メールマガジン

2007年9月4日 SDI 中国ビジネスの本当のトコ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SDI 中国ビジネスの本当のトコ      
2007/09/04発行
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.sdigrp.com ┛

■■■[SDIからのお知らせ]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

中国工場で廉価に簡素に生産管理システムを構築するためには

中国工場で廉価に簡素に生産管理システムを構築するための課題と、その克服
のポイントをご紹介するセミナーを開催します。
Asprova for TPiCSでは、TPiCSの持つ注文情報(f-MRP/所要量計算機能)から詳
細スケジューリングを実行し、設備や人員能力の負荷を考慮した作業指示を発
行できるようになります。また、これまで生産スケジューラーの立上げには、
マスタ整備や実績収集システムの構築などに手間がかかっていましたが、今回
のAsprova for TPiCSは、TPiCS専用の連携機能の搭載により、TPiCSとAsprova
の間でマスタ、オーダ、実績の一元管理を実現し、TPiCSの立上げと同時に生
産スケジューラーの稼動が可能となります。

【詳細・お申し込み】
 ◆日時:2007年9月7日(金)13:30?17:30
 ◆会場:東京国際フォーラム G502会議室
 ◆参加費:無料(事前登録制)
 http://www.asprova.com/jp/seminar_jp/file/070907tp-s.pdf
 お申込みは弊社HP「セミナー・イベント」よりお願いいたします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【中国ビジネスの本当のトコ】

中国ビジネスの実際のところを弊社取締役の片岡の視点から語ります。
ビジネス上の問題点、中国の実情など「中国って実際どうなの?」という点を
お伝えいたします。

※この記事は、過去に物流Weeklyコラム「SDIの中国最新情報」に掲載された
ものです。記載内容は掲載当時状況に基づいておりますので、ご了承下さい。


【第28回】
『SDIの中国最新情報』

今回は中国での外貨についてご紹介します。
今年の5月に外貨購入限度額撤廃しまして、それから3ヶ月程経っております。
中国人民銀行(中央銀行)は今年、経常項目外貨口座の関連手続きの事後届け
出制、サービス貿易の支払いや個人の外貨購入の手続き簡素化、銀行、ファン
ドマネジメント会社、保険会社の海外投資の解禁などの内容を中心とした「中
国人民銀行公告第5号」を公布しております。その中からサービス貿易、国内
住居者個人に関する内容をご紹介していきます。

・サービス貿易の外貨購入・支払いにおける証憑を簡素化、サービス貿易の外
貨購入・支払い審査権限を調整

1. 国外機関に5万ドル相当額以下、国外個人に5,000ドル相当額以下のサービ
ス貿易項目の費用を支払う場合には、国内機関および個人が、契約書(協議書)
あるいはインボイス(支払通知書)で外貨購入と支払い手続きを行う。上記限
度額を超過する場合、従来の規定に従って処理する。

2. 国内機関や個人がインターネットなど電子商取引を通じて、サービス貿易
項目の対外支払いを行う場合、関連契約書(協議書)と支払通知書に、押印ま
たは署名した後で、外貨購入・支払い手続きを行う。

3. 法規において証憑が明確に規定されていないサービス貿易項目の外貨購入・
支払いについては、10万ドル相当額以下の場合は銀行が、10万ドル相当額を超
える場合は所在地の外貨管理局が審査を行う。

4. 国際海運企業(国際船舶運輸、無船運送、船舶代理、貨物運輸代理企業を
含む)が国際海運項目の運送費と関連費用を支払う際には、銀行で直接外貨を
購入することができる。荷主は業務需要に基づき、国外運輸企業に国際海運項
目の運送費と関連費用を直接支払うことができる。

・国内居住個人の外貨購入政策を緩和、年度総額管理を実行

1. 国内居住個人の外貨購入に対して、年度総額管理を実行し、年度総額は1人
毎年2万ドル相当額とする。国内居住個人が年度総額内で外貨を購入する場合、
本人の身分証明により、銀行で資金使途を申告して手続きを行う。年度総額を
超過した外貨購入については、銀行は外貨管理規定が規定する証憑の審査後に
手続きを行う。

2. 国内居住個人が年度総額内で購入した外貨は、本人の国内外貨口座に入金
するか、経常項目外貨支出に使うことができる。海外向け送金、外貨現金の引
き出しあるいは海外への持ち出しの場合は、従来の外貨管理規定に基づいて取
り扱う。

3. 国内居住個人が年度総額内で外貨を購入する場合、本人あるいはその直系
親族に委託して取り扱うことができる。直系親族が取り扱う場合、委託人と代
理人の身分証明、親族関係証明、および委託人の授権書を提出する必要がある。

