メールマガジン

2007年1月SDI 中国IT・ネット事情

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       SDI 中国IT・ネット事情      2007/01/17発行

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.strategicdi.com

>>>>>>> >>>>>>>[SDIからのお知らせ]>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

★★中国ビジネス関連書籍のご案内★★

【日本企業のための中国環境法2006年版】
◎環境保護は中国政府も重要視しているテーマです!

【「中国ビジネス法務」実務ガイド】
◎法務戦略・契約交渉・知財・債権回収・会計税務・人事労務の実務ガイド!

【 中国事業戦略事例集】
◎中国ビジネス戦略、他社事例、実務の実践方法を総合的に理解するために!

上記書籍の詳細内容はコチラ↓
http://www.strategicdi.com/service/distribute/report/book.html

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

【ITソリューション】

「ERPは業務最適化のプロセス。
『用友』導入で?ベスト・プラクティクス?を実現してほしい」
用友軟件股有限公司

呉強・副総裁インタビュー

IDCの調査でアジア太平洋地区のERP市場でトップにランクされる用友。中国の
企業管理ソフト市場のリーディングカンパニーとしてひときわ存在感を際立た
せている。同社の国際戦略を担う呉強副総裁を、北京星流信息技術有限公司・
須藤健総経理がインタビューした。

須:みなさんが「用友軟件」と聞いて真っ先に頭に浮かぶのは、財務ソフトで
すね。中国企業における用友の財務ソフトの普及率は物凄く高いのでは。

呉:確かに用友軟件は、財務管理ソフトの開発、販売を主として発展したので
多くの方がそのようなイメージを持っていると思います。
実は一九九七年以降、企業向けの業務管理まで含めた、いわゆるERP商品の開
発を行っています。

須:今回は、用友軟件の主軸商品となっているERPについてお聞きします。
ERP(Enterpri se Resource Planning)を「統合業務パッケージ」などと呼ん
でいますが、正直言って私自身もよく分からないのです。実際に何ができるの
でしょうか。

呉:ERPは多くの業種で利用できますが、なかでも製造業と貿易業に適した企
業管理ソフトです。会社が業務を行うにあたって必要な様々なデータの処理と
その分析、経営判断ができる統合基幹業務システムを言います。
ERP概念は最近のものではなく、欧米では既に理論ができています。要は社内
の経営リソース有効活用の観点から、データを統合的に管理し経営の効率化を
図るための手法を言います。用友などソフト開発メーカは、その理論に基づい
てERPを商品化しました。一企業、特に製造業で、生産から販売まですべての
業務に関わるプロセスをインテグレーションして、ひとつのERPソフトで管理
できるようにしたものです。

須:んー。ちょっと難しいですね。何となく分かりますけど、これが文書にな
るとかなり難しいですね(笑)。
ちょっと角度を変えてお聞きします。ERPを会社に導入すると、それぞれ各部
門の担当者は、皆同じ画面を見て仕事をするのですか?

呉:いや、違います。確かにERPは、組織間の複雑な情報を一括管理できるよ
うになり、会社のどこからでもERPを通して情報の出し入れができるようにな
ります。
ただ、部門ごとに必要とされるデータは異なりますし、部門ごとにアクセス権
限が異なります。よって見え方も当然異なってきます。
でも会社全体として見れば、データはどれも関連性があるわけです。それら関
連性のある情報がERPを通して共有化され、一括管理できるのです。社長であ
れば会社全体の経営状況を把握したいので、閲覧の権限の範囲も異なるわけで
す。財務担当から見れば財務処理システムになるし、経営者からみれば経営判
断の鍵を握る企業管理ツールとなる。製造現場で見る情報と営業部門から見る
情報では利用の仕方が異なるわけです。

