メールマガジン

2005年10月SDI中国ビジネス事情(上海)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         SDI 中国ビジネス事情(上海篇)    2005/10/25発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.strategicdi.com

>>>>>>>[SDIからのお知らせ]>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

日系中国ビジネス市場へ効果的な広告が打てる唯一のBlog媒体
「SDI 中国で働く人Blog」で効果的なPRをおこないませんか?

【「SDI 中国で働く人Blog」はコチラ → http://www.hitoblog.com
【お問い合わせはコチラ → contactus@strategicdi.com 】

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

【企業レポート】

・クラウンワールドワイド Crown Worldwide

クラウンワールドワイド会長 ジム・トンプソン・シニア氏

たった1000ドルを元手に異国の地で起業/今や43カ国を舞台に事業展開
忘れぬ創業時の情熱、総合ロジスティック分野へも着々と布石

1965年、一人のアメリカ青年によって横浜に誕生したユニークな運送会社は、
いまや43カ国にネットワークをもつ国際運送会社へと成長している。その名は
クラウンワールドワイドグループ。創業者であるジム・トンプソン・シニア氏
(現グループ会長)は当時25歳。たった1000ドルの資金を元手にスタートした
のだった。
そして創業40周年を迎えた今年、同グループは中国大陸の物流ロジスティック
ス分野へとさらなる事業拡大に向けて大きな一歩を踏み出した。激動する中国
でのビジネスチャンスをつかむべく新たな挑戦を始めたジム・トンプソン・シ
ニア会長。60歳半ばとなる彼の瞳は、青年事業家としてビジネスの大海に乗り
出した頃と同じ輝きに満ちている。


■今後の中国でのビジネス展開をお聞かせください。

弊社は一九八〇年頃より、合弁もしくは駐在員事務所を通じて中国国内一〇拠
点のネットワークを中心にして引越し関連事業をおこなってきましたが、独資
による独自オペレーションを展開しようという二〇年越しの悲願がこの度、実
現することとなりました。
中国のWTO加盟後、大陸と香港両地区の間でCEPAと称する協定が調印さ
れ、一定のビジネス実績のある香港企業が運輸分野において独資会社を中国大
陸にて設立することが許可されることとなったのです。これを受けて、香港で
上場していた弊社グループ傘下の企業、クラウンリロケーションズとクラウン
Eフォースは、中国大陸において独資でビジネスを展開することが認められる
ようになりました。

クラウンEフォースは上海市の金橋地区において三万平米のロジスティックセ
ンターを建築中であり、ドイツ大手の卸売り会社や米国大手のファーストフー
ド店などの商品、原材料のロジスティックスサービスを提供することの最終交
渉をしているところです。
また、既に引越し事業では、綏徳路に九〇〇〇平米の自社倉庫兼オフィスを竣
工いたしましたが、物流センターが併設されることとなっており、独自オペレ
ーションによる包括的な運輸関連サービスを行いたいというかねてからの夢が
実現しつつあります。弊社香港のお客様である高級ファッション会社であるデ
ィオール、アルマーニ、上海灘(Shanghai Tan)などの物流をまず引き受けて
いきたいと考えております。

北京においても現在政府と交渉中ですが、BDA(Business District Area)
と呼ばれる大企業が集中して事務所を開いているビジネスエリアにロジスティ
ックセンターの建設を計画しています。広州も同様に物件交渉をしているとこ
ろです。
これらロジスティックセンターはハードも重要なのですが、それにもまして、
コンピューターシステムを含むソフトの部分が大変大切であり、ご利用いただ
ける企業のロジスティックスという大変重要な分野においての高度なニーズに
十分満足いただけるよう、投資に力を注いでいます。


■エネルギー分野、流通分野においても商談されているとうかがったのですが。

中国においては現在エネルギーの安全確保が経済の安定成長を維持するための
ナショナル・セキュリティーといえるほどにまで重要となっております。
弊社は中国における、欧米・日本の石油、ガス会社とさまざまなエネルギー開
発プロジェクトについて物流の観点からアドバイスをさせていただいておりま
すが、掘削や補修のための機械、パーツの安定供給、保管体制などにおけるご
相談についてもお手伝いできるものと思います。

