海外市場調査・海外進出支援のSDI>メールマガジンバックナンバー中国政経NEWS > 2005年2月9日中国政経NEWS - SDI 中国政経NEWS

メールマガジン

2005年2月9日中国政経NEWS - SDI 中国政経NEWS

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 - SDI中国情報メールマガジン / SDI 中国政経NEWS - (2005/2/9発信)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=== [SDI サービス案内] ===============================================

●最強の中国調査
 企業調査、起業発掘調査、中国開発区調査、中国法規制調査、
 中国市場調査、中国知財調査と他にはないラインアップをご用意!!
 【http://www.strategicdi.com

●中国進出の包括支援コンソーシアム「SDI ALLIANCE」
「SDI アライアンス」 は、広大な中国で、現地密着型のサポートを提供で
きる日系コンサルティング会社を中心に、日系の人材派遣会社、運送会社等
の各業界の優良企業で構成された中国進出の包括支援コンソーシアムです。
進出だけでなく、最も重要な進出後までをトータルでサポートできる体制を
構築し、お客様が安心して中国ビジネスを行っていただける環境つくりを
お手伝いしたします。
 詳細ははこちら → 【http://www.strategicdi.com/sdialliance

●国際ビジネスの最前線、SDIで働きませんか?
 現在SDIでは、スタッフ、インターンシップを募集しております。
詳細はこちら →【http://www.strategicdi.com/recruit.html

======================================================================

------------------------[SDI 中国政経NEWS]----------------------------

[ 1 ] 火曜特集 中国企業が40億元を投じて北朝鮮の鉄鉱開発に進出
  (鉄鋼・金属・非鉄金属,経済焦点 / 中国全般)

中国企業の北朝鮮投資が2回目のブームを迎えている。浙江商人の日用消費財
貿易への投資とは異なり、重工業への進出が相次いでいる。北朝鮮の豊富な鉱
物資源や低コストの人件費が背景にある。北京華華友聯文化交流公司の田海瑞
企画部長は、「武漢鋼鉄が北朝鮮の茂山鉄鉱開発に意欲を示している」と述べ
ている。武漢鋼鉄のほか、五鉱集団や吉林省の鋼鉄企業も茂山鉄鉱の開発につ
いて北朝鮮当局との交渉を進めている。

----------------------------------------------------------------------

[ 2 ] 中国人民銀行の周小川行長「直ちに為替政策を変更することはない」
  (社会・一般経済,金融・保険 / 中国全般)

《国家情報センター=ChinaWave》7ヵ国財務相・中央銀行総裁会議
(G7)各国と中国の金人慶財政部長(財務相)、中国人民銀行(中央銀行)
の周小川行長(総裁)との間では5日、為替レートの柔軟性について意見交換
が行われ、G7と中国との間で世界経済の課題に対する理解をいっそう共有す
るには「会合は実効的な方法である」といったことに合意した。会談の開催直
前に周小川総裁は記者団に対し、「為替メカニズムの改善について検討を進め
ている」と述べるとともに、資本規制を緩和し、最終的には資本移動の自由化
を実現するとの見解を示した。ただ「中国は直ちに為替政策を変更することは
ない」と言明した。また、周小川総裁は為替メカニズムについて、過去約1年
間に国内の金融システム改革などの「準備作業に実質的進展があった」と述べ、
改革に向けた準備が進んでいるとの認識を示した。一方で経済改革に合わせて
為替制度改革を進めていく方針を強調した。改革の前提として、(1)マクロ
経済環境の安定と健全な金融システムの構築、(2)人民元相場が合理的かつ
バランスの取れた水準で基本的に安定すること、(3)周辺アジア各国や世界
経済への影響への配慮--の3点を挙げた。

----------------------------------------------------------------------

[ 3 ] 昨年の経常黒字は約200億米ドル
  (社会・一般経済 / 中国全般)

《国家情報センター=ChinaWave》中国人民銀行(中央銀行)の周小
川行長(総裁)はこのほど、2004年の経常黒字が約200億米ドルになる
との見解を示した。周総裁は「通年の財の貿易黒字は320億米ドルとなった
が、サービス収支が120億米ドルの赤字となり、その結果、経常収支は約2
00億ドルの黒字となる」と述べた。 周総裁は、昨年末時点で過去最大の6
099億米ドルとなった外貨準備の拡大については、「基本的には正常」との
認識を示した。

----------------------------------------------------------------------

[ 4 ] インド洋津波への民間義捐金、5億元近くに
  (社会・一般経済 / 中国全般)