須:(導入)決定権のある経営者に向けてERP商品をアピールして下さい。

呉:あなたの会社の経営状況をデータ化して管理できます。ERPの効果として
「量化」と「非量化」があります。
量化の例としては、「在庫管理の状況が今三〇%ある」など数字データとして
明確に把握できること。数字を見ながら必要なだけ在庫にすれば良いわけで、
コスト削減に直結します。
他に売掛金の状況管理があります。数十社規模ならともかく、数百、数千社に
なったら管理できませんね。売掛金の回収をスムーズに行うことによって、お
金の循環が良くなります。
非量化の例としては、各部門間における情報の共有化があげられます。ERPが
ない状況では、部門ごとの連携がしっかりしていなければ、非効率的で無駄な
動きをしている可能性があります。数字として現れにくい部分でもERPの導入
によって管理が可能となります。
次に、会社全体として生産状況、販売状況はどうなのか、どういう商品が売れ
ているのかなど経営状況の把握がリアルタイムにできることです。これは分析
と経営方針の決定に非常に役立つ道具となります。

須:おー。そういうことですか。だんだんERPが分かってきました。最近ERPが
特に注目されていますが、その理由は何でしょう?

呉:実のところERPは九〇年中期からあり、大企業は既に導入をしていますが、
中堅企業/中小企業には高くて買えなかったのです。今の中国市場を見ても、
まさに普及の時期にあると言えます。

須:海外に拠点を持つグローバル企業こそERPの利用価値があると思います。
日系の中国進出企業に関しては、どうでしょうか? 言語の違い、為替処理の
問題、会計や税制など制度の違いからくる問題を抱えているはずですね。

呉:用友社のERPに関して言えば、各国の標準に合わせた使い方ができます。
日本向けにレポートを出力するモジュール機能も用意しており、既に多くの顧
客に満足して使って頂いております。更に必要ならば、機能のカスタマイズも
可能です。こちらに進出している企業にこそ是非利用して頂きたいと思います。

須:気になるお値段の話を聞かせてください。オラクル社のE R P 製品は、七
〇〇万元以上するパッケージが普通にあると聞きました。中堅企業/中小企業
には導入に踏み切れないと思いますが。

呉:過去に、オラクルなど非常に高額なERPがありました。用友社では中堅企
業/中小企業でも導入できるようにリーズナブルな価格帯で提供しています。
五〇万〜二〇〇万元で他社と同等のシス
テムを構築できるので、大企業はもちろん中小のお客様にも広く使われるよう
になりました。

須:思わず本音を言ってしまいますが、私も経営者の一人として、もっと安け
ればすぐにでも買いたいところです(笑)。

呉:他社の場合は、不要なモジュールまでパッケージ化されていて割高なケー
スもあるのです。用友社の商品は、必要なモジュールの組み合わせをお客様の
ニーズに合わせて購入できますから、どうぞご検討下さい(笑)。

須:日系企業の中では、今でも独自開発を考える会社があります。ERP導入を
検討している企業が抱く不安を挙げると、「既存のパッケージでは自社の業務
に一致しないのでは?」――。更に、「うまく
合わない場合のカスタマイズ作業で結局コスト高になるのでは?」といったこ
とです。

呉:製造業がERPを導入する場合、全体の七〇%近くが似かよった標準的な業務
をしています。どこがやっても同じような共通点が七割あれば、それはパッケ
ージ化して標準化するのに十分だと考
えられます。残りの二割も業種別の商品で補足できます。それでもカバーでき
ない一割を二次開発すれば効率的ですし、実際にそういう合理的な商品構成に
なっています。ここまで商品が揃うまでに、当社では非常に多くの顧客の意見
を取り入れています。何もかも最初から作るのは、高く付くだけでなく立ち上
げも保守も大変です。

須: 「ベスト・プラクティス」について教えて下さい。それとは逆に、長年
の習慣が残る業務をシステムに合わせるのは、きつくないでしょうか。

呉:導入の効果として期待できるもうひとつのメリットは、仕事の最適化です。
ERPには、大手企業における業務ノウハウが詰まっています。このソフトの通
りに仕事をすれば中小企業も大手のよう
な最適なプロセスで業務が動きます。これがベスト・プラクティスです。古い
習慣の仕事に人材を充てるより、ERP導入後にその人材にはもっと価値のある
ポジションで仕事をしてもらったほうが、本
人にも会社にとっても良いことだと思います。


