海外市場調査・海外進出支援のSDI>メールマガジンバックナンバー中国開発区事情 > 開発区レポート【鎮江新区】 - SDI 中国最新開発区事情

メールマガジン

開発区レポート【鎮江新区】 - SDI 中国最新開発区事情

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 SDI 中国開発区事情     2005/11/09発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.strategicdi.com━━┛

>>>>>>>[SDIからのお知らせ]>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

日系中国ビジネス市場へ効果的な広告が打てる唯一のBlog媒体
「SDI 中国で働く人Blog」で効果的なPRをおこないませんか?

【「SDI 中国で働く人Blog」はコチラ → http://www.hitoblog.com
【お問い合わせはコチラ → contactus@strategicdi.com 】

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

長江を遡る経済開発区進出コストで優位の鎮江新区

第三次中国進出ブームと言われる、高水準の中国への直接投資が続いている。
特徴は投資の中心が広東だけでなく、華東地域にも集中、IT電子関連に加え、
徐々に自動車部品関連が増えつつあることだ。中国市場での販売を視野に入れ
た進出も、今回の特徴だ。 長江流域では、マツダ(南京)、日産、ホンダ(武漢)
という日本の自動車メーカーが生産ラインを構えている。メーカーの進出に応じて、
自動車部品会社の進出も活発化している。長江流域では後発とも言える鎮江
新区だが、交通要衝という地の利と、ユニークな独自の優遇政策で、日本の自動
車関連産業を対象に誘致を進めている。「東の上海」まで車で3時間、「西の南
京」まで1時間と、両市の間に位置し、長江沿いで肩を並べる三国志時代からの
大都市、鎮江新区を紹介する。

国家級と同等の優遇政策鎮江経済開発区(鎮江新区)は、正式に国家級の指定
を受けていないが、税制をはじめ優遇政策は、〇三年に江蘇省人民政府の批准
により、国家級と同等レベルが実現、イコールフィティングが確保されている。
九〇年代に入り、国家級の新規指定が凍結される一方、国家級に指定済みの長
江デルタ地域、蘇州、無錫には外国投資が集中した。鎮江市政府、江蘇省は、
外国投資の分散化、環境保護の観点から一九九八年、鎮江市の経済開発区を整
理統合、本格的な外資誘致に乗り出した。この新政策が功を奏し、鎮江新区は
現在まで、四〇億米ドルを上回る投資契約を獲得した。政府のマクロ経済調整
政策で、土地賃貸価格は、鎮江新区でも今年に入り約二〇パーセント上昇傾向、
様子見に転じた外国企業が出て、進出ペースはスローダウンしている。その上、
土地倹約のため、単位面積当りの投資密度を高める指針も、中央政府から出さ
れた。この逆風下だが、鎮江新区では、蘇州、無錫と同等の国家級優遇策が確
保され、進出にかかるトータル・コスト面での優位により、江蘇省内の獲得投
資契約では、トップレベルを確保している。

上海、南京と並ぶ「沿江」開発区電力不安なし鎮江は、長江沿いで上海、南京
に次ぐ天然の良港、「沿江」都市として知られる。忘れがちの点だが、蘇州、
無錫は、長江に面していない。一方、鎮江の岸壁は一六kmに及び、壮観な姿
を見せ、年間通じて二万五〇〇〇トン以上の船が接岸出来る。京杭大運河によ
り、黄河流域ともバージ船での南北輸送が盛んだ。鎮江新区には、長江デルタ
最大の一七〇万KW石炭火力発電所があるが、石炭は大同炭鉱から、京杭運河
で輸送される。大発電所立地による優先配電で、他地域の少なからぬ進出企業
の懸念する様な、電力確保の心配はない。鎮江では、「資材価格が上海より全
体的に三割安い、建設コストが低い」と言われる理由も、東西南北の交通要衝
であるからだ。中国国内での販売を重視する企業進出が増えている現在、交通
要衝としての鎮江新区は、優位性が高まっている。

