メールマガジン

2007年8月23日 SDI 中国IT・ネット事情

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 SDI 中国IT・ネット事情      
2007/08/23発行
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.sdigrp.com

■■■[SDIからのお知らせ]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★★中国ビジネス関連書籍のご案内★★

【最新 中国貿易・税務実務の詳細解説&実践マニュアル】
◎中国における貿易・税関(通関)の実務をQ&A形式で分かり易く解説したマ
ニュアル!!

【中国販売マニュアル】
◎販売・卸売業から製造業まで、販売戦略構築とその実践を幅広くサポート!

【中国消費者のブランド意識】
◎中国消費者のブランド意識とブランドイメージを数値化し、徹底検証!

上記書籍の詳細内容はコチラ↓
http://report.sdigrp.com/book.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【ITソリューション】

高まる「内部統制」への関心、日立信息が専門セミナー
全般統制を支えるJP1ソリューションをアピール

■ 日立信息系統(上海)有限公司

J−SOX法の施行が来年春に迫っている。「内部統制」の観点に立った場合、在
中日系企業はいかなるIT環境を構築すべきか..。HISSは六月一三日、上海ガ
ーデンホテルで「内部統制を支える企業ITシステムの運用管理」をテーマにセ
ミナーを開催、在中日系企業の総経理ら四○数名が参加した。今後「内部統制」
対策に本腰を入れて取り組む企業は急増すると見られ、HISSではソリューショ
ン提供に取り組んでいく。セミナーで講師を務めた日立製作所ソフトウェア事
業部の高橋亨氏の講演骨子を以下にまとめた。


■ J-SOX法でERP導入が潮流に

 高橋氏はまず「内部統制」(※1)が新しい概念ではないことを踏まえたう
えで二〇〇二年にアメリカで制定された企業改革法(SOX法)に端を発した強
化の流れは世界的に広がりつつあると説く。アメリカ版と同様、来年春より施
行されるJ--SOX法(金融商品取引法)においても、「内部統制」についての体
系的・網羅的な評価、すなわち外部に説明できるための業務規則・手順などを
文書化し、リスクとコントロールが可視化されることが求められると指摘して
いる(※2)。
注目すべきは、アメリカのCOSOフレームワークにほぼ準拠しながらもJ--SOXに
おける内部統制の基本的枠組み(※3)には、「IT(情報技術)への対応」が
構成要素として追加されていることである。企業の本来の活動を組織全体とし
てよりよく達成するうえでITの適切な利用と統制は不可欠であるという認識が
背景にある。
中国の現地法人が対策を立てるうえで配慮しなければならないことは他にもあ
る。高橋氏は、商標・著作権・特許などの知的財産保護に向けた中国の動き、
ならびにIT環境の標準化推進という昨今の潮流についても言及する。人材・プ
ロセス・技術を的確に組み合わせたITサービスマネジメント・プロセス「ITIL」

――ITサービスの安定化や品質の最適化、費用対効果の向上に寄与――にも高
い関心が集まっていることを例として取り上げた。

■IT全般統制が大前提

判断・処理のルール化、例外処理の禁止、異常値の検知とアラーム、証跡の取
得、業務を行う者の限定等々、ITの機能の活用によって減少できる業務リスク
は多い。
しかし、一方でITリスクの存在について高橋氏は注意を促す。システム変更に
よる不正処理、プログラムのバグ等による異常処理、不正目的のデータ改善、
システムダウン、データ消失などのリスクが存在することを把握したうえで、
いかにITに関わる全般統制を実現するかが、業務処理統制の信頼性を確保する
うえで重要であると高橋氏は説くのである。
この見解は、公認会計士協会による報告や金融庁の実施基準でも説かれている。
たとえば金融庁の意見書では「システム変更の段階で必要な内部統制が組み込
まれていなかったり、プログラムに不正な改ざんや不正なアクセスが行われた
りするなど、全般統制が有効に機能しない場合には、適切な内部統制(業務処
理統制)を組み込んだとしても、その有効性が保証されなくなる」としている。
財務報告の信頼性は信頼できるIT抜きには成立しない。しかし、それには全般
統制がなされていることが大前提となることを高橋氏は強調している。