※記事提供:上海漫歩創媒広告有限公司
      【http://biz.shwalker.com/
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は上海漫歩創媒広告有限公司/WHENEVER CHINAに帰属します。

[バックナンバーは → http://www.sdiblog.com/]

========[SDIからのお知らせ]===========================================

■ 日系中国ビジネス市場へ効果的な広告が打てる唯一のBlog媒体
「SDI 中国で働く人Blog」で効果的なPRをおこないませんか?

 ・SDI 中国で働く人Blogはコチラ → http://www.hitoblog.com
 ・お問い合わせは → contactus@strategicdi.com


■ SDI 中国企業発掘調査サービス

お客様のニーズに合致した中国企業を発掘する調査。取引先、提携先からパー
トナー企業探しなど、さまざまなケースに活用が可能です。
詳しくは →<http://www.strategicdi.com/service/research/index.html>

========[SDI 広告]====================================================

■<<<中国で人材にお困りなら、一度中国スコープにお問い合わせ下さい>>>

中国スコープでは、蘇州、無錫、上海、広州を拠点に日本人人材、
日本語能力を持つ中国人人材をご紹介しております。
お問い合わせいただければ、人材リストをお送りさせていただきます。
お問い合わせ→sakamoto@scope.co.jp HP→http://www.wuxi-scope.com
※就職、転職をお考えの方もお問い合わせ下さい。


■ <<<オリックスが中国でのフィナンシャル戦略をバックアップ>>>

中国進出時には欠かせない設備投資等の資金調達。業暦34年超を有する現地法
人を始め、オリックスは、グループを挙げて日中両面から、お客様の金融戦略
を力強くサポートいたします。
詳しくは、こちら → http://www.orix.co.jp
お問合せは、こちら → orix@strategicdi.com


■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。
お問い合わせは、info@yamatohk.com.hk まで。
担当:小川、山本


■<<<\"The Professional Network in Asia\" パソナ アジア グループ紹介>>>

?パソナでは1983年の香港法人開設以来、現在アジア地域6ヶ国・地域の11
拠点をネットワークし、「パソナ アジア グループ」として、アジア市場のニ
ーズに応える人材サービスを提供しております。
・拠点一覧:香港、東京、台湾、シンガポール、タイランド、上海、広州
パソナ アジア グループ:http://www.pasona-asia.com


■ <<<ライブドアが中国でのネットプロモーションを全面的にサポート>>>
     
・中国マーケット向けHP製作、運用を行います。
・中国でのサーバーホスティング、メンテナンスを行います。
・中国マーケット向けバナー、キャンペーンページをデザインします。
・マイライスや中国の他社サイトへの広告掲載を行います。
・お問い合わせはこちら、 → livedoor@strategicdi.com


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ contactus@strategicdi.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       SDI 中国IT・ネット事情
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ・リミテッド
http://www.strategicdi.com

■ご意見・ご要望はcontactus@strategicdi.com までお願いします。

■メールマガジン配信解除は、http://www.strategicdi.com/mailmag

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、
ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを禁止
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C), 2005 Strategic Decision Initiative Ltd.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国IT・ネット事情』の記事

2011年1月13日 SDI 中国IT・ネット事情 (2011/01/13)
2010年12月9日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/12/09)
2010年11月11日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/11/11)
2010年10月14日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/10/14)
2010年9月9日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/09/09)
2010年8月12日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/08/12)
2010年6月10日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/06/10)
2010年5月18日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/05/18)
2010年4月8日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/04/08)
2010年3月9日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/03/09)

次の記事: 2007年1月SDI中国ビジネス事情(上海)
前の記事: 2007年1月 SDI 中国投資・ビジネス事情
バックナンバートップへ