メールマガジン

2005年12月SDI 中国IT・ネット事情

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       SDI 中国IT・ネット事情      2005/12/23発行

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.strategicdi.com

>>>>>>>[SDIからのお知らせ]>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

★★中国進出日本企業一覧(上場企業編・非上場企業編)のご案内★★

上場企業編:日本のお客様はこちら↓
http://www.strategicdi.com/books/shinshutu-listedjp.pdf
上場企業編:海外のお客様はこちら↓
http://www.strategicdi.com/books/shinshutu-listed.pdf

非上場企業編:日本のお客様はこちら↓
http://www.strategicdi.com/books/shinshutu-unlistedjp.pdf
非上場企業編:海外のお客様はこちら↓
http://www.strategicdi.com/books/shinshutu-unlisted.pdf

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

【企業レポート】

富士ゼロックス株式会社 執行役員
富士ゼロックス(中国) 社長
高橋 義明氏

富士ゼロックス(中国)の事業と技術発展を語る
「ドキュメントソリューションの時代」へ先導
「持続可能な社会」めざし環境問題を重視

 富士ゼロックスという合弁企業への関心は、中国では極めて高い。上海市主
催の国際企業フォーラムで講演した小林陽太郎会長には、「外国企業との合弁
で成功する秘訣」「ブランド確立のポイント」をはじめ、上海の企業家から熱
心な質問が相次いだ。
 富士ゼロックス(中国)社長に就任した執行役員・高橋義明氏は、技術畑の
出身で、複写機のデジタル化から、ドキュメントソリューションへの発展をリ
ードしてきた。米国留学時に、コンピュータ普及によるデジタル社会への黎明
期を体験、大きな影響を受けたという。高橋氏によれば「ドキュメントソリュ
ーションの時代」はまだ端緒についたばかりである。
 紙は中国三大発明の一つ。「文書が重視される中国こそ、ドキュメントソリ
ューションが最も普及する国」と話す高橋義明社長は、就任当初から中国全土
でのダイナミックな事業展開を打ち出している。

■今年五月、富士ゼロックス中国・社長に就任されました

昨年七月、こちらに赴任した当時は海外営業本部長という役職で、アジア太平
洋全体の販売事業を統括していました。その後、中国市場のもつ極めて大きな
可能性を考え、中国市場にフォーカスした中期計画をとりまとめて、経営トッ
プに報告しました。富士ゼロックスが全社的に中国事業の拡大を計画していた
ことから、私自身が販売事業の視点から提案したプランを自身で実行すること
になり、マーケティング・販売の拠点である富士ゼロックス(中国)・社長に
就任しました。

■富士ゼロックス(中国)の事業計画の要点は

中国には複雑な法制度や税制度があり、情報やドキュメント管理に企業の多く
が膨大なエネルギーを投入しています。私どものテクノロジーとノウハウを
利用し、この経営課題を解決していくサポートをしていきます。中国経済が高
い成長ペースを維持する一方、国内法制度は日々変化していますし、企業活動
がグローバルになることで、高いレベルでのコンプライアンス経営が求められ
るようになっています。このような企業活動を支える基盤として、私どものサ
ービス、ソリューションが有効なツールになると考えています。
富士ゼロックス(中国)のビジネスモデルの要点は、「複写機(現在、デジタ
ル複合機)というデバイスそのものは変わらなくとも、提供出来得るサービス
が全く違うレベルにまで発展している」ことにあります。
販売システムの面でも、「企業の経営課題を解決するというサービスには、ソ
リューションという形で直販するのがベストであろう」と考えました。直販を
中心にして、今までの代理店も直販に順ずるパートナーという形で、お客様へ
ダイレクトにアプローチをしていきます。
今回、中国全土で北は瀋陽から西はウルムチまでを含めて、のべ四〇回以上も
の「コンプライアンスセミナー」を開催します。ご参加いただいた方に直接、
富士ゼロックス(中国)の提供するソリューションを紹介していきます。
広大な中国全土を視野に、最初からダイナミックに活動していく計画です。