4. 外貨管理局は国内居住個人に対して外貨購入管理を実行しない。


※記事提供:この記事は、過去に物流Weeklyコラム「SDIの中国最新情報」
      に掲載されたものです。記載内容は掲載当時状況に基づいて
      おりますので、ご了承下さい。
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。

[バックナンバーは → http://www.sdiblog.com/]


<関連リンク>
SDI片岡のブログ「中国で起業した社長の下ではたらく取締役のblog」はコチラ↓
http://blog.livedoor.jp/sdi139/


========[SDIからのお知らせ]===========================================

■ 日系中国ビジネス市場へ効果的な広告が打てる唯一のBlog媒体
「SDI 中国で働く人Blog」で効果的なPRをおこないませんか?

 ・SDI 中国で働く人Blogはコチラ → http://blog.sdigrp.com
 ・お問い合わせは → http://www.sdigrp.com/contact/

■ SDI 中国企業発掘調査サービス

お客様のニーズに合致した中国企業を発掘する調査。取引先、提携先からパー
トナー企業探しなど、さまざまなケースに活用が可能です。
詳しくは →

========[SDI 広告]====================================================

■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。
お問い合わせは、info@yamatohk.com.hk まで。
担当:小川、山本


■<<<"The Professional Network in Asia" パソナ アジア グループ紹介>>>

?パソナでは1983年の香港法人開設以来、現在アジア地域6ヶ国・地域の11
拠点をネットワークし、「パソナ アジア グループ」として、アジア市場のニ
ーズに応える人材サービスを提供しております。
・拠点一覧:香港、東京、台湾、シンガポール、タイランド、上海、広州
パソナ アジア グループ:http://www.pasona-asia.com


■<<<中国で人材にお困りなら、一度中国スコープにお問い合わせ下さい>>>

中国スコープでは、蘇州、無錫、上海、広州を拠点に日本人人材、
日本語能力を持つ中国人人材をご紹介しております。
お問い合わせいただければ、人材リストをお送りさせていただきます。
お問い合わせ→sakamoto@scope-china.net HP→http://www.scope-china.net
※就職、転職をお考えの方もお問い合わせ下さい。


■ <<<オリックスが中国でのフィナンシャル戦略をバックアップ>>>

中国進出時には欠かせない設備投資等の資金調達。業暦34年超を有する現地法
人を始め、オリックスは、グループを挙げて日中両面から、お客様の金融戦略
を力強くサポートいたします。
詳しくは、こちら → http://www.orix.co.jp
お問合せは、こちら → http://www.sdigrp.com/contact/


■ <<<第5のコミュニケーションメディア専門誌 EVENT CHINA>>>

◆上海、華東進出の羅針盤!中国ビジネスの専門誌・EVENT CHINA!!◆
(http://www.event-china.net/)
・イベント、中国内販に関わるビジネスチャンスの情報を満載。
・現地主義の取材で、より正確で迅速な情報を提供。日本国内の読者には
 創刊号は無料でお届けします(PDF)。
・進出済みの企業だけでなく、進出を検討している企業様も要必見の雑誌です。
・体裁:68ページ(カラー)・A4
【問い合わせは koudoku@event-china.net 中村まで】


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ http://www.sdigrp.com/contact/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   SDI 中国ビジネスの本当のトコ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株式会社
【 http://www.sdigrp.com 】

■ご意見・ご要望はhttp://www.sdigrp.com/contact/ までお願いします。

■メールマガジン配信解除は、http://mailmag.sdigrp.com/

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、
ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを禁止
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C) 2007 Strategic Decision Initiative, Inc.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国ビジネスの本当のトコ』の記事

2008年10月16日 SDI ビジネスの本当のトコ (2008/10/16)
2008年10月7日 SDI ビジネスの本当のトコ (2008/10/07)
2008年9月16日 SDI ビジネスの本当のトコ (2008/09/16)
2008年9月4日 SDI ビジネスの本当のトコ (2008/09/04)
2008年8月19日 SDI ビジネスの本当のトコ (2008/08/19)
2008年8月7日 SDI ビジネスの本当のトコ (2008/08/07)
2008年7月15日 SDI 中国ビジネスの本当のトコ (2008/07/15)
2008年7月3日 SDI 中国ビジネスの本当のトコ (2008/07/03)
2008年6月17日 SDI 中国ビジネスの本当のトコ (2008/06/17)
2008年6月5日 SDI 中国ビジネスの本当のトコ (2008/06/05)

次の記事: 2007年9月6日 SDI 中国政経NEWS
前の記事: 2007年8月30日 SDI 中国情報メールマガジンPR号
バックナンバートップへ