メールマガジン

2006年6月SDI中国ビジネス事情(上海)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              SDI 中国ビジネス事情(上海篇)  2006/06/14発行

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.strategicdi.com

>>>>>>>[SDIからのお知らせ]>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

★★中国ビジネス関連書籍のご案内★★

【日本企業のための中国環境法2006年版】
◎環境保護は中国政府も重要視しているテーマです!

【「中国ビジネス法務」実務ガイド】
◎法務戦略・契約交渉・知財・債権回収・会計税務・人事労務の実務ガイド!

【 中国事業戦略事例集】
◎中国ビジネス戦略、他社事例、実務の実践方法を総合的に理解するために!

上記書籍の詳細内容はコチラ↓
http://www.strategicdi.com/service/distribute/report/book.html

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

【企業レポート】

生産現場「革命」をもたらすバーコードシステム a-Solパッケージシステム
で生産トレーサビリティー支援
帝訊信息技術(上海)有限公司 

進出から数年を経た企業群の中には、中国での生産体制を見通し、「カイゼン」
を経営課題に掲げるところも多い。在庫管理を中心とした生産現場のオンパレ
ーションを支援するシステムとして、バーコードシステム活用による生産性向
上を提案するのがa-Sol上海である。


■事業内容からご説明いただけますか

当社の事業内容は、各企業様の生産性を高めるために有効な生産支援システム
である?a-Sol package?シリーズの開発と導入です。このシステムの特徴を
一言で要約すると?バーコードを活用することにより、生産性を高めるお手伝
いをする?ということです。従来はユーザー毎に異なる用件定義をもとにして、
設計・開発することが一般的だった生産現場システムですが、これをパッケー
ジ化することで開発・導入費用の削減と導入期間の大幅な短縮を実現していま
す。
このシステムは?部材在庫管理??生産工程管理??完成品在庫管理?と三つ
の主なモジュールからなり、これらを連動させることにより生産性向上に体系
的で大きな効果をもたらします。
在庫管理を中心とした生産現場のオペレーションを支援するこのシステムは、
バーコードを生産現場に活用することにより、正確でタイムリーなデータの収
集と作業効率、作業精度の向上を実現します。各部品をロット番号、シリアル
番号管理することで、在庫数量を細かく把握し在庫数量を減らすことにも繋が
ってきます。出荷に関しても、在庫数をしっかりと把握することにより、月平
均一、二件発生していた誤出荷(間違った仕向け地に、間違った商品を出荷し
てしまうこと)を年に一件へと劇的に減らすことも可能になります。
生産現場からのタイムリーかつ正確なデータの収集は、上位システムであるE
RP、SCMの精度向上へと直結します。さらに部材在庫〜仕掛かり在庫〜完
成品在庫を一元管理することにより、一貫した「トレーサビリティー(生産履
歴)」を可能とします。
トレーサビリティーについてですが、生産の一連の流れの中で、誰が、どのラ
イン・設備で、どの資材、部材を用いて、いつ作ったものなのかということを
全て把握することによって、製品情報の精度を高め、顧客満足を高める事に繋
がります。迅速なトレーサビリティーの取得は品質改善、顧客ニーズへの対応
において必要不可欠な作業と言えるでしょう。これまでは人手に頼っていた作
業を、バーコードを駆使したシステムに取って替えることは大幅な時間の短縮、
ミスの防止にも有効ですし、また各工程の滞留時間をデータ化することにより、
生産改善活動にも寄与できます。
日本国内の自動車業界などはこういったシステムを大手メーカーが部品納入業
者に義務付けている例が多く、比較的きっちりできています。中国の日系製造
業においては、これからといったところでしょうが、必ず必要となる仕組みで
しょう。

■業績はいかがでしょうか

おかげさまで好調です。今年は昨年と比べて約三倍の売上を見込んでいます。
知名度が上がってきたことも一つの要因だと思いますが、実は外部要因もあり
まして。中国に進出してきた日系企業様が「カイゼン」を課題に挙げはじめる
時期が到来しているのです。
実は、進出直後からこういったシステムを導入するところは意外と少ないんで
すよ。そもそもコスト削減を目的に進出されているわけですから、システムに
も極力お金をかけない傾向があるんですね。それが進出後五年六年と経過した
段階で新規投資が一段落し、そこではじめて「カイゼン」に目を向けはじめる
わけです。規模も容易に拡大できませんし、次に何をするかとなると、システ
ムの導入を検討されるわけです。そこでやっと我々の出番が回ってきます。
■御社の強みは

人的ミスに起因する生産トラブルをゼロに近づけるためにバーコードを使って
何ができるか、ということを一貫して掘り下げてやってきたことが強みです。
すでに中国と日本で一〇〇件を超える導入実績があり、ノウハウも積んでいま
すので、様々な事例に対応できます。
中国で事業を展開されているSI業者は少なくありませんが、こと「バーコー
ドを活用したシステムの開発に特化」しているとなると当社がオンリーワンで
はないでしょうか。
バーコードで何ができるか、何が「カイゼン」できるか?ということを噛み砕
いてクライアントに説明するコンサルティング能力も非常に重要になります。
私自身が製造業界出身ですので、生産現場を熟知していることも強みとなって
います。

