メールマガジン

2006年12月SDI 中国IT・ネット事情

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       SDI 中国IT・ネット事情      2006/12/13発行

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.strategicdi.com

■■■■■[お詫びと訂正]■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

前回の「SDI 中国IT・ネット事情」(11月16日)にて紹介させて頂きました、
「ウェブクルーiTech(上海)有限公司」社は、主要株主の異動に伴い、
11月13日付けで社名が「ネットエイジテクノロジーズ(上海)有限公司
(中文名:韋伯庫魯信息技術(上海)有限公司)」に変更されました。

ネットエイジテクノロジーズ(上海)有限公司
http://www.natec.cn/

ネットエイジキャピタルパートナーズ株式会社
http://ncp.netage.co.jp/

弊社の不手際により、古い情報を配信致しましたことをお詫びすると共に
訂正させて頂きます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【ITソリューション】

日本でシェアトップの実績 QNDで手堅い「IT資産管理」を提唱
闊利達軟件(上海)有限公司

クオリティが展開するQNDは、PCの現状を把握し、定期的に監査するIT資産管
理ソリューションだ。日本市場では、企業の内部統制責任を問う法制度対策と
して脚光を浴び、トップシェアとなっている。中国でもIT資産管理のコスト高
に悩む企業からの引き合いが多く、導入が進んでいる。


■問われる内部統制責任

日本では、Winnyによる情報流出が社会問題化している。今年一月から三月の
僅か三カ月間だけで、業界を問わず八〇件以上の流出事件が報告された。
昨年、日本政府は情報流失対策として個人情報保護法を施行、今年五月には会
社法を施行し、大企業の取締役会へ内部統制システムの構築を義務づけた。ま
た、二〇〇九年には、企業の内部統制責任をより厳しく問う日本版SOX法の適
用を予定している。
これら法制度の対象は大企業であるが、大企業と関係を持つすべての企業が同
等の責任を負うことになる。つまりすべての企業は今後、企業情報システムを
確立し、内部統制する必要に迫られるのである。こうした背景から、内部統制
システムを構築するクオリティのQNDが注目を集めている。


■QNDでIT資産を管理

QNDは、PCの現状を把握し、定期的に監査するIT資産管理ソリューション。現
状把握から台帳作成、自動インストール、脆弱性監査までをカバーし、管理工
数を削減、ウイルスや情報漏洩などのリスクから企業を守る。日本市場では約
二五〇〇社、二四〇万台の導入実績を誇る最も利用されるソリューションのひ
とつだ。これまで、Y2K対策、総合情報漏洩対策など、市場ニーズをいち早く
捉え、アップグレードを重ねてきた。二〇〇五年以降は、企業の内部統制責任
を問う法制度対策としての機能を強化している。
クオリティは二〇〇三年、上海に闊利達軟件(上海)有限公司を設立、
QNDPlusを主に日系企業へ導入してきた。同社の呉勁松マーケティング・マネ
ージャーは、「IT資産の状況把握を簡単に実現し、適切な資源運用でコスト削
減できる点が大変好評です」と話す。


■海賊版対策でも活躍

QND Plusがもたらすメリットは、以下の通り。
◎IT資産の現状把握……PCに関連した様々な情報を収集し、現状把握後、適切
な運用をすることでリソースを有効活用、過剰なIT投資を防止する。多数の
PCを利用する工場などで利用すれば、大幅なコスト削減が実現できる。資産管
理の報告は自動的に統計として得られる。
◎違法コピーのリスクを回避……ライセンスチェック台帳で、ライセンスの過
剰と不足を確認。マイクロソフトやアドビなどの台帳でインストールソフトウ
ェアを把握できる。中国政府はソフトの海賊版撲滅に力を入れるが、企業では
社員がPCへ勝手に海賊版をインストールするケースに頭を痛めている。こうし
た行為も未然に防ぐことができる。また、社員によるBT方式でのダウンロード、
QQやMSNの使用も制限可能だ。
◎管理者の負担軽減……収集したPC情報をもとにデスクトップを直接操作でき
るリモートコントロール、メッセージ機能など、さまざまな機能がサポート作
業の効率アップを支援し、管理コストを削減する。
◎情報漏洩の防止……PCの脆弱性監査や紛失、盗難の可能性のあるPCの把握を
サポート。ポリシーの設定により、勝手なPC設定変更や許可されていないアプ
リケーションの使用も制限できる。
◎社内セキュリティ・レベルの向上……OSのセキュリティ・パッチ適用やウイ
ルス対策ソフトの定義ファイルを常に最新の状態にするために、ソフトウェア
の自動配布をする。