自動車部品産業が集中立地急ピッチの増資も中国の自動車産業は、生産台数が
〇三には四〇〇万台を超え、世界第四位となり、一〇年には七〇〇万台と、急
ピッチでの生産拡大が予想されている。自動車生産工場の増加で、鎮江は、東
に上海のVW、GMの大生産工場、西は南京のマツダ、武漢の日産、ホンダ、
重慶のスズキ、鄭州日産をはじめ、自動車生産基地に囲まれた格好だ。部品産
業が、鎮江の優位性に注目し始めたのは、自動車生産工場の増加につれてのこ
とだ。日本最大の総合油圧機器メーカーKYB(カヤバ工業)は、鎮江新区で
自動車用ショックアブソーバー用工場を今年四月から操業開始したが、既に主
力商品である油圧機器生産のため、二期工事を開始、バイク用のため、三期工
事をも計画している。カヤバ工業と取引のある中小企業でも、鎮江進出が始ま
った。レンタル工場での操業開始を決めた中小企業もある。自動車用カーボン
ブラシの日本トライスも九九年に設立後、〇一年八月に六〇〇万米ドル増資し
た。他に、フィアット系列、米系の自動車部品会社も進出している。

ファインケミカル分野も好条件自動車部品は、ファインケミカル製品と関連が
深く、鎮江新区は化学工業専用バースが三つあるうえ、排水処理でも有利だ。
「化学関連企業の進出が、蘇州、無錫では極めて難しいというのが現状。湖水
地方の蘇州、無錫では、汚水が太湖に流れ込み、環境保全が緊急課題で、化学
分野での新規立地は難しい。一方、長江沿岸の鎮江では可能」(管理委員会)
と、自信をみせる。三菱化学が一〇%出資する、台湾系の鎮江奇美化工は、一
九九八年に三〇〇〇万米ドルの投資で出発したが、現在は二億ドル近くまで、
やはり増資が続いている。 

自動車関連、人材育成に重点置く江蘇大学鎮江市は、建国当初、自動車生産の
全国重点都市に選ばれていたが、後に武漢市へと重点都市が移った。その中で
も、部品産業と大学での人材育成は続いてきた。江蘇大学には、「自動車学院」
という専門の教育機関が設置され、新しい施設が次々整備されている。KY
B(カヤバ工業)現地法人の董事・総経理、西脇氏は、同大学で行われた市政
府主催の自動車関連企業・投資説明会で進出企業を代表し、「鎮江新区では、
優秀な人材が確保できる。トータル・コストも低い。管理委員会は、営業許可
書のための複雑な申請を、全面サポートしてくれる。全てスムーズに事が運ぶ。
鎮江への進出は正解だった」と説明した。中小企業にも親身でサービス進出企
業支える幹部スタッフ当誌のインタビューで、新区管理委員会の責任者、羅洪
明主任は、安定成長確保と、農業重視、エネルギー効率の向上が全国重点課題
だが、外国企業誘致が経済向上の鍵となるのは変わらない。企業規模に関係な
く、親身なサービスを、心がけている」と、述べた。誘致最前線の大阪代表事
務所、基所長は、「今後五年間、日本からの進出は続くと考えます。十月には、
日本全国、九ヶ所で投資説明会を行いました」と、流暢な日本語を披露する。
現地、鎮江新区招商一局日韓部では、徐項目経理が日本企業の窓口となる。京
都に留学していた徐氏は、「鎮江市の財政収入の半分を新区が占める。鎮江市
発展の鍵」と、意気込みを示す。二〇〇三年十二月から、世界標準の競争力を
備えた、中国で二九番目となる輸出加工区(EPZ)も利用可能となった。鎮
江市民の持つホスピタリティーと合わせて、静かながらも注目を集めつつある
のが鎮江新区だ。

お問合せ先鎮江新区招商局 日韓部
住所:江蘇省鎮江市大港港口路8号
電話0511-3376827 Fax 0511-3372275
www.zhenjiang-new-area.org
E-mail: webmaster@zhengjiang-new-area.org

大阪事務所住所:大阪市住之江区南港北2-1-10
アジア太平洋トレードセンターIMT棟 5階J-2
電話06-66155615 Fax 06-66155615
E-mail: jhm_twc@yahoo.co.jp


※記事提供:上海漫歩創媒広告有限公司/WALKER CHINA
      【http://www.shwalker.com/
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は上海漫歩創媒広告有限公司/WALKER CHINAに帰属します。

