メールマガジン

2006年10月SDI中国ビジネス事情(上海)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     SDI 中国ビジネス事情(上海篇)    2006/10/11発行

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.strategicdi.com

>>>>>>>[SDIからのお知らせ]>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

★★中国ビジネス関連書籍のご案内★★

【日本企業のための中国環境法2006年版】
◎環境保護は中国政府も重要視しているテーマです!

【「中国ビジネス法務」実務ガイド】
◎法務戦略・契約交渉・知財・債権回収・会計税務・人事労務の実務ガイド!

【 中国事業戦略事例集】
◎中国ビジネス戦略、他社事例、実務の実践方法を総合的に理解するために!

上記書籍の詳細内容はコチラ↓
http://www.strategicdi.com/service/distribute/report/book.html

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

【企業レポート】
加盟店展開に独自戦略、「明星」効果も歴然 不動産仲介のトップブランド
を目指す

瑞陽不動産 張庭 董事長


政府のマクロコントロールの下、優勝劣敗、淘汰が続く上海の不動産仲介市場
において、ここ数カ月、目覚しいスピードで店舗増設を進める仲介チェーンが
ある。人気女優・張庭氏が率いる瑞陽不動産である。同社は、張氏が中国国内
外の不動産業者らの出資を募って設立した英属控股集団(Timepoint
InternationalLimited)と上海天下房地産経紀有限公司の合資により設立、上
海エリアにおける高級中古住宅の仲介を主事業とする。昨年11月に旗艦店をオ
ープン、5月末現在、加盟店は50店舗を数える。

プロフィール:
張庭(チャン・ティン)
1970年台湾地区彰化出身。幼稚園教師を経て女優、幾多のテレビドラマ作品に
出演。主演作『少林七傑』『絶色双嬌』『絶色双嬌 II皇后進宮』『観喜遊龍
』などがある。昨年、上海に不動産仲介会社、瑞陽不動産有限公司を設立。董
事長を務める。趣味はヨガ、旅行。好きな音楽はジャズ。


■マクロコントロールの影響もある中で、「なぜこの時期に事業展開を?」
 という声も多いようですね。

売れっ子女優とエグゼクティブの顔を巧みに使い分ける(写真:瑞陽不動産提
供) 私はマクロコントロールによって不動産市場が沈滞化したというより、
バブル化防止に大きく貢献していると見ています。 
需要と供給の二つの側面から市況を見ると、次のことが言えるでしょう。 
まず需要面では、二〇〇六年第2四半期でも市場の低迷が続いており、取引物
件数がかなり蓄積されています。国家発展改革委のレポートで政策の方向が明
確となり、市場では投機抑制の圧力がはっきりと見られているといえますが、
これは住宅購入需要に大きな発展空間をもたらしていることでもあります。
二〇〇五年に様子見であった住宅購入需要が動き出したこともあって、上海不
動産市場は徐々に回復する傾向が見られます。市場全体では価格の低下傾向が
予想されますが、その下げ幅は大きくないでしょう。都市中心地区では小幅の
上昇も期待されます。
一方、供給面では、マクロコントロールの影響を受けて、優勝劣敗、淘汰が進
んでいることが挙げられます。仲介料が削減された結果、閉店やリストラを実
施する企業も多かったようです。社員の基本給のカットまで行い、コスト削減
に努めているのが大勢ではないでしょうか。人員削減は多く
見積もって四○%に至るといわれ、市場が回復するまで経営を堅持しようと思
えば、必然としてサービスの質重視の運営に力を注ぐことになるでしょう。
私どもも創業しばらくは不安定な情況にありましたが、今年に入ってから瑞陽
不動産の業績は毎月伸張を続けています。今後一年のうちに店舗をさらに一〇
〇店増やし、将来は、上海以外の都市にも進出したいと考えています。