(※1)企業内において、経営者・従業員の不正・ミスによるリスクを防ぐた
めの仕組み、及びそのための組織的活動。(1)業務の有効性および効率性、
(2)財務報告の信頼性、(3)事業活動に関わる法令などの遵守、(4)資産
の保全が達成すべき目的とされている。
(※2)内部統制の整備は新会社法でも求められている。法律の目的や求めら
れる手法は異なっても、経営者が企業の活動全般を統制し、その活動に関する
情報開示を通じて信頼を獲得していく責務を負うという点では一致している。
(※3)アメリカSOX法では、「統制環境、リスク評価、統制活動、情報と伝達、
モニタリング」が内部統制の構成要素とされた。


DATA
日立信息系統(上海)有限公司
上海市茂名南路205号瑞金大厦1901室
TEL:(021)6473-1244 FAX:(021)5456-0486
URL: www.jp1.cn


※記事提供:上海漫歩創媒広告有限公司
      【 http://biz.shwalker.com/
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は上海漫歩創媒広告有限公司/WHENEVER CHINAに帰属しま
      す。

[バックナンバーは → http://blog.livedoor.jp/strategicdi/ ]

========[SDIからのお知らせ]===========================================

■ 日系中国ビジネス市場へ効果的な広告が打てる唯一のBlog媒体
「SDI 中国で働く人Blog」で効果的なPRをおこないませんか?

 ・SDI 中国で働く人Blogはコチラ → http://blog.sdigrp.com
 ・お問い合わせは → http://www.sdigrp.com/contact/


■ SDI 中国企業発掘調査サービス

お客様のニーズに合致した中国企業を発掘する調査。取引先、提携先からパー
トナー企業探しなど、さまざまなケースに活用が可能です。
詳しくは →<http://www.sdigrp.com/service/research/index.html>

========[SDI 広告]====================================================

■<<<中国で人材にお困りなら、一度中国スコープにお問い合わせ下さい>>>

中国スコープでは、蘇州、無錫、上海、広州を拠点に日本人人材、
日本語能力を持つ中国人人材をご紹介しております。
お問い合わせいただければ、人材リストをお送りさせていただきます。
お問い合わせ→sakamoto@scope-china.net HP→http://www.scope-china.net
※就職、転職をお考えの方もお問い合わせ下さい。


■ <<<オリックスが中国でのフィナンシャル戦略をバックアップ>>>

中国進出時には欠かせない設備投資等の資金調達。業暦34年超を有する現地法
人を始め、オリックスは、グループを挙げて日中両面から、お客様の金融戦略
を力強くサポートいたします。
詳しくは、こちら → http://www.orix.co.jp
お問合せは、こちら → http://www.sdigrp.com/contact/


■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。
お問い合わせは、info@yamatohk.com.hk まで。
担当:小川、山本


■<<<"The Professional Network in Asia" パソナ アジア グループ紹介>>>

?パソナでは1983年の香港法人開設以来、現在アジア地域6ヶ国・地域の11
拠点をネットワークし、「パソナ アジア グループ」として、アジア市場のニ
ーズに応える人材サービスを提供しております。
・拠点一覧:香港、東京、台湾、シンガポール、タイランド、上海、広州
パソナ アジア グループ:http://www.pasona-asia.com


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ http://www.sdigrp.com/contact/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SDI 中国IT・ネット事情
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株式会社
http://www.sdigrp.com

■ご意見・ご要望はhttp://www.sdigrp.com/contact/ までお願いします。

■メールマガジン配信解除は、http://mailmag.sdigrp.com

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、
ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを禁止
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C) 2007 Strategic Decision Initiative, Inc.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国IT・ネット事情』の記事

2011年1月13日 SDI 中国IT・ネット事情 (2011/01/13)
2010年12月9日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/12/09)
2010年11月11日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/11/11)
2010年10月14日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/10/14)
2010年9月9日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/09/09)
2010年8月12日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/08/12)
2010年6月10日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/06/10)
2010年5月18日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/05/18)
2010年4月8日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/04/08)
2010年3月9日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/03/09)

次の記事: 2007年8月23日 SDI 中国政経NEWS
前の記事: 2007年8月21日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇)
バックナンバートップへ