メールマガジン

2006年8月SDI中国ビジネス事情(北京)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     SDI 中国ビジネス事情(北京篇)    2006/08/21発行

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.strategicdi.com

>>>>>>>[SDIからのお知らせ]>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

★★中国ビジネス関連書籍のご案内★★

【日本企業のための中国環境法2006年版】
◎環境保護は中国政府も重要視しているテーマです!

【「中国ビジネス法務」実務ガイド】
◎法務戦略・契約交渉・知財・債権回収・会計税務・人事労務の実務ガイド!

【 中国事業戦略事例集】
◎中国ビジネス戦略、他社事例、実務の実践方法を総合的に理解するために!

上記書籍の詳細内容はコチラ↓
http://www.strategicdi.com/service/distribute/report/book.html

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

【企業インタビュー】

北京外食市場に旋風 仕掛けるのは新進気鋭の「女老板」
『北京好運投資管理有限公司』姜海琳総経理

各国大使館、高級アパートメントが集まる北京・燕莎エリアにオープンした「
国際美食モール・好運街(ラッキーストリート)」。そのマネジメントにあた
るのが北京好運投資管理有限公司の総経理、姜海琳氏だ。20代、女優顔負けの
美貌。「各テナントでの一人当たりの平均予算10米ドル」など、ユニークなコ
ンセプトで独特の空間を創出、北京の外食産業に旋風を巻き起こしている。


■知性のオーラ

「北京・燕莎エリア」に位置する第三使館区。この国際情緒あふれるエリアに
今年三月、新たな目玉スポットが登場した。「国際美食モール・好運街(ラッ
キーストリート)」である。
全長三〇〇メートル、一・五万平米のストリート。ヨーロッパ調の建物にベー
カリー、カフェ、日本料理店など個性派レストランが軒を連ねている。
同ストリートの運営を担うのが北京好運投資管理有限公司。姜海琳総経理は中
国人民解放軍装甲兵工程学院工学系卒、中国政法大学法律系修士課程を修了、
若くして大興区の人大代表に就任するなど華やかな経歴をもつ。
一方、北京テレビ主催の「ベストマザー(漂亮媽媽=きれいなおかあさん)コ
ンテスト」で一位、「ミセス(太太)コンテスト」でもグランプリを受賞する
など、「美人経営者」としても各メディアの注目を集める新進気鋭の経営者だ。
彼女と出会った人は誰もがこういう。知性のオーラが漂ってくるような女性だ
と。
「芸能界入りを勧めてくれる方もいましたが、私にとって、各コンテストでの
受賞は、あくまでも自身のキャリアにとってひとつの通過点に過ぎません」(
姜総経理)
まだ二〇代後半。彼女が言うには「内面にある知性が人を魅力的にする」のだ
という。「活到老、学到老」――活きて老に到るは学びて老に到るなり――そ
んな固い信念が、いわば彼女の行動原則にもなっているのだといえる。


■変化の最中にある「食」観念

そんな姜総経理が、数々の斬新なアイデアを元に、好運街をオープンさせたの
は二〇〇五年の末のことである。
燕莎エリアの五つ星ホテルにあるフィットネスセンターでリフレッシュした後、
友だちと気軽に食事を楽しめる場所があったら……こんな発想から(好運街の
プロジェクトは)始まったのですよ」と姜総経理は振り返る。
確かに、同エリアには気軽に利用できるレストランやカフェがそれほど多くな
い。各国大使館や高級アパートメントが立ち並ぶ場所柄、レストランやカフェ
というと、どうしてもホテル内の施設がほとんどというのが実情だ。
毎回ホテルのカフェを利用すれば出費がかさむ。そこで「ビジネスパースンで
あれ主婦の方であれ、燕莎エリアに住む方々がリーズナブルに楽しめるレスト
ラン街をつくろう」(姜総経理)という着想に至ったのだという。
顧客ターゲットとして想定するのは、外国人居住者、ビジネスマパースン、そ
して中国人の富裕層だ。
「経済の発展に伴って、私たち中国人の食に対する考え方も変化しています。
一昔前は『ただ食べられれば良い』という発想がほとんどでした。しかし現在
は『食も文化のひとつ』と考える富裕層が増えています」(姜総経理)


