メールマガジン

2005年7月SDI 中国フランチャイズ事情

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           SDI 中国フランチャイズ事情
       2005/7/29発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.strategicdi.com

【大型店舗をチェーン展開「読む」書店で業界に新旋風】
--読者の魅力堪能できる空間創造--


中国の書店といえば、座り込んで読書にふける客の姿があちこちで見られ、ど
こか「国営」の雰囲気を漂わせる??。「思考楽(Scholar)」はこれらのイメ
ージを根底から覆す、中国でこれまでになかった新しい書店だ。一歩店内に足
を踏み入れると、広々とした空間に流れる雰囲気は書店であることを忘れさせ
る。まるで図書館とカフェを一緒にしたような快適な店内は、本好きならば何
度でも足を運びたくなるような店だ。

「思考楽」は現在、上海に4店舗と北京に1店舗を開設。チェーン店による全国
展開を進める。民間経営による巨大店舗や24時間営業店など、書店業界では一
見奇抜とも取れる事業展開の裏には、カナダ帰りの何根祥総経理の綿密で合理
的な経営戦略がある。外資参入により激しさを増す中国の図書小売市場で、「
思考楽」が旋風を巻き起こす。


■カナダに長くおられたようですが、帰国の決意にいたる経緯をお聞かせ下さ
い私は一九八七年にカナダに渡り、帰国したのが二〇〇一年ですから、約一五
年間をカナダで過ごしたことになります。帰国して起業するきっかけとなった
のは、同年一〇月に南京で開催された「第六回世界華商大会」に参加したこと
でした。当時の朱鎔基首相が、海外にいる華僑や留学生に対して、大々的に帰
国を呼びかけ、これに強い感銘を受けました。WTO加盟を目前に控えた中国
に大きな期待を膨らませ、カナダに戻ってすぐに帰国の準備に取り掛かったの
を覚えています。

■どうしてこの事業を始めようとお考えになったのですか私はもともと大の本
好きで、出版関連の仕事に携ってきました。カナダに渡ってからも、時間さえ
あれば本屋に足を運び、いろいろな書籍を手にしては読んでいたものです。中
でも、当地の最大手書店チェーン「Chapters」がお気に入りでした。「
Chapters」は広大な売場スペースで、店内にはカフェがあり、座ってゆっくり
と本を読めるコーナーもあります。広々とした空間に並べられた本に囲まれて、
くつろげる雰囲気は、カナダにいる私にとって最も居心地のいい場所のひとつ
でした。私の故郷である上海にも、「Chapters」と同じような書店があればど
んなにいいだろう、是非ともあの空間を中国で再現したいと思ったことが、こ
の事業を始める大きな動機となっています。「思考楽(Scholar)」は、「
Chapters」のイメージをもとに、中国風にアレンジした書店です。これまでの
中国になかった全く新しい概念を取り込んだ書店といえます。

■現在の展開状況をお聞かせ下さい現在、「思考楽」は上海に四店舗、北京に
一店舗を開設しています。いずれも大型店で、旗鑑店として〇二年三月にオー
プンさせた徐家匯の美羅店は、売場面積六五〇〇平方米、店内には一〇万冊の
書籍を陳列しています。ワンフロアの売場面積で上海最大の書店です。現在、
中国で一年間に刊行される書籍の数は約一九万冊と言われています。当社は輸
入書籍を含め、全店で一二万余種の書籍を扱っておりますので、その量は年間
刊行数の約三分の二に達していることになります。当店では、書籍を購入して
いただいたお客様に会員カードを発行しており、現在の会員数はすでに三五万
人に上っています。当店の新しいコンセプトがすでに広範に受け入れられたも
のとして大いに喜んでいます。

■民間企業として、これだけ大規模な店舗を経営するとなりますと、会社設立
で苦労されたことも多いのではないですか当社は、国営の上海世紀出版集団と
の折半出資により、〇一年一二月に上海世紀索克図書有限公司の社名で設立し
ました。当時、民間では大規模な書店経営の前例がありませんでしたので、や
はりライセンスの獲得には苦労しました。そこで、合弁という形でようやく実
現することができたのです。世紀出版は、WTO加盟後の中国出版業界におけ
る改革開放のモデル企業であったため、政策の優遇を受けられるという狙いも
ありました。また、世紀出版の前身は、私が以前に勤めていた上海人民出版社
であったことも合弁をスムーズに進めることができた要因でもあります。〇三
年七月には、一〇〇%の民間資本企業として現社名に変更し、現在では、書籍
の卸販売の営業ライセンスも獲得しています。