《国家情報センター=ChinaWave》民政部は6日、インド洋津波によ
る被災地への民間団体の義捐金が4億9794万523元に達したことを発表
した。中国赤十字総会及び各地の赤十字会が2億6000万元、中華慈善総会
及び各地の慈善会が2億3794万523元となっている。民政部によると、
中華慈善総会は905万米ドルを寄付。中国赤十字総会は11の被災国などに
現金1066万米ドル、1077万米ドル相当の物資、中国国際航空によるチ
ャーター運送費450万米ドルなど、累計1億元以上の援助を実施した。民政
部は、民間義捐金が被災地の学校、病院などの公共施設の復旧・整備に充てら
れるとしている。

----------------------------------------------------------------------

[ 5 ] 04年1−11月期の自動車産業の利益、初めてマイナス成長
  (交通・運送機器 / 中国全般)

《国家情報センター=ChinaWave》自動車企業5831社の月間経済
報告によると、04年1−11月期の自動車産業の工業総生産は1兆52億3
100万元で、前年比18.58%増となった。売上高は同17.54%増の
9809.47億元だった。うち改装車製造業の売上高は同15.79%増の
833.02億元、自動車製造業の売上高は同11.74%増の4724.7
9億元、オートバイ製造業の売上高は同21.60%増の866.27億元、
エンジン製造業の売上高は同20.97%増の390.04億元、部品製造業
の売上高は同26.75%増の2995.34億元だった。自動車産業の利益
は同31%(53.56億元)減の678.67億元、税込利益は同4.75
%(56.77億元)減の1139.56億元だった。うち製品販売税金およ
び付加価値は174億元で、前年比7.14%(11.6億元)増加した。付
加税は同4.91%(14.81億元)減の286.9億元だった。自動車産
業の利益から見ると、オートバイ製造業と部品製造業の利益は伸び悩んだもの
の、5つの小型産業では伸び率が依然として高い。うちオートバイ製造業の利
益は同39.66%増の24.07億元、自動車部品製造業の利益は同16.
34%増の266.06億元、自動車エンジン製造業の利益は同8.77%増
の24.84億元、自動車製造業と改装車製造業の利益は同21.66%減の
332.03億元、同20.04%減の31.68億元だった。

----------------------------------------------------------------------

[ 6 ] 中国、04年の銀行カードによる消費額は5.26兆元に
  (金融・保険,商業・流通 / 中国全般)

《国家情報センター=ChinaWave》04年の銀行カードによる消費額
が5.26兆元に達し、社会消費財小売額の5%前後を占めた。中国人民銀行
が主催、中国銀聯が協力した「銀行カードの春−−中国銀行カード産業回顧・
展望」を題した銀行カード業務シリーズの宣伝活動で明らかにされた。関係筋
によると、中国ではカードによる消費は規模的になり、現在北京、上海、広州、
深せんなど各地のカードによる消費額の社会商品小売額に占める割合が20%
以上に達し、米国など先進国の30%〜50%の平均水準に近付いている。0
4年通期では、新規増加のカード発行機関は43社で、カード発行機関は累計
152社に達した。新規増加のカード発行数は1.13億枚で、前年比17.
4%増となった。カード発行量は7.62億枚で、うち借記カードが6.63
億枚、クレジットカードが0.98億枚。新たに増加した特約企業が10.5
万社、POS機が14.8万台、ATMは0.8万台で、前年比45.7%、42.
3%、13.3%とそれぞれ増加した。情報筋によると、04年、全国の銀行
カード取引件数は57.49億件、取引額は26.45兆元で、前年比28.
9%、47.03%とそれぞれ増加した。

----------------------------------------------------------------------

[ 7 ] 04年の原油輸入量が急増、前年比34.8%増
  (石油・化学,商業・流通 / 中国全般)

《国家情報センター=ChinaWave》経済の急成長が原油の需要増加を
牽引している。税関の統計によると、04年の原油の輸入量は前年比34.8
%増の1.2億トンに達し、伸び幅は4年来の最高となり、輸入額は71.4
%増の339.1億米ドルとなった。04年の原油による輸入額がその年の輸
入全体に占める割合は6%に達し、前年比1.2ポイント高めた。輸入の平均
価格は1トンあたり276.3米ドルであった。輸入相手は総計20以上の国
があった。うち5カ国から輸入はすべて1000万トン以上、総計は7372
万トンに達し、その年の原油輸入全体の60%を占めた。中東のサウジアラビ
アとオマーンが上位2位にあり、それぞれ14.3%と76.3%増えた。ア
ンゴラ、イランは3位、4位にあり、ロシアから輸入の伸び幅が最も高い、輸
入量は1077万トンで5位にランキングし、伸び幅は倍増となった。このほ
か、精製油の輸入量は34.1%増の3788万トン、輸入額は57.7%増
の92.5億米ドル。原油と精製油の輸入額は合計431.6億米ドルで、中
国の輸入製品中の金額最大の単一製品になった。