■加盟店を積極的に募集しているようですね。

加盟店募集の宣伝に呼応して、問い合わせに訪れる顧客も増えている
当社の業績動向に同業者が注目するのは、有名人が経営する会社だからという
だけでなく、経営方式に何か違いがあるのではないか、という関心を持たれる
からだと思います。 
当社では、加盟者が全権を委託し、瑞陽不動産が店舗の経営管理を行い、所有
権と経営権をはっきり分けています。加盟者には加盟店の資産所有権、ブラン
ド使用権、運営を知る権利、投資収益権があり、瑞陽不動産は経営管理を代行
する権利をもちます。これを私たちは「直営式管理」という名前で呼び、経営
モデルを統一しているのです。 
直営式管理であることで、長年、実践経験を蓄積してきた業務チームの豊富な
管理スキルを加盟店はスムーズに吸収していくことができるメリットがありま
す。結果として、営業前の業務空白期を大きく短縮し、利潤獲得のノウハウ面
で保証が得られます。

■「直営式加盟」は御社ならではの経営モデルということですね。

加盟店の募集はしていますが、盲目的に認めているわけではありません。 
加盟希望者がなぜ加盟を希望するのかという理由、そして希望者のバックグラ
ウンドを深く吟味、検討をしたうえで、より相応しい加盟方法をこちらから提
案させて頂くのです。 
たとえば、加盟希望者が不動産事業に興味と関心を持ったとしても、現時点で
他の業種に携わっていたとします。この場合、私たちは「委託加盟」という形
態を提案することにしています。「委託加盟」とは管理は完全に直営式であり、
加盟店の経営権は瑞陽不動産が得るものです。
一方、加盟希望者が現在、不動産業を営んでいたり、個人開業を希望していた
り、またはすでに他のチェーンに加盟している場合は、「フランチャイズ加盟
」となります。
旧来の加盟方式では、出店場所の選択、業務担当エリアにおいて、直営店と加
盟店との間に利益衝突や矛盾が生じたりするなど、多くの欠点があることが長
年の検証を通じて明らかになっています。身勝手な経営、孤立無援、加盟店同
士の競争激化といった問題点を、私たちは委託加盟の「直営式管理」を行うこ
とで回避しようとしているわけです。

■その他、他社との差別化のために注力されていることは?

私たちが展開する加盟事業では、直営式で統一された管理により、加盟者に多
くの統一サービスを提供します。例えば広告宣伝、人材募集、教育研修、業務
基準、法的支援、情報管理、財務制度であり、加盟店は終始、各方面で本部と
一体化した運営を心がけるのです。 
加盟店の利益最大化を図るために加盟費用についても独特な制度を設けていま
す。加盟店の売上額が増えるにつれ、本部が受け取る加盟費は逆に下がってい
きます。また、利益還元制度も設けるなど、他業者の加盟方式にはない工夫を
こらしています。 
また、市場動向に基づいて上海一〇エリアにおける中古住宅取引量などの調査、
分析、論証を行い、最初の攻略目標としています。合理的な店舗配置を戦略に
据え、店舗数をさらに一〇〇店増やし、上海仲介企業のトップブランドを目指
したいと思います。

■大陸での起業を思い立ったのは何がきっかけだったのでしょうか。

芸能界の有名人が「明星効果」をねらって、飲食業などのビジネスに関わるの
は稀ではありませんが、私がなぜこの業界を選んだのか多くの人が不思議に思
っているようですね。 
私の両親は台湾島南部の彰化県出身で経済的にとても苦労しました。祖父に二
〇〇〇台湾元を借り、姉たちを連れて台北にやって来ました。その後も父は臨
時雇いの仕事ばかりで、家庭は非常に貧しかったのです。家もとても小さなも
のでした。 
五人も兄弟がいる中で私は物心がついた頃から家事や仕事の手伝いをしていま
した。六歳の時、落ちている糸を拾いそれをかき集めてお金にしました。糸一
本が一角、たくさん拾って一〇〇台湾元になったことを覚えています。ヤクル
トの容器のフタを集め、回収業者に渡してお金にしたこともあります。
こんな幼児体験をしてきたからなのか、私は家への思いがとりわけ深く、温か
くて心休まる住宅を手に入れることを幼い頃からの夢としてきました。そのた
めに猛烈に働いてきたつもりです。テレビ撮影が続き、一週間床に就けなかっ
たこともあります。 
上海にやって来て、ようやく願いが叶いました。両親に快適な暮らしをしても
らえるように一戸建ての住宅に住んでもらい、一部屋ずつ与えています。 
私の起業については、林瑞陽(俳優、瑞陽房地産開発集団董事長)から薫陶を
受けたことも大いに関係あるでしょう。自身の夢を実現したいという使命感の
延長から私は不動産業を選んだのです。誰もが気に入った住宅を見つけられる
ようサポートさせて頂きたいと考えております。


■芸能界と実業界の「二足のわらじ」をしばらく履き続けるのでしょうか?

