海外市場調査・海外進出支援のSDI>メールマガジンバックナンバー中国投資・ビジネス事情 > 中国投資って? - SDI 中国最新投資・ビジネス事情

メールマガジン

中国投資って? - SDI 中国最新投資・ビジネス事情

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 - SDI中国情報メールマガジン / SDI 中国最新投資・ビジネス事情 -
                          (2005/1/19発信)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

=== [SDI サービス案内] ===============================================

●最強の中国調査
 企業調査、起業発掘調査、中国開発区調査、中国法規制調査、
 中国市場調査、中国知財調査と他にはないラインアップをご用意!!
 【http://www.strategicdi.com

●中国進出の包括支援コンソーシアム「SDI ALLIANCE」
「SDI アライアンス」 は、広大な中国で、現地密着型のサポートを提供で
きる日系コンサルティング会社を中心に、日系の人材派遣会社、運送会社等
の各業界の優良企業で構成された中国進出の包括支援コンソーシアムです。
進出だけでなく、最も重要な進出後までをトータルでサポートできる体制を
構築し、お客様が安心して中国ビジネスを行っていただける環境つくりを
お手伝いしたします。
 詳細ははこちら → 【http://www.strategicdi.com/sdialliance

●国際ビジネスの最前線、SDIで働きませんか?
 現在SDIでは、スタッフ、インターンシップを募集しております。
詳細はこちら →【http://www.strategicdi.com/recruit.html

======================================================================

-----------------[SDI 中国最新投資・ビジネス事情]----------------------

こんにちわ。私は中国ビジネスの実戦部隊として、非常にご活躍されている
SDIから今回「SDI 中国最新投資・ビジネス事情」としてメールマガジンを連
載することになりましたテレンス・ラムと申します。

これから、中国ビジネスの最新事情や日系企業から問い合わせのあることなど
皆さんのお役に立てるような内容を書いていこうと思いますのでよろしくお願
いいたします。

第一回目の今回は基本的なことですが多くの方から質問される、中国投資の基
本、投資の形態についてお話していこうと思います。中国進出をする上での基
本になるのでぜひ読んでください。

・中国投資形態ってどういうものがあるの?

中国への対外投資は一般的に、直接投資、もしくは中国と諸外国の合弁事業や
共同事業、外資系共同事業などによる対外投資形態で行われています。

中国が門戸を国外に開放していくにつれ、外資系金融機関を通じた対外投資を
含む、国内への投資形態が徐々に増えています。

特に最近では、BOT方式(Build-Operation-Transfer: 一括事業請負後譲渡方
式)の投資が中国に導入されました。補償取引、加工組立型及び国際リースな
どの対外投資は、過去10年以上に渡って中国において広く行われた投資形態
です。海外投資家の方々は、中国に投資をする際、投資目的と利害関心に加え
て、個々の投資形態の特徴と利点を比較し、最適な投資形態を選択しています。

では、一般的に最も多い投資形態である3つの投資形態についてご説明します。

1. 中国と諸外国の合弁事業

中国と諸外国による合弁事業は、中国と諸外国の株式による合弁事業のことを
も意味します。外国の企業、事業体やその他の経済団体や個人による共同投資、
また中国の企業、事業体や経済団体により、中国国内に設立された企業を指し
ます。これらの事業体は、参画する全ての関係者が共同で投資を行い、共同で
事業を運営し、投資額の規模によりリスクを負い、投資の結果生まれる損益の
責任を共同で負う、という特質を持ちます。

投資方法はさまざまであり、通貨、建物、機械、備品、現場使用の権利、工業
所有権や独占的に所有された技術などを以って投資をすることができます。投
資に参加する関係各社の投資の割合は、投資比率に換算されます。
合弁事業に参加する外国の企業などの投資比率は、通常25%を上回ります。

中国と諸外国による合弁事業の法人形態は、有限責任会社であり、取締役会が
最高責任を持ちます。中国が共同株式有限責任パートナーシップ制度を導入す
る試みを展開し始めたのに伴い、中国と諸外国の合弁事業は共同株式有限責任
会社の法人形態を採用するようになってきました。


2. 中国と諸外国による共同事業

中国と諸外国による共同事業もまた、中国と諸外国の契約上の共同事業を指し
ます。この事業体は外国の企業、事業体やその他の経済団体や個人による共同
投資、また中国の企業、事業体や経済団体により、共同で投資されたり、提示
された条件に基づいて中国に設立された企業のことです。

中国と諸外国の株式による合弁事業との最も顕著な違いは、共同事業に参加す
る中国及び諸外国の関係各社による投資は、投資比率には換算されない点です。
そのため、投資比率に基づいた利益配分を行いません。投資規定と協力条件や
利益及び製品の配分、リスクと損失の配分、運営方式と経営方式、契約満了に
よる資産に対する所有権などを含んだ共同事業に参加する関係各社前者の権利
と義務は、関係各社全員が署名をする契約内容に規定されています。

中国と諸外国による共同事業設立において、外国側が全額か大半のファンドを
準備するのに対し、中国側は土地、作業場、使用可能な機材、設備を準備し、
場合によってはファンドの一定額を提供することもあります。通常は、中国及
び外国の関係各社は、共同事業が終了する時に、共同事業の全資産は中国側が
所有するものとする、と契約に定義します。そして、外国側が共同事業の契約
存続期間に投資を最初に回収することができます。このような共同事業方式は、
投資源泉を求める中国のニーズにのみ応えるものではありません。この方式は、
投資回収に意欲的な外国人投資家の多くにとっても非常に旨味のある方式なの
です。