■今後の展開と目標は

上海以外ではすでに深に事務所がありますが、深は昨今の自動車メーカーの進
出でさらに活気付いている地域ですから、今後規模の拡張を考えています。
また、現在は上海から出張ベースで動いている大連へも事務所を構えることを
検討中です。
人員と事務所の拡充とともに、重点を置いて取り組んでいるのがセミナーの実
施です。
バーコードを活用した生産性の見直しといっても、なかなかピンと来ないのが
現実ですよね。バーコードを使って実際に何が可能なのかを伝えていくことが
我々のミッションだと認識しています。そのため、手はじめとして一一月末に
日系ハードウェア会社様とタイアップし蘇州でセミナーを開きました。
これからは四カ月に一回を目処に積極的に中国各地でセミナーを開催していき
たいと思っております。


※記事提供:上海漫歩創媒広告有限公司/WALKER CHINA
      【http://www.shwalker.com/
      【http://www.shwalker.com/china/index.html
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は上海漫歩創媒広告有限公司/WALKER CHINAに帰属します。

[バックナンバーは → http://www.sdiblog.com/]

========[SDIからのお知らせ]===========================================

■ 日系中国ビジネス市場へ効果的な広告が打てる唯一のBlog媒体
「SDI 中国で働く人Blog」で効果的なPRをおこないませんか?

 ・SDI 中国で働く人Blogはコチラ → http://www.hitoblog.com
 ・お問い合わせは → contactus@strategicdi.com

■ SDI 中国企業発掘調査サービス

お客様のニーズに合致した中国企業を発掘する調査。取引先、提携先からパー
トナー企業探しなど、さまざまなケースに活用が可能です。
詳しくは →<http://www.strategicdi.com/service/research/index.html>

========[SDI 広告]====================================================

■ <<<第5のコミュニケーションメディア専門誌 EVENT CHINA>>>

◆上海、華東進出の羅針盤!中国ビジネスの専門誌・EVENT CHINA!!◆
(http://www.event-china.net/)
・イベント、中国内販に関わるビジネスチャンスの情報を満載。
・現地主義の取材で、より正確で迅速な情報を提供。日本国内の読者には
 創刊号は無料でお届けします(PDF)。
・進出済みの企業だけでなく、進出を検討している企業様も要必見の雑誌です。
・体裁:68ページ(カラー)・A4
【問い合わせは koudoku@event-china.net 中村まで】
お問い合わせは、 koudoku@event-china.net 中村まで


■ <<<オリックスが中国でのフィナンシャル戦略をバックアップ>>>

中国進出時には欠かせない設備投資等の資金調達。業暦34年超を有する現地法
人を始め、オリックスは、グループを挙げて日中両面から、お客様の金融戦略
を力強くサポートいたします。
詳しくは、こちら → http://www.orix.co.jp
お問合せは、こちら → orix@strategicdi.com


■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。
お問い合わせは、info@yamatohk.com.hk まで。
担当:小川、山本


■<<<"The Professional Network in Asia" パソナ アジア グループ紹介>>>

?パソナでは1983年の香港法人開設以来、現在アジア地域6ヶ国・地域の11
拠点をネットワークし、「パソナ アジア グループ」として、アジア市場のニ
ーズに応える人材サービスを提供しております。
・拠点一覧:香港、東京、台湾、シンガポール、タイランド、上海、広州
パソナ アジア グループ:http://www.pasona-asia.com


■ <<<ライブドアが中国でのネットプロモーションを全面的にサポート>>>
     
・中国マーケット向けHP製作、運用を行います。
・中国でのサーバーホスティング、メンテナンスを行います。
・中国マーケット向けバナー、キャンペーンページをデザインします。
・マイライスや中国の他社サイトへの広告掲載を行います。
・お問い合わせはこちら、 → livedoor@strategicdi.com


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ contactus@strategicdi.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              SDI 中国ビジネス事情(上海篇)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ・リミテッド
http://www.strategicdi.com

■ご意見・ご要望はcontactus@strategicdi.com までお願いします。

■メールマガジン配信解除は、http://www.strategicdi.com/mailmag

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、
ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを禁止
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C), 2005 Strategic Decision Initiative Ltd.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国ビジネス事情(上海篇)』の記事

2011年4月12日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/04/12)
2011年3月8日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/03/08)
2011年2月8日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/02/08)
2011年1月11日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/01/11)
2010年12月7日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/12/07)
2010年11月9日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/11/09)
2010年10月7日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/10/07)
2010年9月7日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/09/07)
2010年8月10日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/08/10)
2010年7月8日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/07/08)

次の記事: 2006年6月20日 SDI 中国ビジネスの本当のトコ
前の記事: 2006年6月SDI 中国IT・ネット事情
バックナンバートップへ