中国は現在世界の工場とも言われておりますが、確かに世界各国の流通大手が
中国から調達する金額は莫大なものです。
小売り業界の世界最大手であるウォルマートの年間の購買額は一五〇億ドルに
達すると言われておりますが、この金額は中国のGDPの一ないし二パーセン
トを占めるほど巨大なものです。このほか、カルフール(仏)、メトロ(独)、
Kマート(米)、ターゲット(米)なども中国にとっては巨大なバイヤーです。
これらの企業のうちのいくつかは中国国内でも積極的な店舗展開を行っており、
ロジシステムの構築が急がれております。
これらの認識のもと、弊社が本格的な中国ビジネスのスタート台につくことが
できたことをうれしく思います。いくつかの流通大手企業とはビジネスのお話
もさせていただいております。


■中国市場はクラウンワールドワイドグループにとってどんな位置づけになり
ますか。

わたしどものワールドワイドHQは香港にあります。世界四三カ国にわたって
オペレーションを行っておりますが、戦略的に一番重視しているのは中国大陸
におけるビジネスです。
私どもの会社は日本で生まれ、一九七〇年に香港に本部を移し、その後、世界
へと事業を拡大してきました。その間、中国経済は市場経済への転換を急速に
進めるなか、高い成長率を保ちつつ莫大な富を蓄積してきました。今後二〇〇
八年のオリンピック、二〇一〇年の万博と世界的なイベントの開催が続きます
ので、私どもが行うすべてのビジネス「(1)ロジスティックス分野、(2)
引越し分野、(3)文書保管分野」において高い成長率が期待できるとみてお
ります。
特に、中国市場とともに私どものロジスティックス分野における収入シェアは
広がっていくと思います。「世界の工場」において、メーカー向けのロジステ
ィックスには無限のビジネスチャンスが広がっているからです。一方、消費市
場の急成長に伴う貿易額の増加を見ても、流通分野における貨物量についても
今後大きな伸びが期待されるといえます。


■海外引越しビジネスについてはいかがでしょうか。

弊社の核となるビジネス分野であります海外引越しビジネスにおいても、対中
国ビジネスは三〇%以上の成長をしております。これは、中国経済の成長とと
もに大都市の社会的インフラ(例えば、医療、学校、ショッピング施設など)
が充実してきたこととも関係しております。
高いクオリティーをもった私どものサービスはお客様から支持をいただいてお
り、他の業種と同じように、引越しビジネスにあっても市場において勝ち残る
ためには高品質のサービスが不可欠です。
クラウンのパリ支社では、高い技術を持つ美術品輸送部門の専門スタッフがお
り、最近、パリのルーブル美術館にあるモナリザの絵を新しい額に入れ替える
ための移送を委託されました。私が学生のときに鑑賞した世界的な名画を、私
どもの手で運ぶことができたということに対し、非常に感慨深い思いです。
私どものサービスは永遠に終わりというものがありません。たしかな社員教育、
サービス管理を通して、お客様に信頼していただけるサービスを提供していく
ために、たゆまぬ努力と挑戦をつづけていかなければなりません。


■創業時を振り返られたとき、どんなビジョンをお持ちだったのでしょうか。

私が日本で創業したときは、極端な話、一週間後どうするか、一カ月後どうす
るかといった短いスパンで考えなければ生きていけない状況でした。ビジョン
というのは正直いってありませんでした(笑)。
かつては一〇〇万ドルをつくるのに五年かかりました。現在はひとつの契約が
一〇〇万ドルというものも珍しくはありません。私どもは一九六五年に創業し
ましたので今年で四〇周年です。私はアメリカ、日本、中国、東南アジア諸国
といったようにそれぞれの国でそれぞれの人たちが異なった文化で暮らす中で
ビジネスをしてきました。現在は世界四三カ国でビジネスをしておりますが、
現在のビジョンをと聞かれたときにビジネスのチャンスは際限なく広がってい
るというふうにいえると思います。


■日本ビジネスの展開についてお聞かせ願えますか。

私どもは日本とのビジネスも積極的に展開したいと考えております。特に日本
人や日本語を話せる社員をもっと多く雇用するとともに、私どもの四〇年の歴
史をもつ日本オフィスの日本人社員が積極的に関わっていくようにしたいと思
います。
高い品質のサービスを常に提供すること、会社の信用を大切にすることは日本
で学んだもっとも重要なことであり、今も変わらない弊社の経営ポリシーの一
つとなっております。

私はクラウンワールドワイドがDHL社のようにもっともっと世界的なネット
ワークをはりめぐらし、さらに全世界のお客様から愛されるような会社になっ
ていけたらと願っています。
しかしながら、急激に発展するよりもコントロールのとれた成長が好ましいと
思います。イソップの童話「ウサギと亀」ではありませんが、ゆっくりゆっく
り休まずに歩み続け、最後はウサギに勝ってしまう、そんな亀の生き方が好き
です。クラウンワールドワイドの本体が上場会社ではなくプライベート会社な
のは、株主に左右されることなく、自分達のペースで会社を成長させていくこ
とができるからです。


