは販売促
進です。実際にサービスに申し込んだり、物を購入してもらうのが目的です。
目的によって広告手法が異なるため、インターネット上でブランディングをす
るのか、もしくは販売促進をするのか、それともその両方か。これを明確にす
ることが重要です。そしてもうひとつ、費用 (コスト)です。いくら費やして
どれだけの効果を出すのか、という『費用対効果』の概念です。インターネッ
ト広告は費用対効果をより正確に分析するのに非常に優れています。どんなユ
ーザーが何人、どこから、いつ、どうやって訪問してきたのか、またその費用
はいくらかかったのかわかります。その後、ユーザーが会員になったのか、何
を買ったのか、いくら購入したのかわかります。費用対効果が目に見えてわか
ること。これはインターネット広告の最大のメリットのひとつです。

情報提供: BiZpresso Vol.39 2月26日発行


※記事提供:上海漫歩創媒広告有限公司
      【 http://www.shwalker.com/
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は上海漫歩創媒広告有限公司/WHENEVER CHINAに帰属しま
      す。

▼バックナンバー▼
http://info.sdigrp.com/mailmag/backnumber.php

========[SDIからのお知らせ]===========================================

■地図から探せる海外情報の口コミサイト「G2G」

海外のさまざまな情報を地図から探したり、地図上にマッピングできる海外情
報のクチコミサイトです。
▼詳しくはコチラ▼
http://www.g2g.jp/

========[SDI 広告]====================================================

■<<<中国で人材にお困りなら、一度中国スコープにお問い合わせ下さい>>>

中国スコープでは、蘇州、無錫、上海、広州を拠点に日本人人材、
日本語能力を持つ中国人人材をご紹介しております。
お問い合わせいただければ、人材リストをお送りさせていただきます。
お問い合わせ→sakamoto@scope-china.net HP→http://www.scope-china.net
※就職、転職をお考えの方もお問い合わせ下さい。


■ <<<オリックスが中国でのフィナンシャル戦略をバックアップ>>>

中国進出時には欠かせない設備投資等の資金調達。業暦34年超を有する現地法
人を始め、オリックスは、グループを挙げて日中両面から、お客様の金融戦略
を力強くサポートいたします。
詳しくは、こちら → http://www.orix.co.jp
お問合せは、こちら → http://www.sdigrp.com/contact/


■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。
お問い合わせは・a href="mailto:Ainfo@yamatohk.com.hk">Ainfo@yamatohk.com.hk まで。
担当:小川、山本


■<<<"The Professional Network in Asia" パソナ アジア グループ紹介>>>

?パソナでは1983年の香港法人開設以来、現在アジア地域6ヶ国・地域の11
拠点をネットワークし、「パソナ アジア グループ」として、アジア市場のニ
ーズに応える人材サービスを提供しております。
・拠点一覧:香港、東京、台湾、シンガポール、タイランド、上海、広州
パソナ アジア グループ:http://www.pasona-asia.com


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ http://www.sdigrp.com/contact/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SDI 中国IT・ネット事情
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株式会社
http://www.sdigrp.com

■ご意見・ご要望はhttp://www.sdigrp.com/contact/ までお願いします。

■メールマガジン配信解除は、http://mailmag.sdigrp.com

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、
ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを禁止
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C) 2008 Strategic Decision Initiative, Inc.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国IT・ネット事情』の記事

2011年1月13日 SDI 中国IT・ネット事情 (2011/01/13)
2010年12月9日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/12/09)
2010年11月11日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/11/11)
2010年10月14日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/10/14)
2010年9月9日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/09/09)
2010年8月12日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/08/12)
2010年6月10日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/06/10)
2010年5月18日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/05/18)
2010年4月8日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/04/08)
2010年3月9日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/03/09)

次の記事: 2008年3月27日 SDI 中国進出企業速報
前の記事: 2008年3月21日 SDI 中国政経NEWS
バックナンバートップへ