メールマガジン

2007年11月15日 SDI 中国不動産事情

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SDI 中国不動産事情       
2007/11/15発行
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.sdigrp.com

■■■[SDIからのお知らせ]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

導入効果を生み出す世界生産システムセミナー!    受講料:無料

国内1000工場・海外150工場を超える導入実績をもつ当社が、その経験から、
世界展開をする日系製造業における生産の効率化・在庫削減・納期遵守を実現
するためのキーポイントを、グローバルアライアンスパートナーとともに、事
例をベースにご紹介させていただきます。ぜひ、この機会にご参加ください。

【詳細・お申し込み】
■ 開催日 平成19年11月21日(水)13:30?17:30(13:00 受付開始)
 (定員になり次第、お申し込みを締め切らさせていただきます。)
■ 開催会場  梅田スカイビル タワーウェスト22F E2会議室
■ 主催:アスプローバ株式会社
■ 共催:株式会社ブルーネットジャパン
■ 基調講演:株式会社日本総合研究所
セミナー参加申込は
http://www.asprova.com/jp/seminar_jp/eventlist.html/ よりお願いします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【最新中国不動産事情】

■待望の「中国・ベトナム不動産投資マニュアル」がついに完成!
機関投資家、ファンドマネージャー、エクイティファンド、デベロッパーなど
が、中国・ベトナム不動産投資を考える上で必帯となるアイテムです!

・これまで情報が錯綜していた中国・ベトナム不動産投資スキーム
 をわかりやすく解説
・中国・ベトナム不動産投資の基礎的知識をすべてカバー
・現地に精通したベターハウスのスタッフ陣が執筆
・出張の準備に、社内報告の参考資料に、不動産投資環境の理解に、
 投資案件に対する戦略に、役立つ情報を満載

詳しくは、http://www.bhinvesting.jp/topic/topic53.htmlをご覧ください。


■韓国デベロッパー、ホーチミンで住宅開発

ホーチミンで、韓国デベロッパーが住宅開発を開始する模様だ。

ベトナム韓国住宅開発計画社(P&Dコリア、ラッキーベトナム、住宅開発経営
社の3社による合弁企業)は、ホーチミンのタンフー地区で、住宅開発の認可
を取得した。
投資総額は約3億米ドルで、26?30階建ての住宅8棟(約2,000戸)を開発。
2011年末の竣工を目指す。


■広州:グレードAオフィスビルの賃貸価格と販売価格が上昇

2007年10月23日付の『信息時報』によると、2007年第3四半期の広州グレードA
オフィスビルの空室率は下落し、平均賃料と販売価格は、それぞれ133元/?/
月(前期比4.7%増)、17,910元/?(同17.8%増)だった。

高力国際の最新研究報告によると、2007年第3四半期、ヴィクトリア広場がグ
レードAオフィス市場に88,000?を新規供給した。ヴィクトリア広場は天河区
にあり、広州都市建設開発集団有限公司による開発案件で、賃料は120元/?/
月、販売価格は18,000元/?である。

一方、深センのグレードAオフィスビルの平均販売価格は10%以上上昇している。
高力国際の最新データによると、第3四半期、深セングレードAオフィスビルの
吸収量は85,119?で、前期比3.1%増、平均賃料は138元/?/月で、前期比5.9%
増、販売価格は27,090元/?で、同12.5%増だった。

2007年第3四半期では、経済貿易中心が竣工し、深セングレードAオフィス市場
に113,148?を新規供給した。経済貿易中心は福田区にあり、深セン市栄超実
業有限公司の開発案件で、賃料は150元/?/月である。


■2007年第3四半期のGDP成長率は11.5%

10月25日、26日の各紙は、国家統計局が発表した2007年第3四半期のGDP成長率
が11.5%であったことを一斉に報じた。

第2四半期は11.9%だったことから、今期は若干減速したものの、引き続き過
熱感が収まっていない状況が続いているとの見方が強い。

また、最近話題となっているCPIの上昇は、2007年1月から9月では、4.1%増と
なり、9月のみの数値として記録した6.5%より落ち着いた数値となった。


■最近の中国ホテル事業

2008年の北京オリンピックや、2010年の上海万博をにらんで、ホテル業界が本
格的に動きはじめた。

ホテル投資は、大きくわけて、ふたつに分類される。

ひとつは、ホテル投資・運営型。
建設途中のプロジェクトや経営状態が悪化したホテルの買収、さらには用地を
直接購入し、開発にあたる。
もうひとつは、ファンド型。
ホテルグループへの投資やオペレーターに出資する形態である。

前者のなかで、近年力をつけてきたのが、いわゆる「バジェットホテル」チェ
ーンである。
Home Inn、JinJiang Inn、Motel 168などが有名で、2007年10月現在のホテル
数は、それぞれ201、107、148、部屋数は23,977、22,390、21,189となってい
る(2007年10月30日付『上海日報』)。
Home Innに関しては、2006年10月にNASDAQに上場している。