■今後の具体的な事業計画をお聞かせください目先の目標であった北京進出は、
今年九月に王府井店をオープンさせて達成しました。〇六年までの経営目標は、
上海で八店舗、全国の一〇都市でチェーン店を開設することです。すでに来年
の開店に向けて、湖南省長沙市、遼寧省大連市、四川省成都市での準備を進め
ています。当社では、すでに全国展開を視野に入れた、自社配送センターなど
の物流管理システムも構築しています。上海市内での展開は、今年三月に正大
広場の三階にオープンしたような大型百貨店へのテナント入居が中心となる予
定です。私どものような広大な店舗面積でのチェーン展開において、賃貸料は
大きな負担になります。その点で、百貨店との提携はリスク軽減の安定的な経
営モデルといえます。また、浦東店は上海で唯一の二四時間営業の書店です。
このような画期的な戦略として、今後は児童書専門店や女性を対象とした専門
書店も計画中です。

■外資系独資企業の設立も開放を迎え、中国の書店業界への外資参入はさらに
加速することが予想されます。今後の展開で、特に重視されていることは何で
すかやはり、数十万人いる会員のデータリソースをいかに有効活用していくか
が、今後の展開において最大のポイントになると考えています。例えば、先ほ
ど述べた女性専門店は、女性会員の比率が半数を超えるというデータに基づい
てのものです。その他にも、会員ネットワークを利用した直販も計画のひとつ
です。現在、当店の会員カードはポイント加算制による優遇サービスを展開し
ています。一〇元で一ポイント加算され、一年で六〇ポイント貯まれば、全商
品一〇%オフの特典がつくエリートカードに昇格できます。

エリート会員は、会員総数三五万人の中で、七万人に上ります。これら会員は、
ホワイトカラー層の高所得者が集中していることもデータによって明らかにな
っています。さらに、中国銀行と提携したクレジットカードも発行しており、
各カードで割引サービスを享受できる特約店との展開も拡大中です。当社は、
国際レベルの書店チェーン企業を目指しています。外資参入によって、競争は
厳しくなりますが、その中で「思考楽」を国際ブランドに押し上げることが目
標です。

■最後になりましたが、読者の皆様にメッセージをお願いします当社はシンガ
ポールの企業と提携して、図書貿易事業など海外進出も計画しています。今後、
日系企業のいい提携相手が見つかれば、日本で「思考楽」が開店する可能性も
ないとは言えません。「思考楽」は、英語で学者を意味する「scholar」から
きたものです。中国語では、「思考」と「快楽」をもじってつけました。当店
にお越しいただいた人に、読書の醍醐味を味わってもらえるようなサービス、
環境作りを目指しています。当店にぜひ一度ご来店下さい。


【上海思考楽図書有限公司】

設立 2001年12月
従業員数 232人
上海市中華路185号 東業大廈3楼
TEL:021-63306330
FAX:021-63305377
URL:www.scholarbook.com

【何根祥 総経理略歴】

1949年12月、上海市生まれ。
1980年から上海人民出版社・編集部勤務。主要著書、翻訳書に『現代管理者』、
『現代管理学』など。1987年カナダに留学、後に加中21世紀発展研究中心の研
究員。1991年からトロント・ロイヤル印刷出版公司総裁、加華報業有限公司総
経理などを歴任。2000年には主編『加中経貿与投資』を中国、カナダで同時出
版。2001年末に帰国後、起業。現在、上海索克起業発展有限公司、上海思考楽
図書有限公司の執行董事、総経理。上海師範大学教授、中華全国工商聯書業商
会副会長なども兼任する。


※記事提供:上海漫歩創媒広告有限公司/WALKER CHINA
      【http://www.shwalker.com/
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は上海漫歩創媒広告有限公司/WALKER CHINAに帰属します。

[バックナンバーは → http://www.sdiblog.com/]