■中国で活動する企業が直面する経営課題とは

この一〇年来、各企業がイントラネットやERPなど大型コンピュータシステ
ムに投資した結果、生産性は継続的に上昇してきました。その一方、米国のエ
ンロン事件で代表される様に、数値データだけで経営をするのは果たして充分
かというポイントが焦点になってきています。
納品、入金をはじめ会計制度的な部分は紙(ドキュメント)ベースで物事が進
んでいます。しかし実際には、紙ベースで動いている業務と、会社の基幹管理
コンピュータの数字との距離が大きく離れているケースも多いのです。米国で
は、この問題を契機に「SOX法」という厳しい法律が導入され、企業が高い
コンプライアンスを求められるというのが、世界的な流れになっています。グ
ローバルに活動する中国企業はもとより、中国国内でビジネスを行なう外資系
企業にとっても、グローバルスタンダードに対応した経営が求められていると
いえます。
これらの経営課題に応えるヒントとして、われわれが提唱するのは、数字ベー
スの情報と紙ベースの情報をつなげる、ということです。生産性を上昇させて
きた基幹システム上のデータと、実務の重要な役割を果たしているドキュメン
トベースの情報がつながった結果として、経営課題解決のカギを見出すことが
出来るのではないかと考えています。
特に、中国では複雑な法制度の結果、ドキュメントベースの情報が極めて重要
な役割を果たしています。数字ベースの情報とドキュメントベースの情報がひ
とつのシステム上で結びつくことで、コンプライアンスを保証し、更なる生産
性の向上を目指すことが出来るのです。

■ドキュメントソリューションと複写機の関係について、技術発展の過程をご説明
いただけますか

複写機というOA機器がドキュメントソリューションを提供するツールになる
というのは、確かにとっぴな感じがあるかもしれません。アナログ時代には、
複写機は単に原稿の複製を作る道具でした。しかし、一五年ほど前からデジタ
ル化の波が複写機にも到来し、富士ゼロックスは他社に先駆けて複写機のデジ
タル化に取り組みました。複写機のデジタル化というのは、簡単にいうと、「
スキャナーでの読み込み、デジタル画像処理、プリンターでの出力」という一
連のプロセスにより、従来の複写機の機能を置き換えるということです。つま
り、スキャナーで原稿を読み込み、デジタルデータ化された段階から、原稿は
デジタルドキュメントとして、コンピュータに取り込むことが出来ます。情報
システム上で安全が保障された状態で管理することも可能になるのです。
複写機はアナログ時代からオフィスに根付いていますが、デジタル時代の複写
機「デジタル複合機」は、情報システムへの自由な玄関口(ポータル)という
存在へ変化したのです。

■紙の情報を電子情報に変換する技術は進んできましたが、複写機の発展系で
あるデジタル複合機だけでドキュメント管理や情報管理に寄与するソリューシ
ョンになるのでしょうか

デジタル複合機といくつかのソフトウェアをベースに、当社のノウハウやサー
ビスを組み合わせることで、ドキュメント管理のソリューションとなります。
いかにドキュメントをデジタル化していくか、デジタル化したドキュメントを
いかに情報システムの中で数字ベースのデータと結び付けていくかというとこ
ろで、富士ゼロックスのノウハウやサービスが生きてきます。玄関口(ポータ
ル)としてのデジタル複合機も重要ですが、ソフトウェアやドキュメント管理
の仕組みを作り上げる先端技術が一層重要になります。
例えば、ソフトウェアの一つとして「DocuWorks」という日本で既に一〇〇万
本以上の販売実績のあるソフトがあります。これは、コンピュータ上でドキュ
メントを操作するわずらわしさを解消することを目指し、一〇数年間の研究の
末に開発されたソフトウェアです。PC上にはエクセルやワード、パワーポイ
ントなどいろいろなアプリケーションで作成されたドキュメントや写真情報、
さらには紙のドキュメントをデジタル化したデータまで様々な形のドキュメン
トがあります。そういったドキュメントを「すべて一個の机の上で操作できる
ものがあったらいいな」という発想を実現したものです。

■中国市場で富士ゼロックス(中国)の事業活動が受け入れられる可能性は

中国企業も日系企業、欧米企業と同様に厳しい国際競争にさらされています。
お客様の経営課題に直接的にお応えし、中国の経済発展に貢献していくことが、
私どもに求められていることだと考えています。競合各社で部分的に似たよう
な技術を持っているところは少なくないと思います。
ただ、文書管理の分野で、企業競争力の強化に貢献できるようなソリューショ
ンを提供できる会社は限られています。直販の力を生かし、専門知識を持った
スペシャリストが経営者の方々に直接ソリューションを提案することで、単な
る複写機メーカーとは別の次元の価値を提供することが出来ます。直販による
ソリューションの提案力と先駆的な技術開発力により、中国のお客様のグロー
バルな事業活動に貢献することが、富士ゼロックス(中国)の成功につながる
と確信しています。