■中国市場でもトップに育てる

QND Plusは、導入先の日系企業で大きな成果を上げている。「『IT資産の管理
費を削減できた』『社内の海賊版を駆逐した』『IT資産を把握し、無駄な投資
を避けることができるようになった』と評価の声をいただいています」(呉マ
ネージャー)。
同社では今後五年間に日本と同様、中国でもQND Plusをトップソリューション
に育てることを目標にする。呉マネージャーは、「今年は大塚商会や伊藤忠商
事など販売パートナーと組み、日系企業を中心に導入を進めます。それ以降は
中国や欧米の企業への普及に取り組みたいです」と話している。


※記事提供:上海漫歩創媒広告有限公司
      【http://biz.shwalker.com/
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は上海漫歩創媒広告有限公司/WHENEVER CHINAに帰属します。

[バックナンバーは → http://www.sdiblog.com/]

========[SDIからのお知らせ]===========================================

■ 日系中国ビジネス市場へ効果的な広告が打てる唯一のBlog媒体
「SDI 中国で働く人Blog」で効果的なPRをおこないませんか?

 ・SDI 中国で働く人Blogはコチラ → http://www.hitoblog.com
 ・お問い合わせは → contactus@strategicdi.com


■ SDI 中国企業発掘調査サービス

お客様のニーズに合致した中国企業を発掘する調査。取引先、提携先からパー
トナー企業探しなど、さまざまなケースに活用が可能です。
詳しくは →<http://www.strategicdi.com/service/research/index.html>

========[SDI 広告]====================================================

■<<<中国で人材にお困りなら、一度中国スコープにお問い合わせ下さい>>>

中国スコープでは、蘇州、無錫、上海、広州を拠点に日本人人材、
日本語能力を持つ中国人人材をご紹介しております。
お問い合わせいただければ、人材リストをお送りさせていただきます。
お問い合わせ→sakamoto@scope.co.jp HP→http://www.wuxi-scope.com
※就職、転職をお考えの方もお問い合わせ下さい。


■ <<<オリックスが中国でのフィナンシャル戦略をバックアップ>>>

中国進出時には欠かせない設備投資等の資金調達。業暦34年超を有する現地法
人を始め、オリックスは、グループを挙げて日中両面から、お客様の金融戦略
を力強くサポートいたします。
詳しくは、こちら → http://www.orix.co.jp
お問合せは、こちら → orix@strategicdi.com


■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。
お問い合わせは、info@yamatohk.com.hk まで。
担当:小川、山本


■<<<"The Professional Network in Asia" パソナ アジア グループ紹介>>>

?パソナでは1983年の香港法人開設以来、現在アジア地域6ヶ国・地域の11
拠点をネットワークし、「パソナ アジア グループ」として、アジア市場のニ
ーズに応える人材サービスを提供しております。
・拠点一覧:香港、東京、台湾、シンガポール、タイランド、上海、広州
パソナ アジア グループ:http://www.pasona-asia.com


■ <<<ライブドアが中国でのネットプロモーションを全面的にサポート>>>
     
・中国マーケット向けHP製作、運用を行います。
・中国でのサーバーホスティング、メンテナンスを行います。
・中国マーケット向けバナー、キャンペーンページをデザインします。
・マイライスや中国の他社サイトへの広告掲載を行います。
・お問い合わせはこちら、 → livedoor@strategicdi.com


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ contactus@strategicdi.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       SDI 中国IT・ネット事情
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ・リミテッド
http://www.strategicdi.com

■ご意見・ご要望はcontactus@strategicdi.com までお願いします。

■メールマガジン配信解除は、http://www.strategicdi.com/mailmag

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、
ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを禁止
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C), 2005 Strategic Decision Initiative Ltd.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国IT・ネット事情』の記事

2011年1月13日 SDI 中国IT・ネット事情 (2011/01/13)
2010年12月9日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/12/09)
2010年11月11日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/11/11)
2010年10月14日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/10/14)
2010年9月9日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/09/09)
2010年8月12日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/08/12)
2010年6月10日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/06/10)
2010年5月18日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/05/18)
2010年4月8日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/04/08)
2010年3月9日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/03/09)

次の記事: 2006年12月SDI中国ビジネス事情(上海)
前の記事: 2006年12月 SDI中国不動産事情
バックナンバートップへ