今後については、家族のことをよく考え、バランスをうまく保って取り組んで
いきたいと思います。どちらとも大成功を手中にするかもしれませんよ(笑)。


※記事提供:上海漫歩創媒広告有限公司
      【http://www.shwalker.com/
      【http://www.shwalker.com/china/index.html
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は上海漫歩創媒広告有限公司/WALKER CHINAに帰属します。

[バックナンバーは → http://www.sdiblog.com/]

========[SDIからのお知らせ]===========================================

■ 日系中国ビジネス市場へ効果的な広告が打てる唯一のBlog媒体
「SDI 中国で働く人Blog」で効果的なPRをおこないませんか?

 ・SDI 中国で働く人Blogはコチラ → http://www.hitoblog.com
 ・お問い合わせは → contactus@strategicdi.com

■ SDI 中国企業発掘調査サービス

お客様のニーズに合致した中国企業を発掘する調査。取引先、提携先からパー
トナー企業探しなど、さまざまなケースに活用が可能です。
詳しくは →<http://www.strategicdi.com/service/research/index.html>

========[SDI 広告]====================================================

■ <<<第5のコミュニケーションメディア専門誌 EVENT CHINA>>>

◆上海、華東進出の羅針盤!中国ビジネスの専門誌・EVENT CHINA!!◆
(http://www.event-china.net/)
・イベント、中国内販に関わるビジネスチャンスの情報を満載。
・現地主義の取材で、より正確で迅速な情報を提供。日本国内の読者には
 創刊号は無料でお届けします(PDF)。
・進出済みの企業だけでなく、進出を検討している企業様も要必見の雑誌です。
・体裁:68ページ(カラー)・A4
【問い合わせは koudoku@event-china.net 中村まで】
お問い合わせは、 koudoku@event-china.net 中村まで


■ <<<オリックスが中国でのフィナンシャル戦略をバックアップ>>>

中国進出時には欠かせない設備投資等の資金調達。業暦34年超を有する現地法
人を始め、オリックスは、グループを挙げて日中両面から、お客様の金融戦略
を力強くサポートいたします。
詳しくは、こちら → http://www.orix.co.jp
お問合せは、こちら → orix@strategicdi.com


■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。
お問い合わせは、info@yamatohk.com.hk まで。
担当:小川、山本


■<<<"The Professional Network in Asia" パソナ アジア グループ紹介>>>

?パソナでは1983年の香港法人開設以来、現在アジア地域6ヶ国・地域の11
拠点をネットワークし、「パソナ アジア グループ」として、アジア市場のニ
ーズに応える人材サービスを提供しております。
・拠点一覧:香港、東京、台湾、シンガポール、タイランド、上海、広州
パソナ アジア グループ:http://www.pasona-asia.com


■ <<<ライブドアが中国でのネットプロモーションを全面的にサポート>>>
     
・中国マーケット向けHP製作、運用を行います。
・中国でのサーバーホスティング、メンテナンスを行います。
・中国マーケット向けバナー、キャンペーンページをデザインします。
・マイライスや中国の他社サイトへの広告掲載を行います。
・お問い合わせはこちら、 → livedoor@strategicdi.com


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ contactus@strategicdi.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     SDI 中国ビジネス事情(上海篇)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ・リミテッド
http://www.strategicdi.com

■ご意見・ご要望はcontactus@strategicdi.com までお願いします。

■メールマガジン配信解除は、http://www.strategicdi.com/mailmag

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、
ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを禁止
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C), 2005 Strategic Decision Initiative Ltd.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国ビジネス事情(上海篇)』の記事

2011年4月12日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/04/12)
2011年3月8日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/03/08)
2011年2月8日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/02/08)
2011年1月11日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/01/11)
2010年12月7日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/12/07)
2010年11月9日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/11/09)
2010年10月7日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/10/07)
2010年9月7日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/09/07)
2010年8月10日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/08/10)
2010年7月8日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/07/08)

次の記事: 2006年10月18日 SDI 中国ビジネスの本当のトコ
前の記事: 2006年10月SDI 中国IT・ネット事情
バックナンバートップへ