========[SDIからのお知らせ]===========================================

■ SDI中国企業調査

中国企業信用調査が、38,000円(税込)。基本調査なら、15,800円。香港・台
湾も調査可能。
詳しくは
→ <http://www.strategicdi.com/service/research/company_credit.html>


■ SDI 中国企業発掘調査

お客様のニーズに合致した中国企業を発掘する調査。取引先、提携先からパー
トナー企業探しなど、さまざまなケースに活用が可能です。
詳しくは →<http://www.strategicdi.com/service/research/index.html>

========[SDI 広告]====================================================

■ <<<日本と中国間でかけ放題のIP電話「VOICE AND ACCESS」>>>
     
・交換機収容で、一般電話と同じ感覚でお使い頂けます(設定一切不要)
・中国進出の日系企業への導入実績が豊富。安心してお使い頂けます。
・日本、中国の双方に技術サポート体制を構築。導入実績が豊富。
・定額料金で電話かけ放題!!携帯電話からの発信、着信も可能。
・お問い合わせ・資料請求はこちら → ojt@strategicdi.com


■<<<たった8万円で50000人以上にPR!!中国広州展示会>>>

広州トヨタの稼動で注目を浴びる広州で中国最大級の国際見本市が開催!
金型メーカー/生産財メーカー/製造メーカー/素材メーカー等々が集まる
第四回アジア国際金型製造技術展覧会(Mould&Die Asia2005 )
詳しい情報はこちらまで→http://jp.ip-mall21.com/mould-die2005/


■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。
お問い合わせは、info@yamatohk.com.hk まで。
担当:小川、山本


■<<<"The Professional Network in Asia" パソナ アジア グループ紹介>>>

?パソナでは1983年の香港法人開設以来、現在アジア地域6ヶ国・地域の11
拠点をネットワークし、「パソナ アジア グループ」として、アジア市場のニ
ーズに応える人材サービスを提供しております。
・拠点一覧:香港、東京、台湾、シンガポール、タイランド、上海、広州
パソナ アジア グループ:http://www.pasona-asia.com


■<<早い!安い!日刊ビズチャイナ 中国ビジネスニュース配信 ・サイト>>
     
・毎日厳選された中国ビジネスニュースを約20本Eメールにて配信
・過去の記事をウエッブサイト上で検索可能
・毎週末、法律、会計などの専門家の記事と一週間の出来事をメール配信
・無料トライアル実施中! ご登録は→ http://www.bizchina.info


■<<<中国にて発行の日本語ビジネス情報誌のご案内 http://86ch.net/>>>

ウォーカーチャイナ(2002年8月創刊)毎月の特集、トップインタビュー、注
目ビジネス、注目企業紹介、専門家(会計士、コンサルタント、弁護士)アド
バイス、ビジネスイベントスケジュールなどが含まれています。
スーパーシティチャイナ(2005年1月創刊)ビジネスの話題に特化したビジネ
ス情報誌。中国ビジネスのトレンドチェックには不可欠です。


■ <<<ライブドアが中国でのネットプロモーションを全面的にサポート>>>
     
・中国マーケット向けHP製作、運用を行います。
・中国でのサーバーホスティング、メンテナンスを行います。
・中国マーケット向けバナー、キャンペーンページをデザインします。
・マイライスや中国の他社サイトへの広告掲載を行います。
・お問い合わせはこちら、 → livedoor@strategicdi.com


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくはお問い合わせください→ contents@strategicdi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            SDI 中国フランチャイズ事情
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ・リミテッド
http://www.strategicdi.com

■ご意見・ご要望・おたよりは、 info@strategicdi.com までお願いします。

■メールマガジン配信解除は、http://www.strategicdi.com/mailmag

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリス
ト、ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載すること
 を禁止します。

ご意見・ご感想は contents@strategicdi.com までお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C), 2005 Strategic Decision Initiative Ltd.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国フランチャイズ事情』の記事

2005年11月SDI 中国フランチャイズ事情 (2005/11/14)
2005年10月SDI 中国フランチャイズ事情 (2005/10/18)
2005年7月SDI 中国フランチャイズ事情 (2005/07/29)

次の記事: 2005年8月10日中国政経NEWS - SDI 中国政経NEWS
前の記事: 2005年7月SDI 中国進出企業速報
バックナンバートップへ