■「懐が深い」北京外食市場

では、内陸に位置する北京ではどういった外国の食文化が受け入れられるのだ
ろうか。
北京の外食文化の大きな特徴を姜総経理は「博大精深(懐が深い)」という言葉
で説明する。
「上海エリアではレストランにも流行があるように思えます。たとえば、フラ
ンス料理が流行すれば、みんな右に倣えで、次々にフランス料理店がオープン。
消費者の方も、フランス料理を食べることで流行に乗るといった流れがあるの
ではないでしょうか。
それに対して、北京の外食産業を一言で総括すれば『何でもあり』。さまざま
な食文化をそのままの形で吸収できる街と考えています。四川料理、広東料理、
日本料理、イタリア料理など、ひとつの街の中に異なる食文化が共存している
環境ともいえますね」(姜総経理)
北京人はにぎやかな雰囲気や友達との飲み会が好きということでも知られてい
る。
「たくさんの人が集まっていれば『あれは何だろう?』と興味を示すのが北京
人です。また、友達の一人が『いま好運街にいるんだけど』とか、『一カ月に
一〇回も好運街で食事しちゃったよ』と言えば、家族、友達、クライアントを
連れて食事に行く人が出てくると思います」(姜総経理)


■「個性」演出のためのカラクリ

各種消費者調査など、一連の事前準備のプロセスを経て、昨年一二月一六日、
全体の五〇%のテナントが営業にこぎつけた。
『お手ごろな価格で、ビジネスや社交の場を提供する』という当初のコンセプ
トから、各テナントでの一人当たりの平均予算を一〇米ドル(約八〇元)と割
り出した。
「現在の外国人ビジネスパースン、富裕層の中国人にとって、リーズナブルな
価格に設定しました」(姜総経理)
なお、北京のバーストリートに見られるしつこい客引きは一切禁止するなど彼
女は理念の浸透にこだわりを見せる。
「どのお店で食事を楽しむかは、お客様自身が決めることです」(姜総経理)
各テナントでハイレベルなサービスをキープするために彼女が導入した独特の
マネジメントとして『准入和清退』というものがある。
好運街に入店できるテナントは、『世界の美食』というコンセプトを通過した
物件のみを厳選する。オープン後は、テナントとの連絡を密接にして、経営状
況を定期的に把握する。売り上げが芳しくない場合、もしくは顧客にとって魅
力的でないと判断した場合は退出してもらうというサバイバル方式を採用して
いるのである。
その外、姜総経理が各テナントに要求していること、それは「お店のオリジナ
リティ」だ。ショップそれぞれの個性を重視しつつ、サービス内容が重複しな
いように調整する。
「たとえば、好運街にイタリアレストランが一軒あるとします。その場合、別
のイタリアレストランから申請があっても、入店は原則として受け付けません。
世界美食モールという性格上、一カ国一レストランというのが好運街のコンセ
プトだからです。
二つめのレストランを出店する場合は、必ず一店舗目との違いを出すことを条
件にしています。例を挙げると、寿司レストランと居酒屋というケース。同じ
日本料理でもそれぞれ別カテゴリーとして捉えられますよね」(姜総経理)
さらに、『管家制度』という管理会計制度も採用している。これは多くのホテ
ルで行われているマネジメント方式で、店舗と基本的な設備(水、電気、ガス
など)の提供、その他、マスメディアへの宣伝活動の請負、出店手続きの代理
など、さまざまな角度から各テナントをサポートするシステムである。


■知名度アップに次々と布石

オープンから約半年余が経過。好運街は客足もすこぶる順調、今後は、各種プ
ロモーションの開催で知名度の向上を狙う。その際には、マスコミの力は欠か
せないと姜総経理は話す。  
「七月から九月にかけて国際美食祭を開催する予定です。各メディアを通じて
大々的にアピールするつもりです。そのほか、世界の食文化を紹介するイベン
トも企画しています」(姜総経理)
北京駐在の各国大使館員を招待して、世界の食文化を紹介。各国の家庭料理を
好運街で楽しみながら、グローバルな文化交流の場を提供したいとも考えてい
る。
また、中国国内で人気のチベット族の歌手、韓紅(ハン・ホン)によるチベッ
トレストランが間もなくオープンする予定だ。好運街では、同レストランのオ
ープニングセレモニーに全面的なコラボレーションを考えているという。
「彼女のようなビッグネームの影響力を借りることで、好運街の認知度を一気
に高められるのではと期待しています」(姜総経理)
イメージキャラクターの登用も検討する。「マスコットとして私自身を起用し
てみようかしら、と考えたこともありました(笑)」と姜総経理はおどける。
ところで、北京で大いに実績をつくった後、好運街の全国展開はあり得るのだ
ろうか――。
「その地域に必要とされている形での展開が重要ですね。たとえば、青島で北
京と同じ『世界美食モール』という売り出し方をしても、受け入れられるとは
限らないですよね。
北京、上海、内陸部と、それぞれ文化的背景も違いますし、求められるものも
当然異なってきます。おそらく違った形でアピールすることが必要になってく
ると思います」(姜総経理)
好運街をわが子のごとく愛しい存在だと言ってはばからない姜総経理。「大切
に育てて行きますので、今後の展開にご期待下さい」(姜総経理)。辣腕事業
家の表情に屈託のない母親の笑みが浮かんだ。