3. 外資系企業

中国の外資系企業は、完全な外国資本企業を意味し、外国の企業、事業体やそ
の他の経済団体や個人により中国内に設立された企業のことです。これらの企
業は、中国の法律を遵守し、全て外国の投資家による投資のみでまかなわれて
います。外資系企業に貸される法律によると、中国内に設立される外資系企業
は、中国の国家経済に寄与するものでなければならないと定められています。

また、国際的に発達した技術と機材に適用するものであること、そして全ての
製品もしくは大部分の製品が輸出主導型であること − これら必要条件のう
ち少なくともひとつを満たさなければならないと定められています。

中国における外資系企業の法人形態は、一般的には有限責任会社です。中国が
共同株式パートナーシップ制度を導入する試みを展開し始めたのに伴い、数々
の中国の外資系企業は共同株式有限責任会社の法人形態をとるようになってき
ました。中国は外資系企業を設立する制度を導入したのが比較的遅かったもの
の、近年では完全外国資本企業の数は目覚しく伸びています。

次回は実際に外資系企業を中国に設立するプロセスをお話したいと思いますの
で、お楽しみに。

■ [中国・香港で活躍する投資コンサルタント、テレンス・ラム氏のプロフィ
ールはこちら → http://www.strategicdi.com/businessinfo/]

=== [SDI 広告] =======================================================

■ <<<企業間物流は”海外でもまかせて安心”の香港ヤマトへ>>>

いまや物流管理は大きな経営課題の一つとなっておりますが、急速に変化する
市場に的確に商品を供給し、販売を拡大していくためには、正しい経験と知識
を持ったロジスティクス・プランナーが必要不可欠です。
当社は香港おいて1982年の創設以来、数々の企業様にロジスティクスソリュー
ションを提供しつづけております。実績に裏付けられた経験でお客様のロジス
ティクス戦略を強力にサポートいたします。

各種サービスのご案内

*複数ベンダー様の在庫をヤマトが集約、混載発送。
コスト低減、全体最適を目指す”VMIロジスティクスサービス”

*香港に現地法人を設立することなく日本にいながらにして
 国内外販売を実現する”非居住者在庫管理サービス”

*緊急対応はお任せください、きめ細かいサポートの航空・海上輸送サービス

*海外引越も安心のクロネコ品質、ヤマト国際引越サービス

*一個からでも承ります、宅急便感覚の企業間物流サービス
「マリンキャット」(日本全国から弊社倉庫まで、弊社倉庫から
日本全国へ、わかりやすいパッケージ料金でご案内いたします。)

お問い合わせは下記メールアドレスまで
info@yamatohk.com.hk 担当:小川、斉藤

■<<<"The Professional Network in Asia" パソナ アジア グループ紹介>>>

?パソナでは1983年の香港法人開設以来、現在アジア地域6ヶ国・地域の11
拠点をネットワークし、「パソナ アジア グループ」として、アジア市場の
ニーズに応える人材サービスを提供しております。

パソナ アジア グループ 【http://www.pasona-asia.com
香港    : パソナ・アジア・カンパニーリミテッド
東京    : 株式会社パソナグローバル
台湾    : パソナ 台湾
シンガポール: パソナ シンガポール
タイランド : パソナ タイランド
上海    : パヒューマ ヒューマンリソース上海
広州    : パヒューマ ヒューマンリソース上海広州支社


※日中に広がる中国関連ビジネスをしている顧客層に効果的な
 メールマガジン広告を打ちませんか?効果的な宣伝広告が可能です。
 詳しくは、
 ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ・リミテッド
コンテンツ事業本部
 日本 TEL:06-6763-2851 FAX:06-6763-2819
 中国 TEL:(86)755 2782 1507  FAX:(86)755 2782 1493
 E-Mail:contents@strategicdi.com

======================================================================

SDIでは「SDI 中国最新投資・ビジネス事情」以外にも、役立つ中国ビジネスメ
ールマガジンを配信しております。
詳しくはこちら → http://www.strategicdi.com/mailmag

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<< SDI 中国最新投資・ビジネス事情 >>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ・リミテッド
     【http://www.strategicdi.com

■ご意見・ご要望・おたよりは、 info@strategicdi.com までお願いします。

■メールマガジン配信解除は、http://www.strategicdi.com/businessinfo/

■当メールマガジンの全文または一部の文章をホームページ、メーリングリス
ト、ニュースグループまたは他のメディア等へ弊社の許可なく転載すること
 を禁止します。

ご意見・ご感想は info@strategicdi.com までお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright(C), 2005 Strategic Decision Initiative Ltd.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の『中国投資・ビジネス事情』の記事

2007年2月 SDI 中国投資・ビジネス事情 (2007/02/14)
2007年1月 SDI 中国投資・ビジネス事情 (2007/01/16)
2006年12月 SDI 中国投資・ビジネス事情 (2006/12/12)
2006年11月 SDI 中国投資・ビジネス事情 (2006/11/15)
2006年10月 SDI 中国投資・ビジネス事情 (2006/10/10)
2006年8月 SDI 中国投資・ビジネス事情 (2006/08/09)
2006年7月 SDI 中国投資・ビジネス事情 (2006/07/13)
2006年6月 SDI 中国投資・ビジネス事情 (2006/06/07)
2006年5月 SDI 中国投資・ビジネス事情 (2006/05/11)
2006年4月 SDI 中国投資・ビジネス事情 (2006/04/12)

次の記事: 開発区レポート【蘇州工業園区】 - SDI 中国最新開発区事情
前の記事: 2005年1月中国入札情報 -SDI 中国入札情報
バックナンバートップへ