----------------------------------------------------------------------

[ 8 ] 京東方、3G産業に進出・携帯用TFT−LCDの生産に追加投資
  (計算機・通信,電子機器・OA機器 / 北京市)

《国家情報センター=ChinaWave》京東方は、傘下子会社−北京京東
方現代有限公司に追加投資、携帯電話を含むマルチメディア用TFT−LCD
市場を開拓する計画だ。従来のSTNとCSTNディスプレーと比べては、液
晶ディスプレーはさらに良い顕示効果を獲得できることから、今後のデジタル
メディアおよびハイエンド携帯用ディスプレーに多く使われると見られる。D
isplaySearch機関の予想によると、05年をめどに、液晶ディス
プレーの販売台数は8.3億枚に達する見込み。うち6.5億枚の携帯用メイ
ンスクリーンと1.8億枚の携帯用サブスクリーンが含まれる。これまで、京
東方は、韓国100%子会社、Boehydisの最初の第2世代TFT−L
CD生産ラインが05年2月に生産に入ると発表した。これは京東方が3G産
業に入る初めであると見られる。情報筋によると、京東方現代のTFT−LC
D業の発展に使われる一部資金は、京東方の韓国子会社−HYLCDからの転
換社債の買戻しによって調達されたもので、具体的な追加投資額は今月の下旬
に発表される。

----------------------------------------------------------------------

[ 9 ] トヨタ、瀋飛日野を再編
  (交通・運送機器 / 東北地域)

《国家情報センター=ChinaWave》瀋陽飛行機製造公司は、日本日野
との合弁会社「瀋飛日野汽車製造有限公司」の株式再編案は2月4日、伝わっ
ていた。関係筋によると、瀋飛日野は確かに再編計画がある。広汽集団と日本
トヨタは合弁会社を買収すると望まれる。瀋飛工業集団有限公司は、旧瀋飛汽
車製造有限公司のベースで、日野自動車株式会社およびトヨタ通商株式会社と
共同で設立した合弁会社で、大中型バスやバス専用車台をおもに従事する。瀋
陽飛行機公司は合弁会社の株式51%を保有する。中国汽車工業協会情報部の
統計データによると、全国商用車の生産・販売では、瀋飛日野の生産・販売状
況を説明しなかった。情報筋によると、瀋飛日野の高級バスは03年末に生産
に入ったが、しかし、国内の大型高級バスの需要が有限で、またボルボやベン
ツ、大宇なども日野より前もって入った。このほかに、日野のバス価格が高す
ぎるなどの原因のため、短期間に生産・販売は理想的ではない。瀋飛日野の株
主−日本日野自動車株式会社は04年、海外市場に進出し、また2010年を
めどに、日本で5万台、アジア地域で3万台、北米地域で3万台、中国で2万
台、ほかの地域で1万台を販売する計画だ。瀋飛日野の再編について、広州汽
車工業集団有限公司は買収するとの観測も出ている広汽集団はトヨタ自動車の
中国におけるパートナー。瀋飛日野の株主−日野自動車株式会社の株主もトヨ
タである。01年には日本自動車産業の最大手であるトヨタは、日野に追加投
資し、同社への持ち株を36.6%から50.1%に高めた。中国の自動車産
業政策から規制を受けていることから、トヨタ自動車は中国では商用車生産企
業2社を擁している。トヨタ中国事務所の関係筋によると、当面には新たな提
携計画を作り出していない。

----------------------------------------------------------------------

[ 10 ] 中石化、キューバの石油採掘に参画
  (石油・化学 / 北京市)

《国家情報センター=ChinaWave》中石化はこのほど、キューバの国
営石油企業、キューバ石油会社と契約を締結し、現地の石油採掘で提携するこ
とになる。数日の前、中国とペルーは石油開発、製錬などと関している協力強
化の合意書に署名した。中国とベネズエラも油田天然ガス開発について協力契
約を締結した。関係筋によると、中石化とキューバ石油会社は共にキューバの
ある潜在石油産出区の採掘を行う計画。キューバとベネズエラなど世界石油大
国は同様にカリブ海地区に位置し、とりわけ恵まれている地理優位を持つが、
資金力と技術力の制限で石油・天然ガスの採掘量はずっと大きくなかった。1
990年代から、キューバは外国エネルギー会社の導入をはじめて、この背景
の下で、キューバの石油生産量は1992年の日間1.8万バレルから7.5
万バレルに上がった。キューバの新聞によると、中石油と中海油もキューバの
石油会社と協力交渉を行っているという。