いうまでもなく、オリンピックや万博は絶好のチャンスである。
しかし、これを中心に考えた投資は、そろそろ終わりに近づいているような気
がする。
時間的に厳しくなってきているという物理的な理由と、オリンピック、万博後
の市場展開をどのように考えるか、一大イベントを中心に考えると、限界があ
るからである。

ホテルの投資により、雇用の創出や政府の安定的な収入などが見込める。
人の移動は、激しさを増すばかりであり、この潜在的な需要をどこまで取り込
めるのか、ホテル投資の今後は注目に値するだろう。

最初に述べた、「一大イベントに向けて動き出した」という記述は、表面上で
明らかに動いているという実感をもてる意味で用いた。
実際には、数年前から動き出していた点に注意が必要である。
仕込むには、それなりの時間がかかるのである。

日系企業も、ホテルチェーン展開を狙うところがあるかもしれない。
ただし、これから狙うのは、オリンピックや万博ではなく、長期的視野をもっ
た形での中国ホテル市場だろう。
オリンピックだ、万博だ、と騒いでいる状況に流されてはならない。

※記事提供:百特豪世集団有限公司/BETTER HOUSE HOLDING LIMITED
       【 http://www.bhinvesting.jp/
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は百特豪世集団有限公司/BETTER HOUSE HOLDING LIMITED
に帰属します。

[バックナンバーは → http://cids.sdigrp.com/a/r.php?url=http://www.sdiblog.com/]

========[SDIからのお知らせ]===========================================

■ SDI 中国企業発掘調査サービス

お客様のニーズに合致した中国企業を発掘する調査。取引先、提携先からパー
トナー企業探しなど、さまざまなケースに活用が可能です。
詳しくは ↓
<http://cids.sdigrp.com/a/r.php?url=http://www.sdigrp.com/service/research/index.html>

========[SDI 広告]====================================================

■<<<中国で人材にお困りなら、一度中国スコープにお問い合わせ下さい>>>

中国スコープでは、蘇州、無錫、上海、広州を拠点に日本人人材、
日本語能力を持つ中国人人材をご紹介しております。
お問い合わせいただければ、人材リストをお送りさせていただきます。
お問い合わせ→sakamoto@scope-china.net HP→http://www.scope-china.net
※就職、転職をお考えの方もお問い合わせ下さい。


■ <<<オリックスが中国でのフィナンシャル戦略をバックアップ>>>

中国進出時には欠かせない設備投資等の資金調達。業暦34年超を有する現地法
人を始め、オリックスは、グループを挙げて日中両面から、お客様の金融戦略
を力強くサポートいたします。
詳しくは、こちら → http://www.orix.co.jp
お問合せは、こちら → http://www.sdigrp.com/contact/


■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。
お問い合わせは・a href="mailto:Ainfo@yamatohk.com.hk">Ainfo@yamatohk.com.hk まで。
担当:小川、山本


■<<<"The Professional Network in Asia" パソナ アジア グループ紹介>>>

?パソナでは1983年の香港法人開設以来、現在アジア地域6ヶ国・地域の11
拠点をネットワークし、「パソナ アジア グループ」として、アジア市場のニ
ーズに応える人材サービスを提供しております。
・拠点一覧:香港、東京、台湾、シンガポール、タイランド、上海、広州
パソナ アジア グループ:http://www.pasona-asia.com


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ http://www.sdigrp.com/contact/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SDI 中国不動産事情
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株式会社
http://www.sdigrp.com

■ご意見・ご要望はhttp://www.sdigrp.com/contact/ までお願いします。

■メールマガジン配信解除は、http://mailmag.sdigrp.com/

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、
ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを禁止
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C) 2007 Strategic Decision Initiative, Inc.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国不動産事情』の記事

2009年10月8日 SDI 中国不動産事情 (2009/10/08)
2009年9月8日 SDI 中国不動産事情 (2009/09/08)
2009年8月11日 SDI 中国不動産事情 (2009/08/11)
2009年7月7日 SDI 中国不動産事情 (2009/07/07)
2009年6月4日 SDI 中国不動産事情 (2009/06/04)
2009年5月12日 SDI 中国不動産事情 (2009/05/12)
2009年3月10日 SDI 中国不動産事情 (2009/03/10)
2009年2月13日 SDI 中国不動産事情 (2009/02/13)
2009年1月28日 SDI 中国不動産事情 (2009/01/28)
2008年12月11日 SDI 中国不動産事情 (2008/12/11)

次の記事: 2007年11月20日 SDI 中国政経NEWS
前の記事: 2007年11月13日 SDI 中国ビジネスの本当のトコ
バックナンバートップへ