クラウンワールドワイド Crown Worldwide
中国拠点3嘉栢(中国)国際貨運代理有限公司
上海市綏徳路729弄75支弄59号 ZIP 200331
TEL:(86)21-6250-8820 FAX:(86)21-6250-8978
日本拠点3東京都港区三田三丁目11-36 三田日東ダイビル1F
TEL:03-5427-6080 FAX:03-5427-6088
URL:http://www.crownrelo.com(日文 http://www.crownrelo.co.jp


※記事提供:上海漫歩創媒広告有限公司/WALKER CHINA
      【http://www.shwalker.com/】
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は上海漫歩創媒広告有限公司/WALKER CHINAに帰属します。

[バックナンバーは → http://www.sdiblog.com/]

========[SDIからのお知らせ]===========================================

■ SDIの中国調査レポート

SDIでは、中国ビジネスに欠かせない様々なレポートをご提供していきます。
産業レポート、市場レポートや実践マニュアルまで取り揃えております。
・お問い合わせは → 


■ SDI 中国企業発掘調査サービス

お客様のニーズに合致した中国企業を発掘する調査。取引先、提携先からパー
トナー企業探しなど、さまざまなケースに活用が可能です。
詳しくは →<http://www.strategicdi.com/service/research/index.html>

========[SDI 広告]====================================================

■ <<<日本と中国間でかけ放題のIP電話「VOICE AND ACCESS」>>>
     
・交換機収容で、一般電話と同じ感覚でお使い頂けます(設定一切不要)
・中国進出の日系企業への導入実績が豊富。安心してお使い頂けます。
・日本、中国の双方に技術サポート体制を構築。導入実績が豊富。
・定額料金で電話かけ放題!!携帯電話からの発信、着信も可能。
・お問い合わせ・資料請求はこちら → ojt@strategicdi.com


■ <<<オリックスが中国でのフィナンシャル戦略をバックアップ>>>

中国進出時には欠かせない設備投資等の資金調達。業暦34年超を有する現地法
人を始め、オリックスは、グループを挙げて日中両面から、お客様の金融戦略
を力強くサポートいたします。
詳しくは、こちら → http://www.orix.co.jp
お問合せは、こちら → orix@strategicdi.com


■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。
お問い合わせは、info@yamatohk.com.hk まで。
担当:小川、山本


■<<<"The Professional Network in Asia" パソナ アジア グループ紹介>>>

?パソナでは1983年の香港法人開設以来、現在アジア地域6ヶ国・地域の11
拠点をネットワークし、「パソナ アジア グループ」として、アジア市場のニ
ーズに応える人材サービスを提供しております。
・拠点一覧:香港、東京、台湾、シンガポール、タイランド、上海、広州
パソナ アジア グループ:http://www.pasona-asia.com


■ <<<ライブドアが中国でのネットプロモーションを全面的にサポート>>>
     
・中国マーケット向けHP製作、運用を行います。
・中国でのサーバーホスティング、メンテナンスを行います。
・中国マーケット向けバナー、キャンペーンページをデザインします。
・マイライスや中国の他社サイトへの広告掲載を行います。
・お問い合わせはこちら、 → livedoor@strategicdi.com


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ contents@strategicdi.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         SDI 中国ビジネス事情(上海篇)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ・リミテッド
http://www.strategicdi.com

■ご意見・ご要望・おたよりは、 info@strategicdi.com までお願いします。

■メールマガジン配信解除は、http://www.strategicdi.com/mailmag

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリス
ト、ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載すること
 を禁止します。

ご意見・ご感想は contents@strategicdi.com までお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C), 2005 Strategic Decision Initiative Ltd.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国ビジネス事情(上海篇)』の記事

2011年4月12日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/04/12)
2011年3月8日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/03/08)
2011年2月8日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/02/08)
2011年1月11日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2011/01/11)
2010年12月7日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/12/07)
2010年11月9日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/11/09)
2010年10月7日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/10/07)
2010年9月7日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/09/07)
2010年8月10日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/08/10)
2010年7月8日 SDI 中国ビジネス事情(上海篇) (2010/07/08)

次の記事: 2005年10月SDI 中国IT・ネット事情
前の記事: 2005年10月19日中国政経NEWS - SDI 中国政経NEWS
バックナンバートップへ