※記事提供:中国国家情報センター「China Wave」
      【http://www.chinawave.co.jp/
      掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
      著作権は中国国家情報センター「China Wave」に帰属します。
----------------------------------------------------------------------

=== [SDI 広告] =======================================================

■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

いまや物流管理は大きな経営課題の一つとなっておりますが、急速に変化する
市場に的確に商品を供給し、販売を拡大していくためには、正しい経験と知識
を持ったロジスティクス・プランナーが必要不可欠です。
当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。

各種サービスのご案内

*複数ベンダー様の在庫をヤマトが集約、混載発送。
コスト低減、全体最適を目指す”VMIロジスティクスサービス”

*香港に現地法人を設立することなく日本にいながらにして
 国内外販売を実現する”非居住者在庫管理サービス”

*緊急対応はお任せください、きめ細かいサポートの航空・海上輸送サービス

*海外引越も安心のクロネコ品質、ヤマト国際引越サービス

*一個からでも承ります、宅急便感覚の企業間物流サービス
「マリンキャット」(日本全国から弊社倉庫まで、弊社倉庫から
日本全国へ、わかりやすいパッケージ料金でご案内いたします。)

お問い合わせは下記メールアドレスまで
info@yamatohk.com.hk 担当:小川、斉藤

■<<<"The Professional Network in Asia" パソナ アジア グループ紹介>>>

?パソナでは1983年の香港法人開設以来、現在アジア地域6ヶ国・地域の11
拠点をネットワークし、「パソナ アジア グループ」として、アジア市場の
ニーズに応える人材サービスを提供しております。

パソナ アジア グループ 【http://www.pasona-asia.com
香港    : パソナ・アジア・カンパニーリミテッド
東京    : 株式会社パソナグローバル
台湾    : パソナ 台湾
シンガポール: パソナ シンガポール
タイランド : パソナ タイランド
上海    : パヒューマ ヒューマンリソース上海
広州    : パヒューマ ヒューマンリソース上海広州支社

■<<早い!安い!日刊ビズチャイナ 中国ビジネスニュース配信 ・サイト>>
     
・毎日厳選された中国ビジネスニュースを約20本Eメールにて配信
・過去の記事をウエッブサイト上で検索可能
・毎週末、法律、会計などの専門家の記事と一週間の出来事をメール配信
・無料トライアル実施中! ご登録は→ http://www.bizchina.info

※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくは、
 ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ・リミテッド
コンテンツ事業本部
 日本 TEL:06-6763-2851 FAX:06-6763-2819
 中国 TEL:(86)755 2782 1507  FAX:(86)755 2782 1493
 E-Mail:contents@strategicdi.com

======================================================================

SDIでは「SDI 中国政経NEWS」以外にも、役立つ中国ビジネスメールマガジン
を配信しております。
詳しくはこちら → http://www.strategicdi.com/mailmag

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<< SDI 中国政経NEWS >>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ・リミテッド
     【http://www.strategicdi.com

■ご意見・ご要望・おたよりは、 info@strategicdi.com までお願いします。

■メールマガジン配信解除は、http://www.strategicdi.com/news/

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリス
ト、ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載すること
 を禁止します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C), 2005 Strategic Decision Initiative Ltd.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国政経NEWS』の記事

2012年12月13日 SDI 中国政経NEWS (2012/12/13)
2012年12月4日 SDI 中国政経NEWS (2012/12/04)
2012年11月20日 SDI 中国政経NEWS (2012/11/20)
2012年11月6日 SDI 中国政経NEWS (2012/11/06)
2012年10月18日 SDI 中国政経NEWS (2012/10/18)
2012年10月4日 SDI 中国政経NEWS (2012/10/04)
2012年9月18日 SDI 中国政経NEWS (2012/09/18)
2012年9月4日 SDI 中国政経NEWS (2012/09/04)
2012年8月21日 SDI 中国政経NEWS (2012/08/21)
2012年8月2日 SDI 中国政経NEWS (2012/08/02)

次の記事: 外資系企業を中国に設立するまで - SDI 中国最新投資・ビジネス事情
前の記事: 2005年1月26日中国政経NEWS - SDI 中国政経NEWS
バックナンバートップへ