[バックナンバーは → http://www.sdiblog.com/]

========[SDIからのお知らせ]===========================================

■ SDIの中国調査レポート

SDIでは、中国ビジネスに欠かせない様々なレポートをご提供していきます。
産業レポート、市場レポートや実践マニュアルまで取り揃えております。
 ・お問い合わせは → contactus@strategicdi.com


■ SDI 中国企業発掘調査サービス

お客様のニーズに合致した中国企業を発掘する調査。取引先、提携先からパー
トナー企業探しなど、さまざまなケースに活用が可能です。
詳しくは →<http://www.strategicdi.com/service/research/index.html>

========[SDI 広告]====================================================

■ <<<日本と中国間でかけ放題のIP電話「VOICE AND ACCESS」>>>
     
・交換機収容で、一般電話と同じ感覚でお使い頂けます(設定一切不要)
・中国進出の日系企業への導入実績が豊富。安心してお使い頂けます。
・日本、中国の双方に技術サポート体制を構築。導入実績が豊富。
・定額料金で電話かけ放題!!携帯電話からの発信、着信も可能。
・お問い合わせ・資料請求はこちら → ojt@strategicdi.com


■ <<<オリックスが中国でのフィナンシャル戦略をバックアップ>>>

中国進出時には欠かせない設備投資等の資金調達。業暦34年超を有する現地法
人を始め、オリックスは、グループを挙げて日中両面から、お客様の金融戦略
を力強くサポートいたします。
詳しくは、こちら → http://www.orix.co.jp
お問合せは、こちら → orix@strategicdi.com


■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。
お問い合わせは、info@yamatohk.com.hk まで。
担当:小川、山本


■<<<"The Professional Network in Asia" パソナ アジア グループ紹介>>>

?パソナでは1983年の香港法人開設以来、現在アジア地域6ヶ国・地域の11
拠点をネットワークし、「パソナ アジア グループ」として、アジア市場のニ
ーズに応える人材サービスを提供しております。
・拠点一覧:香港、東京、台湾、シンガポール、タイランド、上海、広州
パソナ アジア グループ:http://www.pasona-asia.com


■ <<<ライブドアが中国でのネットプロモーションを全面的にサポート>>>
     
・中国マーケット向けHP製作、運用を行います。
・中国でのサーバーホスティング、メンテナンスを行います。
・中国マーケット向けバナー、キャンペーンページをデザインします。
・マイライスや中国の他社サイトへの広告掲載を行います。
・お問い合わせはこちら、 → livedoor@strategicdi.com


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ contactus@strategicdi.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   SDI 中国開発区事情
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ・リミテッド
http://www.strategicdi.com

■ご意見・ご要望はcontactus@strategicdi.com までお願いします。

■メールマガジン配信解除は、http://www.strategicdi.com/mailmag

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリスト、
ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載することを禁止
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C), 2005 Strategic Decision Initiative Ltd.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国開発区事情』の記事

開発区レポート【昆山経済技術開発区】 - SDI 中国最新開発区事情 (2006/02/08)
開発区レポート【江蘇省常熟東南経済開発区】 - SDI 中国最新開発区事情 (2006/01/11)
開発区レポート【鎮江新区】 - SDI 中国最新開発区事情 (2005/11/09)
開発区レポート【嘉興経済技術開発区】 - SDI 中国最新開発区事情 (2005/10/12)
開発区レポート【日本工業村】 - SDI 中国最新開発区事情 (2005/09/14)
開発区レポート【蘇州国家高新技術産業開発区】 - SDI 中国最新開発区事情 (2005/07/13)
開発区レポート【昆山高科技工業園】 - SDI 中国最新開発区事情 (2005/06/15)
開発区レポート【常州国家高新技術産業開発区】 - SDI 中国最新開発区事情 (2005/05/18)
開発区レポート【無錫華友工業園】 - SDI 中国最新開発区事情 (2005/04/13)
開発区レポート【澄江工業団地】 - SDI 中国最新開発区事情 (2005/03/16)

次の記事: 2005年11月SDI 中国ビジネス事情(蘇州・無錫篇)
前の記事: 2005年11月中国入札情報 -SDI 中国入札情報
バックナンバートップへ