■最後に、富士ゼロックス(中国)の社会貢献活動についてご紹介ください

富士ゼロックスは、環境保護による社会貢献にとりわけ力を入れています。中
国では富士ゼロックス上海が今年一月、生産活動における「廃棄ゼロ」(廃棄
物埋め立て重量が三ヶ月連続で〇・五%以下)を達成しています。富士ゼロッ
クス深でも既に「廃棄ゼロ」を達成しており、同社の環境に対する取組みに対
して、この五月に中国国家環境保護局から「国家環境友好企業」の認証を日本
企業で初めて、広東省でも唯一授与されました。我々は日本国内だけでなく中
国でも環境保護活動に注力しています。
また、自社の活動だけでなく、中国全体の環境保護にも貢献すべく、六月に北
京で開催された環境保護局主催のフォーラムを後援する一方、当社の事例を紹
介いたしました。今後もこのような活動に積極的に関わり、中国における環境
問題および持続的な発展に関する理解の促進に貢献したいと考えています。

富士施楽(中国)有限公司/Fuji Xerox (China) Limited
設立31995年  従業員数3約1100名
住所3上海市淮海中路300号香港新世界大厦32F
郵編3200021
電話3(021)-2302-2288  FAX3(021)-2302-2081
URL3http://www.fujixerox.com.cn

※記事提供:上海漫歩創媒広告有限公司/WALKER CHINA
      【http://www.shwalker.com/
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は上海漫歩創媒広告有限公司/WALKER CHINAに帰属します。

[バックナンバーは → http://www.sdiblog.com/]

========[SDIからのお知らせ]===========================================

■ 日系中国ビジネス市場へ効果的な広告が打てる唯一のBlog媒体
「SDI 中国で働く人Blog」で効果的なPRをおこないませんか?

 ・SDI 中国で働く人Blogはコチラ → http://www.hitoblog.com
 ・お問い合わせは → contactus@strategicdi.com


■ SDI 中国企業発掘調査サービス

お客様のニーズに合致した中国企業を発掘する調査。取引先、提携先からパー
トナー企業探しなど、さまざまなケースに活用が可能です。
詳しくは →<http://www.strategicdi.com/service/research/index.html>

========[SDI 広告]====================================================

■ <<<日本と中国間でかけ放題のIP電話「VOICE AND ACCESS」>>>
     
・交換機収容で、一般電話と同じ感覚でお使い頂けます(設定一切不要)
・中国進出の日系企業への導入実績が豊富。安心してお使い頂けます。
・日本、中国の双方に技術サポート体制を構築。導入実績が豊富。
・定額料金で電話かけ放題!!携帯電話からの発信、着信も可能。
・お問い合わせ・資料請求はこちら → ojt@strategicdi.com


■ <<<オリックスが中国でのフィナンシャル戦略をバックアップ>>>

中国進出時には欠かせない設備投資等の資金調達。業暦34年超を有する現地法
人を始め、オリックスは、グループを挙げて日中両面から、お客様の金融戦略
を力強くサポートいたします。
詳しくは、こちら → http://www.orix.co.jp
お問合せは、こちら → orix@strategicdi.com


■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。
お問い合わせは、info@yamatohk.com.hk まで。
担当:小川、山本


■<<<"The Professional Network in Asia" パソナ アジア グループ紹介>>>

?パソナでは1983年の香港法人開設以来、現在アジア地域6ヶ国・地域の11
拠点をネットワークし、「パソナ アジア グループ」として、アジア市場のニ
ーズに応える人材サービスを提供しております。
・拠点一覧:香港、東京、台湾、シンガポール、タイランド、上海、広州
パソナ アジア グループ:http://www.pasona-asia.com


■ <<<ライブドアが中国でのネットプロモーションを全面的にサポート>>>
     
・中国マーケット向けHP製作、運用を行います。
・中国でのサーバーホスティング、メンテナンスを行います。
・中国マーケット向けバナー、キャンペーンページをデザインします。
・マイライスや中国の他社サイトへの広告掲載を行います。
・お問い合わせはこちら、 → livedoor@strategicdi.com


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ contactus@strategicdi.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       SDI 中国IT・ネット事情
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ・リミテッド
http://www.strategicdi.com

■ご意見・ご要望はcontactus@strategicdi.com までお願いします。

■メールマガジン配信解除は、http://www.strategicdi.com/mailmag

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、
ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを禁止
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C), 2005 Strategic Decision Initiative Ltd.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国IT・ネット事情』の記事

2011年1月13日 SDI 中国IT・ネット事情 (2011/01/13)
2010年12月9日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/12/09)
2010年11月11日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/11/11)
2010年10月14日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/10/14)
2010年9月9日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/09/09)
2010年8月12日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/08/12)
2010年6月10日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/06/10)
2010年5月18日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/05/18)
2010年4月8日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/04/08)
2010年3月9日 SDI 中国IT・ネット事情 (2010/03/09)

次の記事: 2006年中国展示会情報
前の記事: 2005年12月SDI中国ビジネス事情(上海)
バックナンバートップへ