※記事提供:上海漫歩創媒広告有限公司
      【http://www.shwalker.com/
      【http://www.shwalker.com/china/index.html
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は上海漫歩創媒広告有限公司/WALKER CHINAに帰属します。

[バックナンバーは → http://www.sdiblog.com/]

========[SDIからのお知らせ]===========================================

■ 日系中国ビジネス市場へ効果的な広告が打てる唯一のBlog媒体
「SDI 中国で働く人Blog」で効果的なPRをおこないませんか?

 ・SDI 中国で働く人Blogはコチラ → http://www.hitoblog.com
 ・お問い合わせは → contactus@strategicdi.com

■ SDI 中国企業発掘調査サービス

お客様のニーズに合致した中国企業を発掘する調査。取引先、提携先からパー
トナー企業探しなど、さまざまなケースに活用が可能です。
詳しくは →<http://www.strategicdi.com/service/research/index.html>

========[SDI 広告]====================================================

■ <<<第5のコミュニケーションメディア専門誌 EVENT CHINA>>>

◆上海、華東進出の羅針盤!中国ビジネスの専門誌・EVENT CHINA!!◆
(http://www.event-china.net/)
・イベント、中国内販に関わるビジネスチャンスの情報を満載。
・現地主義の取材で、より正確で迅速な情報を提供。日本国内の読者には
 創刊号は無料でお届けします(PDF)。
・進出済みの企業だけでなく、進出を検討している企業様も要必見の雑誌です。
・体裁:68ページ(カラー)・A4
【問い合わせは koudoku@event-china.net 中村まで】
お問い合わせは、 koudoku@event-china.net 中村まで


■ <<<オリックスが中国でのフィナンシャル戦略をバックアップ>>>

中国進出時には欠かせない設備投資等の資金調達。業暦34年超を有する現地法
人を始め、オリックスは、グループを挙げて日中両面から、お客様の金融戦略
を力強くサポートいたします。
詳しくは、こちら → http://www.orix.co.jp
お問合せは、こちら → orix@strategicdi.com


■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。
お問い合わせは、info@yamatohk.com.hk まで。
担当:小川、山本


■<<<"The Professional Network in Asia" パソナ アジア グループ紹介>>>

?パソナでは1983年の香港法人開設以来、現在アジア地域6ヶ国・地域の11
拠点をネットワークし、「パソナ アジア グループ」として、アジア市場のニ
ーズに応える人材サービスを提供しております。
・拠点一覧:香港、東京、台湾、シンガポール、タイランド、上海、広州
パソナ アジア グループ:http://www.pasona-asia.com


■ <<<ライブドアが中国でのネットプロモーションを全面的にサポート>>>
     
・中国マーケット向けHP製作、運用を行います。
・中国でのサーバーホスティング、メンテナンスを行います。
・中国マーケット向けバナー、キャンペーンページをデザインします。
・マイライスや中国の他社サイトへの広告掲載を行います。
・お問い合わせはこちら、 → livedoor@strategicdi.com


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ contactus@strategicdi.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     SDI 中国ビジネス事情(北京篇)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ・リミテッド
http://www.strategicdi.com

■ご意見・ご要望はcontactus@strategicdi.com までお願いします。

■メールマガジン配信解除は、http://www.strategicdi.com/mailmag

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、
ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを禁止
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C), 2005 Strategic Decision Initiative Ltd.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国ビジネス事情(北京篇)』の記事

2006年8月SDI中国ビジネス事情(北京) (2006/08/21)
2005年9月SDI中国ビジネス事情(北京) (2005/09/28)
2005年7月SDI中国ビジネス事情(北京) (2005/07/27)
2005年6月SDI中国ビジネス事情(北京) (2005/06/29)
SDI 中国ビジネス事情(北京篇)のお知らせ (2005/05/01)

次の記事: 2006年SDI中国展示会情報 (2006年8月更新)
前の記事: 2006年8月17日 SDI 中国人材事情
バックナンバートップへ